FC2ブログ

記事一覧

CANP 2日目

さて、昨晩は一気に書き上げようと思ったのですが、思ったよりも文章が長くなり(あと、眠くなって・・^^;)断念。
続きです。
TS15cmF4.jpg
懇親会で、人気を博していた、KanaiさんのTS 15cmF4カーボンニュートンです。
F2.8コレクター前提で作製をお願いしたそうで、言ってみれば、イプシロン130Dの対抗馬となり得る機体です。
重量は電動フォーカサーの分、重たくなっていますが、それでも、イプシロン130Dよりは軽いんじゃないかなー・・。
ところで、X-A1も老朽化してきたのか、SDカードへの書き込みエラーが起こって、肝心の写真が保存されていなかったりして参りました・・(;´д`)トホホ…


Canp2019-0616.jpg
翌日は、昨日とうって変わって、いいお天気!
透明度も高く、低空まで澄んでいてオーストラリアの空みたい!とは帰宅時にT村さんたちから聞いたお話。

pintan.jpg
講演の方は、ぴんたんさんのFlatAideProによるムラ補正のお話から始まりました。
講演は30分以内に収めて、あとは質問が多数飛び交い、物凄く良い講演でした。
これ、また機会を頂けたら、自分も見習わないといけないなぁ・・。
質問が出ないことを想定して、2段階に分けて資料を用意する等、考えないといけないな、と思いました。
あと、帰りに途中までご一緒しましたが、文字が小さくて見えなかったとのことで、大いに反省。
デジタル収録を見越した・・といえば聞こえはいいですが(実際、資料には全て書き込んだ・・)、そうじゃないですよね。
手持ちのソフトが旧い(Office XP)・・というのはありましたが(やっぱり今のOffice365に比べると作りにくい・・)、まぁ、それ以前の問題ですね、はい・・_| ̄|○ il||li

天文リフレクションY
続いて、天文リフレクションズのYさんの発表。
小型望遠鏡と望遠レンズとの星像比較など、実際に扱ったからこそ得られた経験からのお話があり、とても参考になりました。
FL55Sの中心像凄いナー、というのと、RedCatの周辺像凄い!というのだけは書いておきたい。
でも、RedCat、だけではないのでしょうが、やっぱりフルサイズで最周辺まで、となると、ピントも非常に薄く、大変だなぁーと改めて感じました。
RasPai.jpg
最後にラズベリーパイと、天体観測の講演がMさんよりありました。
ラズパイ、やはり注目されているデバイスで、今回のCANPの目玉としては、先の記事にも書いた様に、フラット補正と、ラズパイが大きなテーマではないかなと思いました。
今後の天体写真撮影を大きく変えていくであろうデバイスだと思います。

いつものCANPなら、日曜日の12時で閉会なのですが・・
実際、ここで、〆となりました。
来年は、岡山での開催だそうです。
・・・・やべえ、上手くいけば(と、いうか自分が上手く嫁さんに話を持っていけば良いだけなんですけどね)来年も参加できそうw ^^;
かわうそさんによるとお酒も美味しい処とのことです(爆)
いや、その、さすがに嫁さんの実家ではそう飲んではないですよ・・???
お義父さんは焼酎派だしなぁ・・・。
こりわ、前向きに参加を検討したいところ σ(^^; 
美味しいお酒を識ってお義父さんにも情報(と現物)を還元できれば最高ですしね。
あと、岡山アストロクラブさんとはぜひとも、交流持ちたいと前々から思ってましたし・・
いい機会になるかもしれません。

さて、今回は借用した会場の関係で、17時までおk!
と、いうことで、午後から、有志のみ参加のシンポジウムとなりました。

昼飯はみんなでどこかに食べに行くかな?と思っていたら、あらま、みなさん、ちゃんとお弁当を買ってきていました。
会場でも食事ができるように折衝してくださった実行委員のおかげですが、、、
やー、昨日来る時に、久々に嫁さんと二人でデートも兼ねて、線路は挟みますが、健康中華が美味しいのを確認していたので・・
健康中華
ちょっと歩くけれど、行きませんかー・・?とはとても言い出せませんでした σ(^^; 
いや、食べログだと、3.04なんですけど、やっぱ、しぞーか地方と首都圏だとレベルが違いますなぁ・・。
静岡だと、3.4とか出ているお店よりよほど美味しかったというのが嫁さんとの同一見解です。
首都圏、どれだけ舌肥えてるんだ・・。

ま、それはともかく、とりあえず、コンビニ飯もたまに悪くないんですけど、京急スーパーが近くにあるので、ミニストップよりはスーパーかな、と少し足を伸ばして買ってきましたよ、えぇ・・^^;
いや、竜田揚げ弁当も、おにぎりも美味しかったでつ。

シュミットさんとお話しながら食事できたのは良かったです。お会いするのはやっぱり5年ぶりなんですけどねー。いーぐるさんとも帰り際にお話できてよかった。


AstroArts.jpg午後は、アストロアーツさんの講演です。
いつも時間が足りないので、シンポジウム(有志)という形になりましたが、時間はとりました、ということです。
ここでも、話題は、やはりムラ補正、自己フラット補正のやり方でした。
あとは、ステラショットの拡張を、ラズパイによる実現を考えているようで、AstroArtsAir、AAAを検討されているようでした。
画像処理のトレンドは、フラット(ムラ補正)、時代のトレンドは、ラズパイ!と思いました。

GotoMX-HD.jpg
その後は、五藤光学さんのMark-Xのお話がありました。
コンドーさんと、あと主に、K原さんがお話されました。
K原さんは、冷却CCDカメラを自作されて、配布されていた方で、CANというか、国内の冷却CCDカメラの普及と発展に大きく貢献された方です。
直接お会いするのは、15年ぶりくらいでしょうか。
お仕事の方は相変わらずお忙しいとのことでしたが、お話できてとても嬉しかったです。

また、自分の講演の中の、CMOSカメラのゲインの効果は極めて限定的ではないか、という点に対し、急遽、フォローも頂き、フルウエルは減少するのは変だよね、と呈示して頂いて、Dレンジならともかく、確かにそうだと思うと同時に(自分、気がついてなかったです・・)、やっぱり流石だなぁ・・と感心致しました。
GotoMX-HD2.jpg
この赤道儀、とてつもなく、凄いです。
ハンドルコントローラもあるそうですが、世界初!IoT搭載赤道儀です。
具体的にはスマートスピーカーが内蔵されていて、iPhoneや、Androidタブレットから、
「ぐーぐる、M42を入れて!」
と言うと、自動的にM42に向けて動き出します!!(◎-◎;)!!
しかも、ハーモニックドライブだけに(ギアではない)、無音で、高速に移動していき、唖然とさせられましたよ。
電磁クランプも搭載されていて、やっぱり、「ぐーぐる、ロック解除してー」というとクランプフリーになりますし(エンコーダも内蔵されてるのでしょうね。)、その後の自動導入も問題ないみたい。
データベースもかなりの数持ってるみたいで、「ぐーぐる、NGC7293入れて!」との要望にも応答して動いてました (◎-◎;)!!

すげー・・いや、インダストリ4.0とか、それこそ、数年前から話しとしてはエンジニアであれば識っているわけですし、スマートスピーカーだって、買ってないにしても、ああ、そういうものね、ってのは判るじゃないですか。
でも、実際に、こうして、マイナーな分野で製品化したデモを見てしまうと、凄い!というか、ウチの会社、大丈夫・・?と思ってしまったのが本音です・・。
今回のCANPで一番、衝撃を受けた講演でした。
残って聞いて良かったです。

AstroBerry.jpgそれから、N村さんのAstoroBerryのお話がありました。
彼も昔から、いろいろな取組みをしているだけあって、帰りの電車で、見せていただいた銀河作品はCCDママさんを凌駕するような素晴らしい切れ味の作品で、講演にも入れておけば良かったのに、と思いました。
M101は自分のを軽く凌駕しているので、やっぱり引き合いに出すなら、CCDママさんかなぁ・・
ただ、銀河のカラー化に関しては、IRとClearとあと、シアン系フィルターを使ってシリコンセンサーの持つ感度をフルに活かしたいとのことで、まさに、思案(シアン)中(爆)とのことでした。
いや、真面目に凄い映像を得られているのですが、周辺減光が玉に瑕とのことでした。
FlatAideProで解決の糸口は見えそうですが、もっと根本的な部分(フィルタのケラレ)を問題視されているようにも感じました。


星ぞLove
最後は、星ぞLoveさんの電視観望のお話でした。
電視って、それこそ、20年ほど前、デジタル一眼レフカメラが登場する前後に、コンデジで、星空撮影を愉しんでいたのと同じ立ち位置という感じがするんですよね。
当時は、デジカメで撮影 ( ´,_ゝ`)プッ
という感じでした。まぁ、コリメート撮影ですしねー・・
BORGのHiErが、コリメート撮影には良いとか、懐かしい。
それでも、星ナビ誌でも特集が組まれたりして、ガチな天体写真とはちょっと違う切り口の天体写真という立ち位置がありました。

電視の立ち位置としては、眼視観望以上、天体写真未満、という感じで、かつてのコンデジ天体写真と近いものを感じてしまうわけです。当時を知る者としては ^^;
ガチの観望とは全く違うし、ガチの天体写真でもない。
でも、これって、眼視で見たイメージと、天体写真のイメージの差のミッシングリンクを埋める一助になるのでは、と思いました。
眼視だと星雲の色は見えませんが、電視では色が見える、それをちゃんと撮ると天体写真のようになる・・
といった方向性が示せるのではないかと思いました。

久しぶりのCANPへの参加でしたが、やっぱり、こういう場があるといろいろと刺激を受けて良いですね!
とても楽しかったです。

来年は岡山か・・・(゚A゚;)ゴクリ
行けそうなら・・と思ってますが、どうなるかなー・・( ̄  ̄;) 
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

待ってます

来年の岡山CANP
待ってます。その前にラズパイ持って磐田行きます。(笑)

No title

仕事で前半と日曜日の午後が聞けなかったのが残念。でもCANPはモチベーション上がりますね。普段お会いできない方と直接お話できるは貴重ですね。

No title

CANPお疲れさま
日曜日の午後まであって盛りだくさんだったようですね。
良い刺激となった事と思います。
日曜日の例会で詳しく聞かせてください。

Re: 待ってます

> nonkaさん、お久しぶりです。

来年の岡山CANP、上の子が小学生になるのですが、多分、この時期は一段落だろうし、
行けるようなら、行きたいなぁーと思ってます ^^;


> 待ってます。その前にラズパイ持って磐田行きます。(笑)

おぉ、ぜひ、またこちらに来られるようでしたら、声かけてくださいね~!
いろいろと教えて下さい。

Re: No title

>Mikさん、こんばんわ。

遠いところからのご参加、お疲れ様でした。
でも、ほんと、仰るようにモチベーションが上がりますね!
とても楽しかったです!

Re: No title

> GNTAさん、こんばんわ~。

CANP,楽しかったです。
いろいろな話が聞けましたので、例会で少しお話しますね!

astroberry

https://github.com/rkaczorek/astroberry-server
ここのREADME.mdを読む。
通常のGithubの使い方(Clone or download ZIP)ではなく、
How to start? に書いてある Download the image file from https://goo.gl/KWMMCP
から圧縮イメージ(astroberry-server_1.1.0.img.xz)を入手する。
4GBを少し超えているのでFAT32では入り切らない。

xzを展開すると12GBに膨れ上がる。マイクロSDは最低でも16GB必要、と書いてあるが
16GBだと撮影してるとすぐ溢れるので32GB推奨。
あとはラズパイでEnjoy!

Re: astroberry

> Kobe1995さん、こんばんわ。
遠いところからのCANP参加、お疲れ様でした。
銀河作品、どれも見事で見入ってしまいましたよ。
AstroBerry、フォローありがとうございます。

ラズパイ、ちょっと興味が湧いてきたので、もう少し時間がとれるようになったら、やってみようかな・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ