FC2ブログ

記事一覧

遠天写真展 準備と開幕

さて、本日は、遠天写真展の準備でした。
AM9時より開始でしたが、大和くんに食事をあげたりしていたのもあって、30分ほど遅刻・・

額縁入りの写真の高さを揃えて(今回は、1.2m)、展示していき、その後に、解説文を下に貼っていきました。
地味な作業ですが、案外、時間がかかります。
遠天写真展2019
遠州天体写真愛好会 写真展 星空浪漫2019  10/19~10/27 15時までの開催です。

それでも、みなさん、手際よく作業を行って、11時には、完了しました。

遠天写真展20191019-2
まだ正式開催前ですが、Mさんが熱心に説明していました。
まぁ、ちょっと説明に力入り過ぎていた気もしますが・・
今日は星仲間では、ヨヲイチさんや、Tezさん、naokiさんが見えられていました。
TezさんとはQHY600の話題や、SCTのデュアルバンドフィルターの効果、また、見えなくなってしまった、SkyWatcherのCOMポートの出し方をご教授頂けるなど、大変、有益な情報交換が出来ました。こちらからは、アンテナ銀河が自宅から写るとは⇒ST10XMEの高感度&赤感度が高いカメラの優位性などお話しました。
naokiさんは、最近、星景写真に力を入れていることもあって、自分ではまったく気がついていない作品の画像処理についてご教授頂けました。
やっぱり、なんだかんだで、直接、作品を見て、いろいろな話をするのは良い勉強になります。

今回の展示は100点超。展示室も大小双方をお借りできましたが、それでも、解説文は下に貼るしかなかったです。会場は毎回抽選ですので、来年はどうなるか判りません。

100点を超える天体写真展は珍しいと思いますので、ぜひとも、ご来場頂けましたら、幸いです。
みなさんのご来場を心からお待ちしております。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ