FC2ブログ

記事一覧

岩本彗星

せっかくの新月期の週末なのに、生憎のお天気で残念ですね。
先週に撮影したデータがまだ残っているので、処理してみました。
2/2の岩本彗星 C/2018Y1です。


イプシロン200アストログラフ ST10XME冷却CCDカメラ 2/2 28:04頃

L=3分×2コマ RGB=3分×3コマ


地球に接近しつつあるのもあって、想像以上に動きが早い・・!1枚あたり3分でも彗星核が伸びてしまいました。
あと、撮影時は当然気が付きませんでしたが、うっすらとイオンテイルが出てきました。
縦構図で撮って失敗だったなぁ・・・
近くの銀河は、長細いのはNGC4700、上の渦巻銀河はMCG-2-33-20、彗星の近くの小さい渦巻銀河は、NGC4708です。
ちょうどいろいろな形の銀河の間を駆け抜けていくところで、こういうのは楽しいですね。
NGC2903との接近も楽しみです。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

流石に20センチでたっぷり露光すると小さな銀河やテールが見えて来ますね。私は6センチの屈折でM104ソンブレロ銀河とのツーショットを同じ頃撮りました。

No title

> ☆シュミット☆さん、こんにちは。
なんだかんだいっても、イプシロン200はやっぱりいい機材ですね。
彗星のそばの銀河なんか視直径1.6'しかないのですが、腕の様子が伺えます。

ST10XMEもやはり感度が高く、光害地での撮影では大変助かっています。

ソンブレロとのツーショット、いいですねー。もう少し近づいてくれないと僕の機材で自宅からは無理かな・・。
2903に期待することにします・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ