FC2ブログ

記事一覧

昨晩の撮影は失敗!

昨晩は、夕方は雲が湧いていました。
でも、望遠鏡は出してあるのもあり、少し悩みましたが、テストしたい事もあり、で、晴れてくる夜半すぎに目覚まし時計をセットして、12時半くらいからセットアップ。

夜露がひどく、月も明るく、かなりの霞んだ空です。が、やりたかったのは、NB-PM3+ST8300Mによるナローバンド撮影です。
一昨日に、NB2-PMでの撮影は行っているので、NB3-PM+IDAS type2-Rフィルターを併用すれば、HubblePaletteが完成する・・!
予定でした (。・ω・。)
MT160&ST8300M-191109
撮影風景 2Fベランダ MT160+アトラクス赤道儀+ST8300M冷却CCDカメラ

ところが、ですね。その前の日にも撮影しようとして、先にNB3-PMに換装していたのをすーっかりと忘れてしまっていて・・・。まず最初にフィルター変えなくっちゃーと、NB2-PMに戻してしまう痛恨のミス!! Σ(゚д゚|||)ガーン
いや、あの、写りからして、気がつけよー。
でも、半値幅が広いし、M42だったら、こんなもんかなーと思って、そのまま撮影開始。
まぁ、主鏡まで結露している位だったので、まともな撮影はできなかったんですが、、、
NebulaBooster-Test
NB2-PM+IDAS type2-RフィルターによるHα単色像 3分1枚画像

いやー、この写りなんだから、気がつけよー・・
と思わないではないですが(爆) 一旦、22時に寝て、24時起きだったのもあって、半分寝ぼけ眼だったのもありますし、この時は、おぉ、半値幅広めだから写りが早いなーとマジで思ってたんだよね、、orz
うーん、貴重なラストチャンスを逃してしまいました。

もっとも、焼津の御大に光軸調整してもらって頂いて安心していたのですが、今回、カメラを取り付けた際に方向を間違えてしまい、鏡筒回転装置を回してしまいました。
ウチのMT160が老朽化しているのもありますが、鏡筒回転させると、かなり光軸がズレます(今日、片付ける時に確認済)
また、老朽化で主鏡の押し引きネジもヘタっているのか光軸も狂い易くなっているようです(主鏡も緩んでガタガタでした)
一応、再調整してから、明日は雨予報なので、片付け。
うーん、MT160の光軸は問題はないと思うのですが、でも、ちょっともう一歩な気もします。
でも、ここを自分でやるとさらにズレる気もする・・。次回、撮影結果の様子を見て判断したい。
M42-NebulaBooster2-Testo3
こちらは、トーカイ製試作type1-B併用によるOⅢ単色像
ネビュラブースターの効果は間違いなく出ているようです。ただ、湿度が高すぎて、星が滲んでいます。しかし、SⅡの効果、確認しておきたかったです・・(。・ω・。)


オライオンも、念の為、チェックしたのですが、こちらはバッチリ。スパイダー位置もロンキーさんが調整してくれたと思うのですが、どうやったら、こうなるのー!?という感じでした(ってかスパイダー調整が全てな気がしますが・・・)
ここ2年ほど悩んでいた問題が見事に解消しているではないですか・・・。
今後、ミラー清掃などで主鏡の位置等がズレないように、しっかりと目印をつけて置かねば、、、。

それでも、ロンキーさんも仰ってましたが、オライオンは光軸はめっちゃズレる。
鏡筒を横にしたり立てりするだけで大きく狂うので、やはり、超高感度1インチでのセンサでこそ、性能を引き出せていると改めて感じました。

ST8300Mでの撮像環境もようやく整えてきつつありますが(あとはカメラ素子のスケアリング不良の補正をどうするかのみ)、オライオンでの運用は諦めた方が正解かなー・・
もちろん、FSC-203やイプシロン200では使っていきたいと思っていますし、遠征も踏まえると、やはりST10XMEの300万画素では流石に画素数不足ですから、ST8300Mはきちんと調整までやってスキル向上を行いたいと思ってます。(・・っていつになるやら~ ^^;)

インパクトロンCCDもあるし、NFD545Lも戻ってきたらテストしたい。それと組み合わせるALICE-174も環境整えなくては・・(まあ、IMX174なので、性能はしれてますが・・ALICE-IIと比べてどうなのかは検証しておきたいところ)

やりたいことが沢山あって、なかなか・・です (; ̄ー ̄川 アセアセ

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ