FC2ブログ

記事一覧

インパクトロンカメラと撮像用デスクトップPC

さて・・鳴り物入り(?)でポチってしまった、インパクトロンカメラ。
まあ、一応、仕上げてみました。
M27-Impactron
インパクトロンCCDによるM27  ASC-11 with Kenko CloseUpAC No2 レデューサ F8.9
TI製(?) IMPACTRON CCDカメラ R=319コマ G,B=各3秒×180コマ 

インパクトロンCCDは、電子像倍を行うことで、読み出しノイズが無視できることが一番の利点です。ラッキーイメージングにおいては、この読み出しノイズが一番の問題で、その解決に、BSI(裏面照射型)EM-CCDという電子像倍型CCDを使っています。
インパクトロンも、同じく電子像倍型CCDなのですが、大天文台で使われているものとは素子のメーカさんが違いますし、表面照射型のCCD。ただ、前記事にも書きましたように、インパクトロンCCDは、NECの3EM-CCDカメラなど、天体撮影用にも実績がありますし、15年前ほどのCANPで、K原さんとO本さんが発表されていたと記憶しています。
・・まぁ、前記事に書いたように、古い技術、ではあるのです。

しかし、sCMOSカメラが主流となりつつある現在でも、極微弱校には、やはりEM-CCDが使われています(但し、TI社のインパクトロンはもうずっと昔にディスコンですが・・そして、恐らく性能不足)
もっと、微弱光やフォトンカウンティングには、ICCD(Intensified CCDカメラ)が使われますので、イメージインテンシファイアには、EM-CCDでも及んではいませんが・・・
解像度(分解能)は落ちるので、アマチュア天体写真的には、使う望遠鏡で各種カメラに対応する、というところでしょうかネ・・。
高精細のCMOSカメラでは、F値が暗い望遠鏡とのマッチングが悪いのですが、画像処理的には特に、RegistaxのWavelet処理などは像が大きい方が、処理しやすかったりしますので、処理次第の面はあるのですが・・

さて、TI社のインパクトロンCCDに限らないのですが、この種の産業用カメラを動かす場合、どうしても、専用I/Fボードが必要になったりします。
最初は、前に使っていたデスクトップPC(ミドルタワーのi7-3770k)を使おうと思ったのですが、修理したつもりでいた(電源交換)のですが、久々に立ち上げようと思ったら、動かない・・
あらー、こりゃ、電源ではなく、マザーか、電源ハーネスか・・・

まぁ、撮像用PCに、重たいミドルタワーPCってのも地味に大変なので、ミニタワーPCでも中古でポチろうか・・
と、思ったのですが、最近だと、SFF(スモールフォームファクター)タイプしかないのですね・・
少し調べてみたら、WindowsノートPCが65%くらいあって、25%がデスクトップWindows、その他、という統計を見つけましたが・・・。まぁ、確かに、デスクトップである必要性って薄いよなぁ・・

しかし、SFFデスクトップは、いろいろと制限が大きい。拡張スロット無し、なんてのも平気である・・で、(一応)調べた上で、ビデオカード PCIe×16である(筈)のFMV D582/Gをポチったのですが・・・
FMV D582/G
まさかのPCIバス・・Σ (゚Д゚;)
よくメーカ仕様を見てなかったのも悪いのですが、なんと、ビデオカードを選択してないとPCIバスになるとか・・(;´д`)トホホ…
やっちまったなぁ・・。
でも、ライザーカードだったので、それなら、Amazonでライザーカードをポチればいいや。
と思ったのですが、ライザーカードを刺すとなぜかPCが機動しない・・。でお手上げでした・・
まぁ、第三世代Core i3のPCだったので、8700円でしたし・・
CPU換装
CPUの換装は、その昔、それこそ、ひょっとしたら、15年前かもしれませんが・・
Pentium4だったか、換えようとしたら、縦置きのまま、CPUを外したので、ピンが曲がってしまいダメだったことがあったんですよね・・。
でも、今回、機動しなくなった、PCから、メモリと、Core i7 3770K CPUを移植してみました。
ううん、いつの間にか、PGAではなくなってたんですねぇ・・・。
あっさり換装成功で、この8700円PCは、Core i7-3770K メモリ16GBで画像処理するにも、まぁ、十分と思われるレベルで再生してしまいました。

しかし、これでインパクトロンカメラを動かそうと結構頑張ったんですけど、あと一歩、正常に動きませんでした・・。
PCIバス用の汎用画像取得ボードは持っていたので、それで、と思ったのですが、制御ソフトの方が動かず、、、
カメラ認識までは行くんですけどねぇ・・。

仕方ないので、もう一台、PCをポチりました・・。
DELL Optiplex 7010なのですが、やっぱり、SFFで、拡張ボードはハーフハイト、とのこと。
正直、前述したように、SFFは、拡張バス無しのものもあるし、EPSON等も拡張オプション次第、という感じで、もうなにがなにやら・・・。

カードが刺さればいいや!で、10050円でしたが(おまけに、Core i3 メモリ2GB・・)、さらに、ポチったのでした。
OptiPlex7010
DELL OptiPlex 7010SSF

DELLは、好きではないのですが・・(オリジナルマザーってのがね)。でも、筐体は凄く良く出来ています。各部がユニット化されていて取り外し易い構造ですね。
CPU周りも水冷っぽいので、真面目に、一瞬、FMVに指したi7-3770kをこちらに刺すか・・?
と思ったのですが、まぁ、流石にそこは方向性を見失い過ぎているというもの。
余りパーツで、メモリを8GBにして(実家に転がってるメモリを使えば12GBになる筈、、)あとは、肝心の、専用画像ボードが使えるか、どうか・・。

あと、DELLのPCって、モニタ出力が、ディスプレイボードなんですよね。まぁ、それでも対応できるパーツはあった筈ですが、見当たらない・・(引っ越ししたからなぁ・・PCパーツは行方不明というか使ってないのは捨てたの鴨)
まぁ、画像ボードとビデオカードを指した方が、安定するか・・と上の写真の様に、ケースにフタできないバラック状態で使おうかなって σ(^^; 
ビデオカードと画像ボードの2枚を刺して、ガムテープで一応補強。

こんな状態ですが、(当然)インパクトロンCCDは動かすことが出来ました。
まぁ、最初から買うPCをもっと選定しておけば良かったんですけどね・・。

一応、起動ドライブは、それこそ壊れたi7-3770kのPCから移植したSSD 120GB。
HDDはそのまま、添付されてきたものを容赦なく、再フォーマットして使っています。
SSDだからか、Core i3でも、かなり快適。
ノートより、やっぱデスクトップの方が性能は高そう。

いろいろ、苦労はしましたが、でも、久々のPC半自作は、いろいろと楽しかったです。
特にCPU換装は、いい経験でしたねー(前回失敗してトラウマになっていただけに)

FMVのSFFデスクトップは、そのうち春野天体観測所に参加した際に、画像処理用PCとして持っていこうかな、とか思っていたりします。
まぁ、メインPCも、第4世代Core i7(やっぱり中古)なので、性能的にはどっちもどっち。
自宅に保管したままでも良いのかも?ですが。。。

いろいろと、地味に、撮像環境を整えてるところです。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
ド迫力のM27、これぞインパクトロンですね^^
一応の仕上げにしてはリッチな画像だと思います。
撮影使用機材がマニアック過ぎて、素人立ち入り禁止の雰囲気が漂います(笑)

Re: No title

> タカsiさん、こんばんわ。

どうもありがとうございます。
まだL画像が大量に残っていたのですが、途中から、ピンぼけで、結局使い物にならなさそうでした σ(^^;

インパクトロンCCDは、ちょっと自分が期待しすぎていた面もありますが、でも、F8.9で1枚あたり3秒のラッキーイメージングでも、案外普通に撮った感じの描写にはなっているので、次回は、本命の?40cmドブでの撮影テストをしてみたいと思っています。

やー・・なんというか、お金かける方向性が間違ってるよーなー・。とちと後悔しつつあるカメラですが、、、
ドブでの撮影に期待かなぁ。カメラが重たいので、お辞儀しないといいんですけど・・。

No title

こんばんは。
文字通り、高解像でインパクトのある画像ですね。これはカメラが高感度なので、3秒という短時間でも露光不足とならず、気流の影響が抑えられているからでしょうか。

Re: No title

> koropoさん、こんばんは。

どうもありがとうございます。
もう少し、写ってくれるかな?と期待していた面もあったのですが、冷却CCDで普通に2分とかで撮るのと同じ感じにはなったので、
やっぱり、低照度には強いのかな、と思いました。

高感度って、定義がなかなか難しいのですが、CMOSも、このインパクトロンCCDも、S/Nのうち、N、ノイズを抑えることで、S/Nを向上させています。
特にCMOSは、暗電流は大きいので、リードノイズが小さい機種ほど、1枚あたりの露光時間は短くした方が得策なのですが、このあたり、さじ加減が難しいですね。

で、気流の影響は、おっしゃるとおりでして、1枚あたりが、数秒なら、選別合成を行うことで、緩和することが出来ます。

画素ピッチが粗いので、懸念点はあるのですが、40cmドブで使ってみて、口径を感じる写りをしてくれるかどうか、試してみたいと思います。

これで効果があれば・・(゚A゚;)ゴクリ
どうかなー・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ