FC2ブログ

記事一覧

肉丸さん

肉丸さん、こと、NGC2903です。
n2903blog.jpg

ST8300Mのテストの一環で、昨年に撮影したものです。しかしなかなか見事な作品になりました。
ディテール描写は、口径16cmで、ここまで写るのか・・!とちょっと驚き。

CCDママさんは、21cmをお使いですが、自分の経験として、20cmを少しでも超える口径があると、描写が劇的に変わってくる印象があります。過去の経験として、JSOの22cmシュミットカセとか、Parks社25cmF3.5ニュートンとか、、、不安定でも、口径があると、こういう描写をするんだ!というのがあったので、今のオライオン30cmに踏み出せた(まぁ、、結果を出すのに時間が超かかりましたが・・^^;)面もあります。

その一方で、こうした、MTシリーズの安定度も馬鹿にはできないのも確か。
遠天MLでタシロ大佐がMT250で撮影したM65なんて、同時期に写した自分のオライオン30cmより描写が上 (。・ω・。)ですし、CCDママさんのGOTO21cmによる銀河のディテール描写については脱帽するしかない。
一番良いのは安定した大口径なのでしょうが・・

さて、フォト蔵の方にはもう少し画角を広げた写真も載せているのですが、回折像の美しさは、さすが、望遠鏡の国内トップブランド、タカハシだと思います。
オライオンだと、こうは出ないんだよねぇ・・
星の色の美しさは、IDASさんのLRGBフィルターのおかげでして、中間調といいますか・・・非常に美しい色再現性を実現していると思います。
ST10XMEでは赤感度が高いのが災いして、なかなか綺麗な色調を出し難いのですが(IDAS,SBIGどちらのフィルタでも)、ST8300Mではいい感じになります。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村























関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
肉丸さん、よく写っていますね!!
これだけ解像しているのはシーイングも良かったのではないでしょうか。
特に銀河の色がよく乗っていると思います。
私も今シーズン、既に2回チャレンジしていますが、色が出ないんです(´Д⊂
カラーの参考にさせて頂きます^^

No title

いい色ですねー。やっぱりCCDの威力でしょうか。
なんだかんだ言っても口径の威力はあるはず(と思いたい)なので、やっぱり安定して撮影できる環境を作るのが大事ですよね。
ギガントの風&振動対策を考えねば…

Re: No title

> タカsiさん、こんにちは。

確かに11月の撮影だったと思いますので、シンチレーションは真冬より良かったと思います。
銀河は、もともとが色差が少ないので、そこを強調してしまうので、どうしても、色が難しくなりますよね。
微妙な調整で大きく変わってしまうといいますか・・
とはいえ、タカsiさんはデジカメでも、非常に銀河の色合いを上手に表現されていらっしゃると思います。
デジカメであそこまで上手に銀河の色合いを表現される方は、そうはいないのではないでしょうか。

Re: No title

> 玄さん、こんにちは~。

どうもありがとうございます。干渉フィルタは、色分離性が高いので、銀河のような色味が少ない天体では効果覿面だと思います。
口径の威力は自分も感じていますので、あとはどう安定した条件で撮るか、が大事でしょうか・・。
1型センサは、光軸に寛容ですし、ガイドエラーもあるなら、ラッキーイメージングという手もありますし、やり方はいろいろとあると思いますので、ぜひ、ギガントの性能を発揮させてください。

No title

CCDママ改め、CCD婆です^^

最初は「流石30cmの解像」と思って拝見していましたら、16cmだったんですね!分解している構造は、私の21cm画像と変わらないような気が致します。MT160恐るべし・・・

色彩は、私も初回の調整でこんな感じになりましたので(その後、Gを少し拡げました)、確かに黄色っぽい銀河なのかもしれませんね。

No title

色々テストして頂いて恐縮です。ご無理なさらないでやってくださいね。
私も反射鏡を物色しています。安価なものになりそうですが。

Re: No title

> CCDママさん、こんばんわ。

お孫さんは可愛いでしょう?
ウチの両親も、デレデレですよ・・^^;

MTシリーズはなかなか侮れない性能がありますが、でも、iwaさんのGOTO21cmも銀塩写真で長時間露光に耐えられた機体ですので、やっぱりしっかりとしたいい機体だと思います。

色はNGC2903は黄色が強いですねー。自分のはちょっと緑が強すぎたと思いましたが、黄色は残したいと思ったので、Labで緑をこのあとで抜いてみたりしています。


Re: No title

> ひろGさん、こんばんわ。

まだ処理していないのですが、だいぶ感触はつかめた気がしています。
やっぱりいいカメラだと思います。

反射もいいですよ。焦点距離が長いので撮れる被写体が変わってきます。
安価で、となると、BKP200あたりが良いかも?です。カーボン筒のCFP200が再販されると一番いいんですが・・。
もちろん、RC系もオススメです。光軸はRCの方が狂い難いかもです。

No title

お!まさしく、BKP200が、一番候補です。。

Re: No title

> ひろGさん、こんばんわ。
>BKP200が、一番候補です。。

おー、やはりそうでしたか!20cmだけ迷光防止兼強化の絞りが入っているので、おすすめです。
また、ビクセンのエクステンダHDが使えるのも魅力だと思いますので、こちらもぜひご検討してみてください。

お借りしているASI1600MM-Coolですが、運用ではCCDとは違いはありますが、撮影結果は極めて良好でして、組み合わせとしては、等倍コマコレクタ(F4用のSkyWatcher)や、エクステンダHD(こちらは処理方法にも依りますが・・)と相性も良いのではないかと思います。

ASI1600、まずは、いろいろと撮ってみますが、どこかで、ちゃんとゲインのテストはしてみたいと思ってます。
CCDに比べると違和感があるカメラ・・だとは思いました。でも、思っていたよりもダークは少なくて、感度は高そうな印象です。

No title

そうですか!ASI1600MM-Coolも使えそうですね!BKP200との取り合わせもいいとの事、うれしい情報です。BKP200ですが、LPF仕様です。温度変化に強く、接眼部が補強されているとの事で決めました。
1600MM-Cool色々やっていただきありがとうございます。急ぎませんので宜しくお願いします。

Re: No title

>ひろGさん、こんばんわ。

まだ処理が終わってないのですが(今週は子守もあってなかなか・・)、かなり良い手応え。
銀河撮影にも好適ではないでしょうか。
それと、ZWOのフィルタLRGBとなろーで基板ガラスが0.1mm違った(ナローは1.9mm)ので、ピントが心配でしたが、LRGBSAOで問題がないことをイプシロンで確認しました。
オールインワンで良いシステムになってると思います。
BKP200との組み合わせは、銀河も散光星雲もクローズアップに好適なシステムになるのではないでしょうか。

もう少し、遊ばせてくださいね~ (^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ