FC2ブログ

記事一覧

惑星状星雲NGC2438

インフルエンザからは復帰しましたが、
相変わらず、体調はイマイチ、だったりします・・。
どうにも喉がやられていけません・・
この土日もぐったりとしてました (; ̄ー ̄川 アセアセ

さて、ぼちぼちと画像処理もしなければ・・
と思っているのですが、遠州地方のからっ風にやられてまともな作品が無いというのが現状だったりします。


とも座の惑星状星雲NGC2438 SAO合成Mapped Colore

珍しく?惑星状星雲をSAOで撮っていたので、処理してみました。
カラーシフト、というより、単純にステライメージのLabカラーでGreen(のHα)を抜いただけですが、まぁ、これはこれで面白く仕上がった気がします。
しかし、この時は、風はともかく、やはり低空気味なので、星像が・・ Σ(゚д゚|||)ガーン
まぁ、なかなか上手く撮れないのが天体写真。
だからこそ、良く撮れた時の喜びも大きいわけですが、、まぁ、計算どおりに撮れないのは織り込み済みとしても、あまりにもだめだとやっぱりちょっと凹みます・・
自宅からの撮影で、お手軽とはいっても、やっぱり寝不足にはなりますからねー・・
もうすこし、ピリッと写ってくれると嬉しいところ・・です。

まぁ、本当は、このシーイングなら、イプシロン200を使うべきなのでしょうが・・・
オライオンは風に弱いですしねぇ・・。まぁ、このあたりも、ぼちぼちと検討していきたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

インフルエンザ猛威を振るっていますからね 気を付けてください。
秋以降ASA12インチ乗ったら南天の惑星状星雲を地道に撮影していこうと思ってます。

No title

> s43**001さん、こんばんわ。
見事に元旦からかかってしまいました(╥Д╥ )

おぉ、南半球の惑星状星雲ですか!これまであまり見たことがないので、とても楽しそうですね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ