FC2ブログ

記事一覧

まさかの雨・・(´・ω・`)ショボーン

えー・・・
ああ、もう何から書いて良いのやら・・(^^ゞ

ええっと、月曜日、23日は珍しく、一晩晴れそう?だったので、久々にSXVR-H694を出しました。
ひさびさのDeepSky撮影はやっぱり楽しい♪

21Pジャコビニティンナー彗星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコアⅡ使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

もっとも、本命だった?天体は、難物すぎるのか、天気が安定してないからか、全くカスリもせず・・・Σ(゚д゚|||)ガーン
まぁ、21Pが撮れただけでもヨシとしておきます。
久々の撮影で多少トラブルもありましたが、赤緯軸のトラブル以来、初のガイド撮影です。
ガイドも問題なくできることが判ったし、それだけでも成果あり、です。

さて、そうなると、火星の撮影は、MT160にするか、、、となるのですが、幸い?本業の方がちょうど谷に当たっていたので、定時で帰宅。
そうすると、やっぱり、MT160の口径不足を感じていたのなら・・!
と、いうわけで、ASC-11 DeepStrikerの出番です。

ディープストライカーで火星を狙う   フジ X-E1 XF18-55mmにてパチリ。

はい、翌日火曜日、24日はお天気が安定してないのと、GPVの週間天気予報のお告げで、さすがに冷却CCDはしまったのですよ・・
でも、ASC-11を片付けようとしたら、雲が案外とれてきたではないですか・・!!

じゃあ、撮るかなーと、しばらく待ってから撮影開始・・!
22時37分の撮影です。

火星 ASC-11 DeepStriker アプラナートシュミットカセグレン D=280mm f.l=2800mm (C11改造機)
ノンブランド 2倍バローレンズ(CATで買ったと思いましtが・・・コレ、案外スグレモノで、重宝していたりします・・。)
アストロストリート製 ToupCAM IR84 フィルター使用
カラー QHY5III-178C 

さすがに雲間からなので、LRGBを撮る余裕がありません。
したがって、L画像は、IR84フィルター+ToupCamで実施し、満足がいく(シーイングではなく雲がないという意味で、でしたが・・・)映像が得られたら、すぐさま、QHY5III178Cに換装してカラー画像を取得!!

ちょっと色味は馴染んではないかもしれませんが・・・
しかし、何、この解像度・・!!!(◎-◎;)!!
ダイシルチスだから?ダストストームが収まってきたから・・!?
短焦点のオライオン30cmF4ニュートンに比べて、一段切れ味が良いように思いました・・・Σ(゚д゚|||)ガーン

えー・・・10年程前に試した時は、ASC-11よりも、MT160の方が良く写ったので、それ以来、惑星撮影には使ってこなかったのですが・・・
ううむ、ベテラン諸氏がシュミカセを使われている理由が判ったような・・・ Σ(゚д゚|||)ガーン
これまで、ニュートン最高!と思っていたのに、ニュートン再考?しないといけないじゃん、、爆
いや、まぁ、流石、ウチのフラグシップ機ですね。いい仕事してくれます・・(@_@。

で、調子に乗ったわけではないのですが・・・
雨は降らないだろうとタカをくくっっていたら、仕事中の15時過ぎから激しい雨が 工工エエェェェ(゚Д゚)ェェェエエ工工

もちろん?カバーはしてあったのですが、見事に濡れてしまいました・・ (;´д`)トホホ…
いや、もう、用事はあったのですが(浜フィルコンサート)、そんなの、ぶっちして速攻で帰宅しましたよ、えぇ・・。
局所的な雨だったと思われるので、磐田市内はひょっとしたら・・と期待したのですが、見ごとにずぶ濡れでした・・٩(๑´0`๑)۶
ま、まぁ、このまま夜、乾燥させて、明日しまおう・・

と思っていたら、19時前からまたまた激しい雨が降る始末・・・
はぁー、まぁ、この程度の雨で壊れることはないと思うんですけどね・・。

やっぱり、自分はシュミカセとは相性が悪いみたいです・・・(´・ω・`)ショボーン

まぁ、いいのが撮れるのが判ったので、もう少し頑張って活用していこうとは思います、、、はい・・・。
アトラクス他が壊れてなければ、ですが・・・(;O;)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いや~ 突然の雨でしたね。
何事も無い事を祈っています。
台風の直撃をくらいそうだから早く片付けた方が良さそうですよ。

No title

ASC-11素晴らしい火星像を叩き出しますね~。これは大いに使うべきですね!ところでToupcamのIRパス画像とQHY5III-178Cのカラー画像で写る火星像のサイズが異なりませんか?どうやって合わせていますか?私もいよいよIRパスフィルターを使ってみようと思ってますので教えてください。それにしても凄い雨ですよね。日本が亜熱帯になってスコールが降るようになったみたいです。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、こんばんわ。
まさかの雨で参りました、、
カバーかけておいたので大丈夫だと思うんですけどねー。
それにしても油断ならないお天気です、、、

No title

> ☆シュミット☆さん、こんばんわ。
いやー・・10年程前に撮った時にMT160の方がいいや、、と思ったことがあったのですが、どうしてどうして。いい画像を出してくれます。

画像の大きさの違いですが、基本的には、画素ピッチで比率計算すればすぐに出ます。今回の場合、3.75(Toup)/2.4(178C)で、Toup側を156.24%補間拡大しております。
ただ、注意しないといけないのは、バローレンズからの距離が同じでないと像倍率が変わりますから、CSマウントのQHYにはCS-Cマウントの5mmスペーサを噛ましてあります。
まぁ、それでも以前試したらピント位置が違うので、どちらか、あるいは両メーカとも?フランジバックが厳密ではないです(HAMAMATSUのカメラではあり得ない・・ですが、まぁ、この辺りがお値段のさかもですね)

あともう1点。ピントが仮に違ったとしても、ミラーシフトで合わせてはダメです。像倍率がかなり変わると思います。接眼部にヘリコイド等、別の合焦手段を持たせればこの点は解決しますが・・

No title

だいぶ砂嵐が落ち着いてきていますよ。
月惑の山崎さんの画像が時間的には近いですね。
夏休みは火星漬けです(^_^)
http://alpo-j.asahikawa-med.ac.jp/kk18/m180724z.htm

No title

> Yan Kanaiさん,こんばんわ。
眼視でも薄暗い模様が見えましたし、確かに落ち着いてきているようですね!
火星も撮りたいけれど、やっぱり星雲も撮りたいなぁ、、

No title

災難でしたね。こちらも夕方真っ暗になって大雨でした。
カバー掛けてあったなら大丈夫じゃないでしょうか。。。でも心配ですね。

火星の模様見えてきている感じですね。ここに来て悪天候続きでまったく撮影出来ていません。台風が去った後晴れそうですね。

No title

> のんたさん,こんばんわ。
雨を見越して、というわけではなかったのですが、念の為、コントローラのスカイセンサー3D(これも老朽化してますが・・)は濡れないように物置に仕舞ってましたし、多分、大丈夫だとは思うんですけどね。
でも、タキさんがおっしゃるように、大丈夫と、思っていたら・・なんてのもよくある話で、次の撮影時にチェックしなければ、ですね・・

火星も晴れ上がりつつあり、面白くなってきましたよ。
ASI290MM+IRフィルターの組み合わせなら、凄いのが撮れそうで楽しみですね!

それにしても、シュミカセ、意外とやるなぁ・・・という印象。
中天のI大先生も、ニュートン派だったと思いましたが、、、

改めて、シュミカセの性能に驚かされているところです。個人的には。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ