FC2ブログ

記事一覧

木星 5/26

さて、なにやら、大赤斑に異常発生?とのことで、5/26日曜日の晩に撮影してみることにしました。
前記事のように、夕方までは子守り&留守番。
17時過ぎに嫁さんが帰宅してから、GPV予報をチェック。
やはり、朝あったような雲の切れ目、安定した晴れの目はなくなったので、イプシロン側はまず片付けました。
大赤斑は、夜半過ぎにならないと撮れませんが、まぁ、雲間からでも撮れればそれでいいか・・と、オライオン側の方は、SXVR-H694冷却CCDを片付けます。
それにしても、日が伸びたなー・・・19時過ぎても明るいです。
さて、久々の惑星撮影なので、一応、ひととおり、カメラ、PC、拡大レンズも準備しておきます。
たまにしか使わないので、あれー・・どこやったっけー・・なんてのは毎回やってますからねー ^^;

少し、仮眠して、0時半過ぎに外に出てみます。
幸い?晴れてはいるのですが・・・
非常に湿度は高く、PCがびしょ濡れになっていてビビリましたが、考えてみたら、ALICE-Ⅱ用のPCを出していたので、惑星用のLenovoにチェンジ!。でも、このびっしょり具合だと、電源を入れるのはヤヴァイレベルだと思うので、PC間違って出しておいて正解!? ( ̄ω ̄;) 

惑星撮影も超久々なので、大丈夫かなー・・と思ってましたが、FireCaptuerは大変使いやすくて、久々でも問題なく撮影することができました。
木星190526-25h
木星 5/26 25時05分頃 オライオン30cmF4反射望遠鏡 BORG コンパクトエクステンダメタル(2.2倍) QHY5III-178C

ただ、シーイングが悪いので、いつものPowerMate5×は諦めて、BORGのコンパクトエクステンダメタルを使用しました。
FireCaptuerによると、
FocalLength=3500mm
とのことで、目論見どおり?約3倍の効果は出ていそう。
ただ、まぁ、ASC-11での撮影も考えると、3倍バローは欲しいといえば欲しいので、GSOのEDバローをポチるかどうか悩むところ・・。

あとは、PCが、C2Dの古い機種をWindows10にアップデートしたものなので(RAM4GB,64bitHome)、久々の使用もあってか、機動がすんごく遅い・・。
まぁ、今回は、時間に余裕があったので問題ありませんが・・。
USBコネクタも気がついたら1個破損してしまったし、DVDドライブは弟から譲ってもらった時にすでに壊れているし・・。満身創痍。
また中古PC物色してみるかな・・・

木星190526
木星 5/26 26時35分頃 オライオン30cmF4反射望遠鏡 BORG コンパクトエクステンダメタル(2.2倍)

さて、大赤斑が見えるまで待ったのですが、
うー・・ん、薄雲越し、シーイングもさらに悪くなってしまいました。
まぁ、それでも、なんか大赤斑が崩れてるっぽく写ったので、ヨシとしましょう。
自分のウデマエと、薄雲越しでは、これがやっとです・・。
ToupCamでも撮影はしてあるのですが、今回は、シーイングが悪かったのもあって、QHY5III178Cと大きな差異がありませんでした。

でも、Rフィルターでの撮像結果など、モノクロカメラの方が興味深い一面も感じましたが・・Bフィルターが薄雲越しでは致命的・・
Lフィルターも、今回のように木星が南に低い位置だと大気の微分分散で、イマイチ良い結果が得られないというか像が乱れているといいますか・・・
まぁ、ウエッジ使えって感じですた。

何はともあれ、戦い終えて・・
望遠鏡も湿度の高さでかなりびしょ濡れなので、鏡筒だけは片付けます。
翌朝、遠州地方は、広範囲で、薄い霧に包まれいて驚きました。
こんなの経験したことがない。
秋口に、朝霧とかは割とあるのですが、局所的だと思います。
こんなにも全体が(昼飯時に同期の友人と話したら、佐鳴湖方面から会社までずーっと霧がかかっていたとか。ウチは反対方向なので、磐田から会社までずーっと霧・・。)薄いモヤに包まれているなんてのは初めてです。
なんとも、変な気候ですね・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ