FC2ブログ

記事一覧

くらげ星雲

先週の土曜日はお天気が曇りだったのもあって、画像処理の下処理をしていました。
前にも書きましたが、ST10XMEの処理は煩雑で、ブルーミングやカラム欠陥画素といった独特な処理が入り、これがまたなかなかに時間がかかったりします。
んで、暇つぶしに鋼の錬金術師を読み始めたら、すっかりハマってしまい、翌日曜日は、ずっと読み漁ってました ^^;
あ、日曜日の晩は晴れてくれたので、月夜ですが、星雲・星団めぐりを行いつつ、画像処理も行いました。
先日の雨で機器の故障がないかも確認しておかなくてはいけませんでしたしねー。
ただ、AstroGPVの予報で、風が強そうだったので、オライオンは出さず、、、実際、夕方は強かったのですが、夜半からなら、撮れたかなぁ・・。
まぁ、翌日、仕事ですしねー。さすがに、平日2台体制はちとシンドいか・・

日曜日晩と昨晩で仕上げたくらげ星雲です。

くらげ星雲 IC443 イプシロン200 アストログラフ 800mmF4
ST10XME冷却CCDカメラ

くらげ星雲。きちんと仕上げるのはものすごく久々です。ホームページの画像だとST7Customだと思われるので、15年近く前?
いや撮影はしているのですが、仕上げるところまでなかなかいかない(カラー画像が撮れないとか、ガイドエラーで途中ダメだったり・・)
あと、大きさ的にどうしても、イプシロン200+ST10XMEでは窮屈ですね・・・
一応、ディテール描写にこだわって処理していますが、フォトコンテスト用にはちょっと競争力ないかなー・・
まぁ出すだけ出すかもしれませんが、、、( ̄  ̄;) うーん

遠天写真展用の作品としては出展したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ