FC2ブログ

記事一覧

久しぶりの撮影でしたが・・

昨日は、遠天写真展の片付けに出向いた後(すでに終わってしまっていて、写真をなんとか受け取れただけでしたが・・・ ^^;)

帰宅後、久しぶりにオライオン30cmを展開します。
光軸不良のままになっていますが、締め付けすぎているスパイダーを緩めて、少しでも回折割れをなんとかしたい・・と思ったんですが、やっぱり付け焼き刃ではダメですねぇ・・

光軸調整も頼みのレーザコリメータが、回転させるとだいぶ位置が変わることから(まぁ、JMIの接眼部は、2インチ径がかなり大きく取られていてアソビも大きいせいもありそうですが)、一度、偏心していないか確認する必要がありそう。

あとは、どうしても、斜鏡の真ん中に主鏡が写ってくれないので、、、接眼部と斜鏡の位置がずれているのか、主鏡が斜めになっているのか・・ ( ̄~ ̄;) ウーン
エレメントが大きく狂っているので、もう少しきちんと時間をかけて、しっかりと考えてから合わせないとダメなんですが、、
今回は時間がなかったことと、あと、やっぱり、腰と膝がまだ痛めているのもあって、少しシンドイ・・・
撮影時もそうだったんですが、天体観測って姿勢が不自然になるでしょぉ・・。
結構、ツライ・・・。ううん、早く良くならないかしらん、、、(´・ω・`)ショボーン
夕暮れまで頑張ってあーでもない、こーでもないとやってましたが、日が暮れてしまったので、それ以上は追求せず、、、。

さて、昼間、子供の面倒を見ている合間に、2ヶ月間も放置したままになっていたALICE-Ⅱ 半自作CMOSカメラを組み立て。ファンが断線しかけていたり、ちょっと苦戦はしたんですが、、、
まぁ、ALICEⅡ 3号機のテストができれば良いか・・
そういえば、センサの中心出しもやってなかった。。。まぁ、性能が確認できたら、こちらも、もーちょいちゃんと調整します。

月は大きいので、食事後に、準備開始。
基本的にノータッチガイドなので、楽なんですが、なんだかんだで、外付けHDD(ベアドライブを組み込むタイプ)やら、USB3.0 Expressカードやら、USB-RS232C変換ケーブル×2本やら、、と、煩雑になります、、
ALICEは、Astro Live Imaging Camera Equipmentの略で、Equipment、装置ですからねぇ・・
それなりに煩雑になるので、そう名付けたんですが、RS-232Cがあり(赤道儀・フィルタホィール制御用)かつUSB3.0があるPCに、大容量HDDを押し込めば、もうちょっとは、楽になるんだけどな・・

さて、やっぱり?回折割れは修正できてませんでしたが(どこかで、一度、斜鏡スパイダー外して修正してみようと思います・・)、せっかくの晴天なので、撮影させてALICEⅡの特性を掴む様にします。

とりあえず、NGC891を撮影させて、対銀河適正を確認しつつ、夜半からはHαフィルターでの性能をチェックしたい・・
と、思って、夜半に星見丸に上がった時に、やっちゃいました・・
HDDを落っことしてしまいました (;゚Д゚)

幸い、外観からは問題なそうですが、PCに接続すると、HDDのディスク構造が壊れていて読み取ることができません!と文句言われてしまう・・
ん、まぁ、どちらにしても、ダメにしても、使えるにしても、修復は後日にして、とりあえずNGC2359へ・・・
この時、HDD落下で、気持ち的に折れてたこと、膝の痛みもあって、ピント合わせがラフになってしまいました、、

まぁ、HDDがダメなら、夜半前のデータは全ておしゃかですから、やめる訳にもいかないですが、、、かといって、気持ちもぽっきりと折れてしまいましたからねぇ・・。
とりあえず、撮るだけ撮ってはおいたので、後で映像については解析してみます・・


HDDですが、PowerShellを管理者モードで実行し、Chkdskコマンドで、無事?復旧しました。
夜中にも、Chkdskはかけたんですが、CMDコマンドからの打ち込みだったので、修復までできなかったみたいです、も、ちょっとその場で調べておけば良かったかもですね。

とりあえず、露出2秒1枚画像(ただし、ソフトビニング2×2)のNGC891です。
1時間分程度のデータはある(筈)ので、何はともあれ、重ねてみようと思います。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

腰痛は、自由に動けないし、イライラがつのりますね。そのうえHDD破損とは、本当に痛い。
ALICEの撮って出しの画像、とても興味深いです。なるほど、元画像はこういう状況なのか、、、、これがいつものUTOさんの作品になる過程をもっと見てみたいです。

No title

HDDトラブル大変でしたね。読んでいるだけで寒気がします。
こちらはデータ移送用SSDがぶっ飛んで四苦八苦していました。

さて、2秒露光のNGC891、良く写っていますねぇ。これを1800コマ近くスタックするとどのように化けるのか、興味津々です♪

No title

HDDとかのデータぶっ飛びは、ホント心折れますよね…ここは内蔵を大容量SSDにするしか!?
それにしても2秒を一時間分ですか!
宅撮りの可能性は参考になります。色々チャレンジしてみなくては!

No title

> いーぐるさん、こんばんわ。
軽く痛めただけなので、そこまでではないのですが、それでも、ビミョーな態勢になったりすると、鈍い痛みが・・
HDDは落とした時は、ガックリでしたが、完全かどうかは判りませんが、CHKDSKでサルベージできてよかったです。

CMOSの画像処理はまだいろいろと悩みながらやってますが、コンポジット済の画像がどうなるかとか見せるのも面白いかもしれませんね。

No title

> あぷらなーとさん、こんばんわ。
HDD、なんとかサルベージできてよかったです。まぁ、昨晩はそれで安心してブログ書いた以外なんにもやりませんでした(汗)

NGC891、2秒でも十分そうなので、選別合成した結果がどうなるか楽しみです。
ただ、ALICEⅡは画素ピッチが粗いと思われるので、解像力は期待薄かも・・?

No title

> 玄さん、こんばんわ。
そうなんですよねぇ、SSDでなくても、DSOなら普通のHDDで十分なので入れ替えも考えてみようかなぁ・・
短時間露光+多数枚は面白いので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ