FC2ブログ

記事一覧

ASC-11による火星

とりあえず、なんとか、日干ししてから雨が降る前に片付けました・・アトラクス (^^ゞ
まぁ、問題はないと思いますが、次回の撮影時に電源が入らないということが無い様に祈るのみ、です・・(;´д`)トホホ…

さて、その前日。良く晴れた7/23の撮影した火星です。

火星 7/23 23:21分頃 田中光化学工業 ASC-11 ディープストライカー BORG 2.2倍 エクステンダ使用
アストロストリート製 ToupCamにて、IR,RGB撮影

やはり、オライオン30cmよりは一段上の描写をしていると思います。
何が違うのかなぁ・・となると、光軸と、F値の違いによるピント精度でしょうか・・・
ミラー精度、は、シュミカセってどうなんでしょう???
正直、F2主鏡を5倍に拡大している筒なので、それこそ、過去の眼視観測の方々が感じてることから察することはできそうです。
曰く、ぼけぼけ、フローライトの方がシャープに見える・・。
って、ことは、撮像にはミラー精度、シャープネスよりも、光量(集光力)の方が効いてくるのではないかなー・・・
もっとも、高精度反射で撮ったことがないので、はっきりとは言えないか・・。

ただ、オライオンは、F4、ASC-11はF10がベースで、ミラーシフトではなく、最後の追い込みはタカハシ接眼部ですので、ピントの焦点深度は、ASC-11の方が深く、総合的にピント正確に合わせやすい、ASC-11の方に軍配が上がっったかな?・・・・・とおぼろげに考えています。

うん、でもいい筒ですね。
もう少し使いやすいように、ダンカンマスク作ろうっと・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

雨にぬれたアトラクスはどうなったことやら。
無事だといいですね。まじで。
これが怖いんですよねぇ~
安心は、大抵外れますので。

大口径は効きますよ。鏡の精度も効きますよ。
倍率が高いと顕著なのではないでしょうか?
眼視していると特に感じます。

エアリーディスクの分析でとっても判りやすい。
二重星やってみると判りやすいかも。

No title

> タキさん、おはようございます。
アトラクスは次回稼働まで、陰干し状態・・。
壊れてないといいんですけどね、、でも昔の機械は割と頑丈なので、大丈夫だろうと高を括ることにします ^^;

口径は効きますよね、これは実感しているところなのですが、高精度ミラーで撮ったことがないのもあって、ミラー精度については知見がないんですよね。
眼視だとオライオン<<MT160ですが、撮影結果は逆転してしまいます。
がこれは口径差が大きすぎるからかなぁ。

エアリーディスクといえば、この間の観望会でミュートンさんのμ180Cはさすがにジフラクションリングがよく見えました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ