FC2ブログ

記事一覧

撮影用PCの整備

朝から激しい雨。
なかなか湿度が高くて参ってしまいます。

さて、雨とはいえ、晴れに備えての準備は大切。と、いうことで、撮像用ノートPCの整備をここ暫くやっていました。

まずは先日購入したZWO社EWFフィルタホィールを動かす設定。
使用するソフトは、CCDSoftかMaxImDL V4(V5まで更新はしてますが・・使い慣れてるのはV4)です。
CCDSoftASCOM.png
CCDSoft用のASCOMプラグインをインストールして、無事、FilterWheelの欄に「ASCOM Filter Wheel」が表示されるようになりました。
ただ、Verが、5.00.216でないとダメなようで、Ver.5.00.186だとASCOMドライバを入れてもFilterWheelの欄に「ASCOM Filter Wheel」が出てきませんでした。
で、撮像用に使っているFMVノートのうち、旧いFMV-C8250の方は、苦戦。
新しいVerをインストールしてみたものの・・
CCDSoftError.png
こんなエラーメッセージが。
以前にも経験はあって、インストールし直すと良かったりする(恐らく、CCDOPSやMaxImDLをインストールする際に置き換えられるのだと思われる)のですが、しかし、今回は、CCDSoftのVer.5.00.216とVer.5.00.186の2つをインストールしたり、アンインストールしたりするのですが、Ver.5.00.216を入れると、上記メッセージが出てダメ。
かといって、先に書いたように、Ver.5.00.186ではASCOM FilterWheelは表示されない・・。
もう一台の撮像用のFMV-E8290では同じくWindows10 32bit環境下で問題なく動いているので、んー・・動いている方のDLLをコピーしてみるか・・と、上書きコピーしたところ、無事動作 ε=( ̄。 ̄;)フゥ. 
実際にEWFをつないでの確認まではやってませんが、まぁ、問題なく動くでしょう。
・・ってやっぱり後で、動かしておこう・・^^;
もう一台、FMV-LifeBook P772(こちらはWindows10 64bit)にもドライバをインストール。
こちらはすんなり問題なくなりました。

CCDSoftはすでにとっくの昔に開発終了したソフトだと思いますが、Windows10環境下でも動いてくれています。
個人的には、2002年頃から、使い続けているソフトウエアで、SXVR-H694や古いTrueTechのフィルタホィールも動作しますし、ASCOMドライバもあるので、大変助かっています。

全くの余談ですが、昔(中古でPentium133MHzなので、20年程前でしょうかネ)から、撮像用PCはFMVかEPSONかをよく使ってたりします。HardOFFでよく売っていたからなのですが、でも、パラレルポートのST7カスタムでも安定して動いていたのもあって、今でも買うならFMVかEPSONですかねー・・。ACアダプタがどちらのメーカでも共用できてしまうのも便利です。

さて、次に、ダークが潜ってしまうToupCAM。これなんとかならないかなーと思って、ToupTekから、ASCOMドライバをダウンロード。
ToupCam.png
黒レベルが出てきたので、オフセットの設定かと期待したのですが・・・
実際にカメラを繋げて、黒レベルをMAXにしても、ダーク1秒で撮像させても、最小値は0カウントのまま。
こりゃ、ダメだと思っていたのですが、、、

Tezさんが作成されているRisingCAM用のASCOMドライバを送っていただいたので、本日、インストールしてチェック!
risingtech.png
Gainの他、BlackLevelでOffsetの指定ができます。
12bitには当然、チェックを入れるとして、Raw・・はチェック入れた方がいいのかなぁ・・?
カラーカメラ用の設定な気がする・・(Bayerで撮るか、カラー変換するか)
CCDSoftからは問題なく接続して使用することができました。

RisingTech-ccdsoft.jpg
肝心のダークは・・
おぉ、どうやら、0にはなっていないようです!
やー、よかった。AR0130は、Hα線のQEが高いので、NarrowBandでも使いたかったのですが、ダークが潜る問題があったので、ASI120MMを使うしかないかなぁ・・と思ったりもしていたのですが、これで安心してNarrowBandでも使えます。
梅雨明けしたら、惑星状星雲をいくつかラッキーイメージングで撮ってみたいですね。

あと、ゴミがかなり付着していたので、ToupCAM、清掃しなくては・・ですね。
まぁ、ぼちぼちと、準備をしているところです。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさんもPCいじりでしたか。
こうも天気が悪いと機材準備するしかないですね。
私のPCの方は、CCDStackを除いてセットアップが完了
私のメール届いていますか?
嫁さんのPCの方も不要なアプリを消して、Offeceを入れました。でも、出てきたOffeseは、なんと2007
これから撮影用PCにToup用のAscomドライバーを入れたり、CASE Airのテストをしてみます。

No title

こんばんは
Rawの設定はモノクロカメラの場合は関係ないようです。Maximでの不具合修正しましたのでご確認願います。

No title

Windowsも、その上で動くアプリも「ライセンス管理」面倒でしょ。
ラズパイでLinuxにしましょう。ベンダーロックインという「縛り」が無くなりますよ!
CielとかPHD2はそのままLinuxで動きますし、というよりLinux版が開発の主流に成って
LinuxからWindowsに移植してるという逆転現象起きてますし、これからもどんどん
そういう流れに成っていくでしょう。

Re: No title

>GENTAさん、こんばんわ。

新PCはどうですか?
メールは返信しましたが届いてるかな・・。

Officeは僕なんて、未だにXP使ってたりします ( ̄▽ ̄;)
OpenOfficeでもいいといえばいいんですが、、、OfficeXPで作成したパワポが上手く再生できず参りました。
うー・・ん?10年前のEeePCでは問題なく動いた筈なんだけどなー・・。Windows10のせい?

Re: No title

> Kaz1995kobeさん、こんばんわ。

ラズパイもそうですが、Linux、どこかでやってみたいなーと思ってはいるんですけどねー。
PixInSightもLinux版があると思いましたし、クセはありますが、Gimpでレイヤーも使えますしねぇ・・。
NikCorrectionsも、多分、WinPCから、プラグインのファイルだけ持っていけば、Gimpで使えるんじゃないかなー。
やりはじめたら、いろいろと楽しそうだとは思うんですよね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ