FC2ブログ

記事一覧

天文ガイド9月号入選

すっかりと遅くなりましたが・・。
天文ガイド9月号、観測の部になんとか入選させて貰えました。

M100に出現した超新星です。
左が1/14撮影のもので、右が、5/23に撮影したものです。
たまたま、1/14に撮影していたのですが、超新星の出現の報を受けて、組写真にしてみました。
撮影枚数も違うのですが、シンチレーションの違いも大きく、ディテール描写、星像の大きさなど、5月撮影のものの方が上回っているのが判るかと思います。

黒眼銀河M64
天文ガイド落選作 黒眼銀河M64  SW GotoDob16 ALICE-Ⅱ 

ラッキーイメージング+40cmドブでハイライトを、色信号と淡い部分は同時撮影の冷却CCDで撮影し、最高の1枚を目指してみました。

40cmドブソニアン+30cmオライオンで撮影した画像を秘伝のたれ方式で融合してみました。
苦労の割には・・と思う反面、日本の悪シンチレーションの中では良く写ってくれたのではないかと思いますが、どうでしょうか。
さすがに苦労しただけに、落選してガッカリ。
あと、30cmオライオン側の方ですが、RGBを主体で撮ったのもあって、淡い部分の描写がちょっと物足りなかったのも事実です。
もう少し、L画像を撮って表現してあげるべきだったかもしれません。
M64toupCam 30cm

同じラッキーイメージングでも、やはり30cmとは(まぁ、カメラも違うのですが・・)出来上がる映像が違ってくるようです。
40cmドブソニアンで撮影できる天体は限られてくると思いますが、それでも、やっぱり使ってみようかな、と思わせてはくれます(処理は超苦労しますが・・)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、天文ガイド入選おめでとうございます。
このM64ですが、中心部の描写はすごいですね。これで落選はきびしいです。

Re: No title

>のんたさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。

M64、画像処理(主に位置合わせと選別ですが・・)に苦労しただけに落選でガックリ。
でも、ディテール描写は、やっぱり40cmだなぁ・・と思いました。

また、面白いLuckyCAMが手に入ったので、うまくいったら、面白いな、と思っているところです。
ただ、動かすまでに、もう少し苦労しそう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ