FC2ブログ

記事一覧

くらげとさるとジャコビニ

昨日9/16は、午後から卓球の練習でした。
うー・・ん、夏祭りの時に腰を痛めたのが早、3週間前。どうにも重心が右に寄ってるようで、そのせいで、右腰と右足がイタイ・・・ (;゚Д゚)
重心が偏ってるというのは練習していて判ったんですけどね、、。重心移動が上手くいかないので、フォアのドライブもバックドライブも全然ダメダメ・・・。これは参った・・(;´д`)トホホ…
痛みはそんなに激しいわけではないのですが、体が警戒してしまって、上手く動けない・・(´・ω・`)ショボーン
うー・・ん、卓球大会、せめて足を引っ張らないようにしないと、、、。

さて、帰宅後、シャワーを浴びてさっぱりして、そのまま爆睡。
夕飯時はちょっと起きてきたのですが、少し食べて、そのまま、お布団へ・・
お天気は良く、火星が輝いているのは見えましたが、オライオンは調整しないといけないですし、、ASC-11はちょっと今の腰だとシンドイ・・・(^^ゞ
困ったものです・・・

それと・・狙いは、21P ジャコビニ・チンナー彗星と、モンキー星雲の接近、というのもありました。
幸い、目覚まし時計が鳴る、2時前に起床!
・・・1時45分過ぎでした。

お天気は・・・雲はあるが・・晴れ間もある・・ッ!
雲間から、なんとか捉えることはできるでしょう。
急いで準備開始です!

NFD300mmF2.8Lは、前回のM37との接近でも使ってますので、問題なく準備が進みます。
しかし、空は晴れ間はあるが、雲が・・

この時間になるとシリウスも顔を出しますね。
そうか、もう9月も中旬過ぎだものなぁ・・・

雲間の21P Canon NewFD300mmF2.8L 望遠レンズ フジ X-E1 デジタル一眼カメラ

シリウスでアライメントを採って、一路、21Pへ・・・!
雲がなかなかどかないが・・・・
おぉ、写ってるッ・・!!
しかし、今晩は、写せば良い、というわけではありません。周囲にはモンキー星雲とくらげ星雲の双方が、収まる筈・・・
しかし、雲が・・・どかないッ・・・!
気持ちは焦るが、この時期は薄明開始時間も伸びています。
気持ちを落ち着かせ、待つこと暫し・・・
ようやく、雲がどいてくれてすっきりと晴れてくれました。

モンキー星雲が見えないゾ・・!ということで、少しばかり悩みましたが、なんとか捕捉ッ!!



うっ、構図を縦横、間違っていたかッ・・・グフっ
でも、所詮、APS-Cサイズですからねぇ・・。
今から変えてもまた構図に苦労しそうです。雲も西や北に見えてますし、、、
これはこれで案外良いのでは・・・
と、いうわけで、そのまま撮影開始ッ。
いつ曇るか判らないのもあって、ガイドカメラは使わずにノータッチガイドで撮影しました。
ピント・ガイドに不満は残す結果になりそうですが、まぁ何はともあれ、貴重なシーンを撮れたので、ヨシとしましょう。

自宅としては雲が切れれば、二重星団が心眼で見えて、ほぼ最高の条件でした。
ただ、フィルターは対彗星ということで、L41を使ってしまいましたが、今回のような赤い星雲との接近であれば、LPS-P2の方が、散光星雲強調の効果がでてなおGoodだったかもしれません(反対に、コマの青緑色は写りが悪くなる可能性はありますが・・・)

後ほど、もう少しちゃんと仕上げてみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ジャコビニしっかりとらえていますね!それに星雲との構図も楽しいです。

No title

> いーぐるさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
お天気が悪かったり、光軸不良だったり、腰イタイし、と、いろいろと気力低下してますが、彗星だけは楽しく撮っています。
もっとも、昨晩のモンキー星雲との接近は、30分おきに確認してはいましたが、撮れるお天気ではありませんでした。雲間はありそうだったので、頑張ればひょっとしたら撮れたかもですが・・・。平日だしなぁ・・(*´Д`)=3ハァ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ