FC2ブログ

記事一覧

今夜は曇り・・・

天気予報だと、夜は晴れてくれそうな予報だったのですが、
実際には全天を薄雲が覆う天気・・

月は明るいですが、晴れてくれたらテストしたいことがあります。
ひとつは、MT160にMPCCを組み合わせてST8300で撮ること。
もうひとつは、BORG76EDに、ビクセンの×0.7レデューサを噛まして撮影してみること。
一応晴れてくるかもしれないので、準備だけはしておこうと、マッチプレートにそれぞれガイド鏡と鏡筒バンドは取り付けたのですが・・・・ダメかな~
明日から、GW!という方も多いかとは思いますが、ボクは明日、出社日・・。
22時で諦めて風呂入りました。
 
テストしたいことは他にもいろいろとあるんですが・・

ミューさんからこんなものも借りてるし・・
でもねー、ミューさぁ~ん、これ、暫く放置してたせいで、CCDが結露しちゃうんですよ。
ST5の乾燥剤、確か再生はできたとは思いますが、相当やっかいというか危険なところにあるので、ちと厳しい・・
ST4と同じだと思うので、CCDむき出しにするところまでやらないとダメなんですよね。しかも、CCDに出てるワイヤーがこれがまたむき出しになるので、とてもじゃないけれど、やりたかない・・・
乾燥剤とタッパに入れて回復を祈るのみです。
ST8300はちゃんとタッパに入れないとダメですよ!
 
と、ゆー感じで、気が付いたらいい時間になってしまって、またまた画像処理できず・・。
とりあえず、コンポジットしてデジタル現像までやってますので、そこから、ちょこっとトーンを持ち上げた、フルサイズ画像をごらんくださいませ・・

FL-80S+レデューサ+TrueTechFilterWheel+ST8300M IDAS Hαフィルタ(Tyep2)+LPS-P2 冷却温度-20℃ 10分×6コマ
 
星像は周辺は歪んでいますが、まあ、この位なら個人的には、おっけ。
イプもこれくらいなら、気持ち良く使えるんだけどなあ。
例によってフィルタが小さいため、左端が蹴られてます。
でも、まあ、F5.6でこの程度なら、十分許容範囲かな。
 
LPS-P2を使っているのは、このIDASさんのフィルタは赤外が素通しというシロモノで、赤外領域の活用を検討していた頃の製品(例えば、赤外線だけをガイドチップに導くオンアキシスガイドとか)なので、LPS-P2は赤外カット代わりに使っているわけです。
でも、オンアキシスは、今思うとかなり便利な製品ですね。オフアキと違ってミラーけられはないし、星像の良い真ん中が使えるし。
もっとも、ガイダーもCMOSだとIR領域は感度が低いからなあ・・。赤外感度が高いST237Aとかではかなり良い結果を得ていたみたいです。
もっとも、SBIGユーザが多かったせいか、残念ながら、あんまり売れなかったみたいです。オン・アキシスガイドアダプタ(光映舎さんで作ってました)
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今夜は駄目でしたねぇ
昨夜の予報では星空指数100%だったので残念です。
この連休は、忙しくて飛び石で休みが来る予定
かわりに新月期は5連休なので、本格的にED115SとFSQを使い倒すつもりです。そのためにも、テストしたかったですね。
ST8300M良く写っていますね。イプの星像も早く、これくらいになるといいですね。

No title

おはよ~さ~ん。

あれST5ちゃんとタッパに入れて管理してましたよ
ただ乾燥剤を入れ替え忘れたかも知れませんが
僕もう要らないからUTOさんにあげます。
STは湿度計入れて管理してます(10%)

Hαのフィルターが喉から手が出るほど
欲しい欲しい欲しい。

LPS-P2もさっぱり来ないし 次回もノーフィルター
で撮ることになりそうです。

No title

M8は周辺部まで点像、背景はフラット、星像は自然に処理されてますね。ST8300Mの能力も充分に引き出されているようです。

No title

GENTAさん、昨晩はダメでしたねー・・
連休中もお忙しいのですね。晴れたら、また撮影ご一緒しましょう!

No title

ミューさん、こんにちは。今、10時の休憩時間です。
ST5、タッパに入れてましたか~
そうすると、ちと回復が難しいかもしれないなぁ・・。
GW中に分解して乾燥剤の位置を探ってみます。
レガシーデバイスとして、Windows98でしか動かないCV-16MEと組み合わせてみようかなって思っているんです。
Hαはバーダーで決まり!でいいですよ。
ノーフィルタでも撮影ノウハウは得られますから、ガンガン撮影しましょう。
月夜でも冷却CCDは案外写るものです。

No title

SORA-CANさん、ありがとうございます。
デジタル現像をしただけなので、星像はまだ自然ですね。
でも、このあと、引きこもったり(ニート)、デコったりするとどうかな~
でも、お化粧してないのに、この滑らかさ。
KAF8300はいいCCDですよね!SBIGも頑張ったんだと思いますが、CCD素子の素性によるところも大きいんでしょうね。
でも、デジカメ雑誌だと、Kodak=ノイズ多い って定評ですね。デジカメマガジンの645Dの記事見ても、Kodakですか・・みたいな感じでとれる文面がありました。

冷やしちゃえば関係なくなるんでしょうけど。
645Dが売れてそのCCD素子を使った安価な冷却CCDが出てくるといいな。
まあ手は出ないですけどね・・フォーサーズで手こずっているのに、オーバーフルサイズなんてとてもとても・・。

No title

お邪魔します。
あれ、赤い箱・・・いつの間に・・・うらやましい~。
チップが広くなると理想の星像にはなかなかたどり着けません。
シビアな世界に翻弄されています。

No title

ベランダGPDさん、こんにちは。
ほんと、そうですね。面積が広がると悩みも広がります・・orz
でも、ベランダさんのフルサイズに比べたらまだまだ寛容なんでしょうけど、イプシロンはほとんど諦め気味です・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ