FC2ブログ

記事一覧

とも座のNGC2452とNGC2453

昨日は休日出勤でしたので、今日は1日のんびりしていました。
・・・遠天例会だったの忘れてた・・・Σ(゚д゚|||)ガーン
ま、まぁ、疲れで昼寝してたのもあって、仕方ないかなー・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

さて、いろいろと溜まっている画像の処理もしてました。

とも座のNGC2452とNGC2453 イプシロン200 アストログラフ ST10XME冷却CCDカメラ

真ん中下側の小さな惑星状星雲がNGC2452です。視直径は0.3'ほどしかありません。
真ん中上川の星の集まりが、散開星団NGC2453で、こちらも視直径5'ほどの小さな散開星団。
惑星状星雲と散開星団の珍しい組み合わせですが、いかんせん、見栄えがしませんね・・




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

例会に皆さん、UTO師匠が来るのを待っていましたよ!
聞きたいことがいっぱいあるって・・・・!

No title

> ミュートンさん、こんばんわー。
あらー、そうだったのですか。
疲れもあって、すっかりと失念してました m(_)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ