FC2ブログ

記事一覧

この週末

相変わらずお天気が悪いですねー・・
困ったものです。
もっとも、まだまだ月は大きい上に春の銀河に居座っているので、まあ、いいか・・
本業の方も、ちと忙しくて、結構疲れ気味・・
でも、昨年末とは違って、土日に用事は入ってないので、のんびり・・と、言いたいところですが、これがまた、上の子が中耳炎で、こちらは嫁さんが病院に連れて行ってくれているのですが、その間、大和くんと遊んでました(ちなみに、先週も。)
プラレール
はい、定番?のプラレールです。
まだ、大和は自分では組み立てられない(接続はできますが、形にできない)ので、自分が適当に配置してます。僕の実家のジジババがいろいろと買ってくれたおかげで、電車も沢山あるし、レールもそれなりにありますが、結構、線路を考えて接続するのって難しいですねー。

大和くんは電車ダイスキ。うん、いや、まあ、自分も、確か小学2年生くらいまでは、電車大好きっ子でした。それから先はクワガタ取りに目覚め?自然への興味が強くなって、鉄分がなくなりましたが・・。ちなみに、星は、たぶん、幼稚園の頃から興味持ちましたw
まあ、剣道の練習の帰り道(小1か小2?)に、近所のお姉さんに、あの星なに?と聞かれて、アークトゥルスを赤いからアンタレスかなぁ?とか適当に返していたのを今でも覚えてます・・(; ̄ー ̄川 アセアセ
まぁ、小学校低学年に星座はちと難しいですね。当時、ぎょしゃ座とおうし座を見て、あれがアンドロメダ座とペガサス座か!と勘違いしたこともありますよ、、記憶に残っている星並びや高さから、後になって間違ってたな、と恥じた・・のは多分、小5とかそれくらいの頃。で、記憶が強化されているのでしょう。なので、今でもはっきりとその当時の事が思い出せるのです。
小3のときは、親戚のお家から、たまたまペルセ郡を眺めて、4つ年下の親戚を起こして流星群を窓から眺めました。親戚宅からは相模原球場が見えるのですが、まだ当時は建設もされておらず、低空まで良く見えた。
星も綺麗で、今の磐田市と同等以上に見えたと思います。
当時、まだぎょしゃ座を知らなかったのですが、親戚にあの五角形の星並びから、流れ星が沢山見える!と夜明けまで二人で眺めていたのですが、家と家の間から見えてきた、ベテルギウス。あまりにもギラギラしていて、UFOに違いない!!と二人で話をしていたら、今度は右側から青いUFOが!!(リゲルね)、なんだこれー!と流星どころではなくなってしまいましたが、結局、少し高度があがってくると、オリオン座なのが判って一安心。
すぐにオリオン座とわからなかったのは、たぶん、お向かいにお家があったのではないかと思いますが、でも、当時・・約40年前の相模原は星が良く見えました。
数年後、小6のときに大阪の親戚の家に遊びに行ったことがありましたが、星が見えず愕然としたものです。でも、今の相模原は、その時、大阪で見た星空と同じくらいかな・・。

僕が星への興味を強くしたのは、小学5,6年のときのK玉先生や当時の同級生、中1のとき、気をかけてくださったK西先生など、恩師のおかげもありますが、そのあたりは、またお話する機会もあるでしょう。

さて、病院は長引いて、診察が終わったのが14時半だったとか。昼食は、自分が作って大和くんにあげていたのですが、嫁さんの方も調子悪いとのことで、熱を測ったら、37.4℃。病院行っておいで~と伝。幸い?自分がいつも行っているみつけ内科クリニックは土曜日はPMもやっているので。
で、仕方なく?皿洗いやら、風呂掃除。ご飯もなかったので、とりあえず3合炊いて・・っと。
明星は疲れで寝てるのですが(ちなみに、診察結果は、また来週様子見とのこと・・。って来週も大和の面倒かあ・・)、大和くんの相手をしながらの家事はなかなか大変デス・・・。

嫁さんの方は案外、クリニックで待った上、帰宅後も食欲もないとのことで、早々に寝て貰いました。夕飯は、とりあえず、嫁さんが明星さんの病院帰りに買ってきた100円おにぎりで済ませて(ファミマよりセブンかローソンの悪魔のおにぎりの方が個人的には好みだなぁ・・。でもセブンのふっくら仕立てという名のコスト削減は如何なものかと)、お風呂に、二人を入れて。
ようやく一段落。

ホントなら、ASI1600MM-Coolのダークフレーム撮影と実験をやりたかったんですけどねー・・
たしか、ひろGさんからはNikonマウントADもお借りしていたと思いましたので、室内実験で良いので、ゲイン周りは調べてみようと思っていたんですよ。
あと、ダークフレーム撮らないと、前回撮影した画像の処理もできませんし、、。まあ、こちらの方も、ぼちぼちとやっていこうかなと思います。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ