FC2ブログ

記事一覧

現有機材 オライオン30cm

星ナビ記事も無事、クランクアップ!(と、いう言葉は正しくないでしょうが・・。気持ち的に ^^;)
3ヶ月間、最初に℡を頂いたのは、10月でしたので、足かけ5ヶ月。
長かったような短かったような。
冬期休暇を挟んで執筆できたのは時間的にも、精神的にも余裕ができて良かったです。
長文、ましてや、全国誌での執筆などとなると、貴重な良い経験をさせていただいたと思っています。
また機会があれば、とも思いますが、、、

何はともあれ。一段落。
原稿料は、星ナビ編集長に言わせれば些少とのことですが、大昔にS2Proの記事を執筆した時よりも、大枚を頂いてはおります。
編集長から、機材購入の足しにしてください、とのことでしたが・・

いやー、洗濯機は壊れるし、DVDプレイヤーもちょっと前に壊れていたり、ということで、機材は機材でも生活機材に回されそうでつ・・(。・ω・。)
あ、オーブンレンジも買い替えたいなぁ・・ σ(^^; 

前置きが長くなりました。

天文機材。魅力を感じるものがなかなかないなぁ・・と言うのは何回ともなく書いている気がしますが、それは現有機材があるから、かなぁ・・?
少し整理してみないと、いけないかなと思いました。

英Orion VX300-S改 D=300mm F.l=1200mm F4
落下させたせいで、ミラーは2015年初に笠井トレーディングのものに換装してますが(GSO製か?)
口径の暴力か。変わらず、素晴らしい性能の望遠鏡です。
本当を言えば、VX300-Sの前の無銘の光学系で、ミラーは、どうも、1185mmF3.95だったみたいですけどね。
星ナビ誌でちょっとお高いUX300だったか、書かれてしまったこともあって、事実上、VX300-S相当になってるので、この銘を名乗っています。
実際には、焼津の御大、ロンキー氏が改修してくれて、オリジナル機を大幅に上回る安定性能を有していると思いますが・・。まぁ、老朽化も否めず・・と、いったところです。

NGC488 冷却CCDカメラ SXVR-H694 冷却CCDカメラにて

不安定ながらも、自宅撮影、EM-200にギリギリ乗る軽量(イプシロン200よりも軽い)ということもあり、自宅でも、遠征でも撮れるのが強みです。
冷却CCDカメラでも、OAG9オフアキシス装備もあり、ほぼほぼ問題なく撮影できています。

遠征でのEM-200に搭載して撮像したつるのトリオ銀河 冷却CCD カメラSXV-H694にて。

その他にも30cmの口径を活かして、惑星撮影

F4、ですからね。惑星撮影には実際には不向きです。
が、口径というファクターは思っている以上に大きいのかもしれない・・・
まぁ、この辺りはベテランのご意見をお伺いしたいところです。
MT160と比べて、確実に歴然の差は感じるレベルです。
もっとも、MT160自体も惑星向きか?と言われると、Bestではないと思いますが・・

その明るさを活かしてのラッキーイメージングなど

バグ星雲 Orion30cmF4 ALICEⅡによるラッキーイメージング

ラッキーイメージングによるNGC253

オライオン30cmの用途は多岐に渡ります。
口径があって、軽くて、というのは非常に大きな強みなのです。
もちろん、軽量化の代償に、風に非常に弱い(表面積、でっかいから・・・)というデメリットもあります。
あと、ベコベコの筒で、光軸調整を行う場合に、何が正しいのか・・指標がない(筒を信じてはいけない)ため、どうやればいいの?という・・
SkyWatcharの30cmF5もそうなんでしょうけど、何を信じて、どう合わせるべきか、という問題は常につきまといます。
ついでに言えば、今、迷走中かな・・・・。

この辺りはイプシロンと大きく違うところですが、あれはあれで、また難しくってさぁ・・
どちらにしても、明るい光学系っていうのは、光軸が難しいものです。
使いこなされている方には感心してしまいます。
逆に自分の経験から言えば、センササイズが小さければ、光軸の許容範囲は広がります。
センサの感度が高ければ、ますます、不安定でも、成功率も上がります。

僕の場合、ですが、光学系の性能を活かす、というよりも、トータルバランスで考えて、最適な系を組んでいる点が強みでしょうか。
光軸不良は、周辺像に先ず現れます。が、これはラージフォーマットほど顕著になります。

ST8300M 4/3フォーマットでは周辺像が流れる

2/3型相当してトリミングしてみると問題はない。・・・と、いう例・・( ̄ω ̄;) 

SXVR-H694は1インチしかない、センサ。
光軸調整には実は鈍感です。

いや、まぁ、誤解があるといけませんが・・
例えば、直焦点であれば、1mm光軸が下にずれても、センサ上では1mm中心からズレた位置に、4.54μであれば、たった、約220画素の位置に光軸中心がくるわけです。
現実的には、数ミリの誤差があるのでしょうが・・・
これを補正レンズを用いるので、星像レベルではややこしくなりますが、小さいフォーマットなら、そこまで気にすることはなさそう(?)

おまけに、QEは70%を超える超高感度。画素ピッチ4.54μは、回折限界から考えても都合が良い。
まぁ、感度の高さは昔から、個人的には追求してましたが (; ̄ー ̄川 アセアセ
組み合わせの良さが、結果(=望む映像)に結びついていると思っています。

実際のところ、アルミ筒のオライオンで4.54μのSXV-H694では気温1℃でも、ピントが移動します(計算上、と経験則)、普通に考えて、まともに使えたものではありませんが、、まぁ、なんとかなってるみたいです。
いや、まぁ、五月蝿く言えば、ダメなんですけど・・。その辺り割り切って使ってますからネ。

STシリーズは重量があるので、これはこれで、またヤワなオライオンでは問題が出たりするのですよ・・・(;´д`)トホホ…(たわみですが・・)
あと、セルフガイドだとフィルターでガイド星が消えるという現象が多々発生しますので、、、
オフアキ構築しちゃうと、まぁ、そりゃ、使わなくなりますよ。

いずれにしても。
オライオン30cmの場合、 様々なバランスが取れているという点が、非常に大きく。
結果も出てくれているのだと思っています。これ、カメラが、KAF8300Eだ、というだけで、ダメ(QE低いし)という感じかなぁ・・
SXV-H694というベストパートナーがあってこその戦果なのだと思います。

また別の機材は別の機会に掘り下げていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

utoさん、ご無沙汰です。
緊急の用件がありメールしましたがご回答がございません。
メールを下さいね。
メーテル

No title

> ae3y_ktjmさん、すみません。
メール見落としていたみたいです m(_)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ