FC2ブログ

記事一覧

銀河巡り NGC4217

そろそろ天文雑誌の月例フォトコンテストに応募しないといけない時期です。。
もっとも、星ナビさんは20日〆切りと言われていて、実際、そうなのかなーと思いますが・・
天文ガイドさんの方は月末が〆です。
ま、この週末でなんとか作品作って送っちゃろーとは思ってるんですけど。

最近、仕事が忙しいのもあって、どうにも画像処理が億劫になりがちです。
逆に、フォトコンテスト応募を意欲としてなんとか、と思っているのですが、それも滞りがちという・・( ̄  ̄;) うーん
NGC4217
NGC4217 (拡大画像)

でも、撮影はしてあるので、もちろん、画像処理もそれなりに、ではありますが、行っています。
この画像はNGC4217というエッジオン銀河です。
高度12.0等、視直径 5.2' x 1.5'で、案外大物なのですが・・
実は、この天体、M106の近くにあり、たいていはおまけとして一緒に写されていたりします(; ̄ー ̄川 アセアセ
しかし、単体で写してみると、なかなかに魅力的な天体ではありませんか・・

まぁ、自分の天体写真の方向性としては、このようなマイナーな天体をしっかりと写して、面白い天体を発表していく、という感じかもしれませんね。

もう少し、天体写真を楽しんだ、という方向性でも結果を残せるといいのですが、そもそも、現状そういう機材が手持ちに無いのも問題かなぁ・・。

なんだかんだいっても、趣味ですので、楽しんだ結果、評価されてくれるのが一番、嬉しい訳で。
いや、まぁ、自分自身が楽しめるのが趣味でしょうか。
どちらにしても、そういう点で、NA140SSfは自分向きの機材だったと思う。
新品はディスコンみたいなので、どこかでまた買い戻しても良い機材なのかなぁ・・と思ったり、思わなかったりしているところです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ