FC2ブログ

記事一覧

遠天写真展 星空浪漫2019終幕

本日は、遠天写真展最終日でした。
12時45分頃には到着したと思ったのですが、H野LS15さんは、そうそうに帰られたらしく?
30分ほど前に帰られたよー、とのことでした。
enten2019Final.pngややいいお天気であったこともあり、人入りはやや少なかったようですが、それでも、多くの人に見て頂けたようで良かったです。
星仲間では、中天のF田さんも来られて、Y田さんやタシロさんと話に熱が入ってました。
また、CCDママさんも来られて、拝見されていきました。
銀河仲間を増やしたいなーとのことで、I先生のD810Aによる作品など(これがまた短い露出ながらも完成度が高い作品)を見たり、M田さんのNGC253の自宅から撮影した写真を見たり、一口に銀河といっても、いろいろな表現や撮影方法があることを見て頂けたのではないでしょうか。
それと、会社の同期のHさんも閉幕間際に来られて、少しお話ができて良かったです。
昨年もそうでしたが、意外と社内の人とも会ったりしたりします。
自分の方が人の顔を覚えるのニガテなのもあって、声かけて頂いて初めて判るとゆー・・(; ̄ー ̄川 アセアセ
いや、ほんと毎度ながら失礼させていただいてます m(_ _"m)ペコリ

なんだかんだで、片付けまでの時間、楽しく過ごさせて頂きました。
やっぱり、こういう発表の場があるのは楽しくて良いですね。

15時から片付け。
解説文の取り外しの粘着ゴム取りに時間がかかりましたが、それでも、16時にはほぼ完了です。
また来年もやれれば良いのですが、会場が取れるかどうかで決まってしまいます。
小さい子にも、来週もやりますか?友達連れてきたい・・と話をしてくれましたが、残念ながら本日まで。来年もやりますか?という質問にも、明確に答えてあげられず、、( ̄ヘ ̄;)ウーン
また来年も開催したいものですが、さてはて、どうなることやら・・・?
いずれにしても、決まり次第、またお知らせしますので、また来年もよろしくお願い致します。


片付け後、今後の自分の撮影の方向性が定まっていないのもありますが、M田さんから、NFD545を
お借りできました。
小型・コンパクトな機材は先送りでいいやー・・と思いつつつ、写真部でのAZ-GTiに載せて写真を撮れないかとか(軽量かつ大口径・明るいF値なので、星像とか五月蝿いこと言わなければ面白いハズ)考えているところです。
ただ、カビもありましたので、この点は、ロンキーさんに相談かなぁ、、

それにしても晴れません。
もう少し晴れそうなら、テスト撮影くらいは、と思ったのですが、でも、どうせ撮影するなら、ガチで撮りたいな・・
安定したお天気を期待したいところです。ホント・・。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ごめんなさい

色々家の用事があって写真展に顔を出せませんでした。
ごめんなさい

沢山の方々に天体写真を見ていただけたようで良かったです。
来年の開催に期待してます。

しかし、本当に晴れないですねぇ~

No title

お世話になりました!
美しい生プリントを拝見するのは、勉強になりますね。会場でも申し上げましたが、星景や星野写真の精細さや情報量の多さには、とても敵わないなぁ、、と謙虚な気持ちになりました。
銀河の拡大画像に出来る事は、解像感と、やはり淡い部分も頑張って表現しないと?色々考えさせられました。

Mさんにも声をかけて頂き、ありがたかったです。日食と火星の解説パネルは、図書館に常設して欲しい力作でしたね。よろしくお伝え下さい。

有り難うございました。

UTOさん今日は、中天の○藤です。先日は遠天さんの写真展で素晴らしい天体写真を多数拝見させて頂き、大変参考になりました。有り難うございました。遠天さんは毎年写真展を開催されていて、会員皆さんの情熱に圧倒されましたし、自分のモチベーションもアップしました。又、突然のご自宅 訪問にも関わらず快く迎えて頂き改めましてお礼申し上げます。当日は様々な天文談義で盛り上り楽しい一時を過ごさせて頂きました。興味深い話題の数々で冷却CCDカメラが欲しくなりました。スターライトエクスプレス社製のカメラが気になる今日この頃です。

Re: ごめんなさい

>Takiさん、こんばんわ。

いえいえ、遠方になりますし、また機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。
来年はどうなるか判りませんが、開催の運びとなりましたら、よろしくです。

しっかし、ホント、晴れませんねえ、、(T_T)

Re: No title

> Kさん、こんばんわ。

遠くからありがとうございました。久々にお会いできて嬉しかったです。
・・って、前回って考えてみたら、7年くらい前のCANP・・?

銀河の表現もいろいろとありますが、やはり、ディテール描写は追求していきたいですよねー。
あとは色彩かな、と思っているところです。


Re: 有り難うございました。

> ○藤さん、こんばんわ。
こちらこそ、遠いところからありがとうございました。
いろいろな天文談義は、なかなか出かけられない自分には大変いい刺激を受けました。

やはりCCDの方がまだまだ一日の長があると思います。
スターライトのカメラでしたら、1型のTerius-SX694かSX814がお勧めですが、ちょっと高いかも。
http://www.y-tomita.co.jp/ccd/starlightxpress/trius-sx-814.html

ある程度、面積がある、QHY16200Aがお勧めかも?
http://www.y-tomita.co.jp/ccd/qhyccd/qhy16200a.html

ただ、価格が価格ですので、価格性能比で考えると冷却CMOSも断然アリかなと思ってます。
ASI1600Proあたりですが、1型SonyセンサCMOSカメラ機もRisingCamからIMX428、432のカメラが発売されました
https://ja.aliexpress.com/item/4000275514380.html?spm=a2g11.12010612.8148356.12.42fae51fSp1tst


https://prod.flir.jp/discover/iis/machine-vision/about-the-sony-pregius-imx428-sensor/

を見ると、カラー版ですが、QEはICX694ALGよりも高そうですね (^q^)

SXVR-H694が壊れたら、IMX428カメラを買うことになりそうです、、、



写真展良かったです〜。新しく入られたMさんに作品説明してもらったり、大佐に竜宮小僧の話聞いたりしました。来年も是非開催出来ますように!

有り難うございました。

UTOさん、今晩は。中天の○藤です。冷却CCDカメラ、CMOSカメラに関する適切な情報提供下さいまして感謝、感謝です。スターライトエクスプレスの冷却CCDカメラを購入する場合はアメリカの販売店OPTから個人輸入しようと思います。OPTはST-10XMEを個人輸入したところで、信頼のおける販売店です。個人輸入すれば、送料、関税、消費税等込みでも格安な値段なります。紹介して頂いた他のカメラも調べて、楽しいお悩みタイムにしたいと思います。

お疲れ様でした

写真展お疲れ様でした。
毎年、これだけのクオリティの写真展を開けるのはすごいなと、感心しながら見ております。
今年はお天気悪かったはずですが。。
また、おじゃましたいと思っております。

Re: タイトルなし

> LS15さん、こんばんわ。

すっかり返事が遅くなってしまいました m(_)m
そういえば、引っ越されました?A市と書かれていたので・・。
なるべく早くいこうと思ったのですが、お会いできず残念です。

Mさんも熱心なのでいろいろな方法で説明されていて面白かったのではないかと思います。
来年は会場次第、運次第となってしまいますが、今年同様、展示室フルに使えるといいな、と思っています。

Re: 有り難うございました。

> ○藤さん、こんばんわ。

初期不良がちょっと怖い面もありますが、英語が苦にならないなら、直輸入が安くあがっていいですよね。
国内代理店がない商品もありますしね(紹介のRisingCamとか)

現状だと長時間露光で撮るなら、CCDだと思います。CMOSはダーク安定性がいまいちかと。
ただ、CCDはすでにSonyさんのセンサは、今年度末で打ち切り。旧Kodakものんたさん情報から調べた限り、天体写真では比較的人気があるKAI系もディスコン。KAF系は判りませんが・・
冷却CCDを買うなら、今しかないかもです。
ただ、CMOSセンサの方が、QEやフレームレート等ポテンシャルは高いので使い方でカバーするなら、より安価な冷却CMOSカメラも選択肢に入ってきます。

Re: お疲れ様でした

> Yan Kanaiさん、こんばんわ。

いつも遠くからのご来場ありがとうございます。
写真展があるので、会員メンバーのクオリティレベルとモチベーションがあがって毎年開催できているのだと思います。

来年はどうなるかは判りませんが、仮に図書館がハズレでも、どこかで、展示はできると思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ