FC2ブログ

記事一覧

昨晩は晴れ

昨晩は久しぶりの晴天でした。
とはいえ、あいにくの満月・・。
それでもテスト撮影はできるだろうと望遠鏡を出しました。
とりあえず、コマコレクター+ST8300のテスト

うわーお。ひどいゴーストが・・・
L<RGB<H-alphaの順番にひどくなってくることから、フィルタでのゴーストだと思われます。
コマコレクターの前にLPS-P2を入れたのが原因であるならいいのですが・・
コマコレとフィルター間での反射となると少々苦しい。
まだちゃんと処理してませんが、けられについてはΦ31.7mmフィルタであっても、F6.3くらいになるとさほど気にならなくなるようです。むしろ、反射系は周辺減光が元々大きいので、その方が気になるかな・・。
 
あとはガイドが今一歩うまくいきませんでした・・orz
ガイド鏡の保持に少々問題があり、そこでたわんでいるか、MT160へのカメラ取り付けを2inchノーズピースでおこなっているせいか、直焦点だと筒先繰り出し量も増える為、たわみやすくなっているのか・・
要素が多くて特定はできませんが・・
 
星像の方も、コマコレーCCD間の距離がやや短いということはありますが、少々周辺星像が歪んでいました。
イプシロンほどではありませんので、実用範囲内・・・かなぁ・・少々厳しいかも。
次回はもう少し、バックフォーカスを調整して撮影してみます。
 
もう一つ、2台機材を出してテストしてました。準備だけでも疲れますが・・(笑)
自宅からやるならやはり2台体制はとりたいものです。

MT160とST8300とフィルタホィール。向こうには、MZRL13cm反射改とBORG76EDを出しています。
 
さて、MZRL13cm反射改には、MT160コレクターレンズを取り付けてみました。
コレクターレンズには焦点距離を伸ばす他、コマ収差を補正する働きもあります。それを狙って組み合わせてみました。
撮影するカメラは、Olympus E-300です。
結局、買っちゃいました (汗)
もう一つの8300カメラです。
 
真澄会でJRさんが、冷却改造しようかなあとか言っていたのですが、その場ではでも露出8分までの制限付きだしな~とか言っていたんですが、ちょうどお値頃ということもあって、ついポチってしまいました。
しかし、このカメラ、難物ですわ~
MaxImDLで制御できることを期待していたのですが、いざ、制御させようとすると、転送がいつまで待っても終わらない・・・orz
仕方ないので、OlympusStadioから制御させての撮影となりましたが、これはこれでまた、画像転送に3分半も待たされるという欠点あり・・。おまけになんか同じファイルが3つ保存されるんですよね。
これって設定かなにかあるのかなぁ・・もし1つ保存のみなら、待ち時間は1分ほどでちょうど良いのですが・・。
おまけに露出時間は30秒の次は480秒となってしまいます。まあ、露出はかけるに越したことがないし、ノイズが多いカメラなら、8分程度の露光で行うのはちょうど良いでしょう。
 

NGC6888 MZRL13cm改(F5.3)+MT160コレクターレンズ 合成F7位? Olympus E-300 ISO100設定 8分×7コマ
 
ごらんの通り、噂通り、赤い星雲も写ってくれる様です。
改造デジカメほどではありませんが、S3Proと同等以上にHαが写ってくれる感触です。
満月下で透明度もイマイチ、F7クラス、光害ある自宅での撮影だったことを考えると新月期に使ってみるのが楽しみです。

M57 MZRL13cm改+MT160コレクターレンズ ISO100設定 8分×2コマ  
 
こちらはM57です。OⅢラインは綺麗な青色に発色し、上品な色合いに仕上がりました。
Hαの赤色も良く写り、美しい発色になりました。

 
昔撮影したFinePixS2Proによる画像です。
こちらを見ると星雲の赤い部分はほとんど写っていないことがおわかりになるかと思います。
S2ProはEOSノーマル機のさらに半分くらいしかHα線への感度がありませんでした。反対にOⅢラインの感度は抜群で、強い緑青に写っています。
 

気持ちのいい朝でした。
E-300 Zuiko-Digital 14-45にて。
さすがオリンパスブルーと言われているだけあって、青空を撮らせると独特のコクがある色合いが出ます。
また、朝焼けも目で見るよりも強調されるみたいです。
このカメラ、新緑を撮らせると赤外カブリでいい色合いが出ませんが、狙い通り、薄明時の空を撮るには最適なカメラな気がします。
彩雲も写っています。
寝不足気味でちょっと疲れてますが、今日は有休出してますので、AM中は一寝入りしてました(笑)

おまけで、今日の夕焼け
空を撮らせると、E-300は凄くいい感じ。
ZUIKO-Digitalも適度に歪曲があって、いい感じになります。
レンズキット付きで18,800円ほどで中古で購入。
少し前まではオリンパスブルーで話題になって少々高値になってましたが、今はもう捨て値ですね。
中古2万円以下クラスではイチオシのカメラかも。
ただ、古いカメラなので液晶画面が小さい(でも液晶は素晴らしく見やすくいいものと思います)のと、
連射性能がやや低め(S3Proに比べればマシですが)、ホワイトバランスとAFが迷走することもありますが・・
個人的には許容範囲です。
 
今晩も晴れるかも・・ですが、さすがにやる気が出ない、、
望遠鏡はとりあず出してあるので、晴れ間があれば土星くらいは見ますかねー・・。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お~ UTOさん頑張ってますね
Olympus E-300でも赤が写るんですね
ISOをもっと上げたらどうなのかな?

Hなフィルター注文しましたが
在庫なく5月の下旬らしい あ~あ
結局注文してあるフィルターは、さっぱり来ませんとなりました

しゃーないノーフィルターでやりますか

今夜は雲ってます。

No title

ミューさん、早速のコメントありがとう。
デジカメのISO感度設定は基本的に電気的な増幅ですので、あんまり意味がないです。
特に過去の機材は、ノイズまみれになるだけですから・・・
最新のD3とかだと高感度設定時の映像エンジンの手法が断然良くなってるので、一概に意味がないと切って捨てるわけにはいきませんが・・。

あらら、フィルタ、意外と納期がかかるのですね。

No title

ゴーストですか..
でもゴーストを見ると光軸はしっかり合っているようですねー。
2システムが並ぶと壮観ですね。
ご近所の方々は「何事」状態でしょうね。メカ好きの子供に「スゲー」とか言われませんか。

No title

E-300ポチッたのですね。
楽しめそうなカメラですね。
見慣れた庭ですが、2台並んだのは初めてみました。
明日は休みなので、今夜撮影に出掛けようとしましたが、あまり天気が良くないので諦めです。

No title

E-300 あまり気にしたこともなかったのですが、値段がこなれているので、コストパーフォーマンス高いし、遊べそうですね。
空の発色が本当にいいですね。

ところで、赤道儀のピラー脚の根元にポリゴミ容器の蓋がありますが、これはどういう役割をしているのですか?

No title

赤いカメラ、アクセントになって格好良い!
関係無い話でゴメン

それより地盤が軟弱じゃない!?、そう見えるけど・・

No title

sora-canさん、こんにちは。
スゲーは無いですけど、ご近所さんから見せて!と声かけられることもありますね。
月夜のテストとかだったら、全然okなんですけどね~。
でも、セッティング中だったりするとくみ上げに30分はかかるから、なかなかタイミングがあうことって少ないですね。

No title

GENTAさん、こんにちは。
つい我慢しきれずにポチっちゃいました。EOSもあるのにねー・(汗)
月がちょうどさそり~いてにあるので、Hαのテストもできませんね。
明日は朝から出かけるし、ボクも今日はもう望遠鏡片づけちゃおうかな・・。

No title

Eagleさん、こんにちは。
E-300、なかなかに味があるカメラだと思います。
夜明けの星景写真とかにも向いている気がしますので、そのうち撮ってみようと思っています。
こういう特徴があるカメラって割と好きだったりします。
星雲も未改造でも赤が写るのでサブ機としては面白いかなとは思います。

No title

あ、ポリバケツですが・・
ここみてね
http://oozoradigital.web.fc2.com/sakugo/baketu/baketu.htm
あると便利です(笑)

No title

グレーテルさん、赤いカメラ、カッコイイでしょう!
SBIGはホント、今回、頑張ってると思います。
画質的にはQSI583と比べるとやはり劣る感じはしますが、でも、まずまずいいかな・・
でも、なんか6月には早速改良版が出るのだとか・・?
現行機でも満足度は高いのでいいんですが、気持ちとしては面白くないですね(笑)

地盤、弱いです。でも、ATLUXは出しっぱにしているので、安定してくれてたりします。

No title

UTOさん、こんばんは。
これはすごいゴーストですね。
ゴースト中心の対角位置に強烈な星がないので、光学系でないと思います。
・・・やはりLPS-P2なのかな???。
光害地?なので、フードなしで接眼部に光が入り、コレクターとLPS-P2が相乗作用しているかもしれませんね。
この趣味は悩む事ばかりで疲れますよね。数学のように、ちゃんとした公式、定石があれば・・・苦労はないですよね。

精悍な赤いカメラ・・・日本人が使っている画像は初めて見ました。
僕も発売当時(米国で)から気になっていたカメラです。
先回までの画像を見る限り、これから期待できるカメラだと思います。
次回画像を楽しみにしています。

No title

星天龍さん、こんばんわ。
ゴーストはやはりLPS-P2かなぁ・・
反射した像がコマコレクタで再結合したのかもしれません。
赤いカメラはSBIGとしては優秀な出来で、価格といい意欲作といっていいでしょうね。
QSIと比べたらどお?と聞かれると、ボクはQSIに軍配あげますが・・。
正直、KAF8300Eにここまでの性能があるなら(もっと感度が悪いのではないかと思ってたので)、もう少しお金を出してQSI583にしておけば良かったかな~と思っているところです。
でも、ST8300Mも性能が悪くはないので、これから頑張ってみます。

むしろ、悪いのは自分の腕前の方でして・・
これまでは小さいチップなので妥協できていた光軸に悩まされています・・・。
う~む、H嘉さんもBJ41Lで1Pぶち抜きみたいですし、まだまだSXV-H9がメインカメラになるかも・・?ですね。
もちろん、徐々に移行していかねばなりませんが、
いたずらにラージフォーマットを求めても腕前がついていかないのであれば意味がありませんね・・・。
でも、使いこなせる様に頑張るよ!

No title

UTOさん、ひょっとかして・・・勘違いされていますね。
小さなチップは拡大率が高く、処理に苦労されると思います。
ラージフォーマットは拡大率が低くすみ、ラフな・・・いい加減な処理でも絵になります。

腕前なら・・・小さなチップで素晴しい作品になるなら、ラージフォーマットは簡単に処理できます。
今すぐにでもラージフォーマットカメラを使いこなせますよ~!。

No title

星天龍さん、こんばんわ。
いやあ、処理はさほど苦労は無いんですが、プリントはやっぱり苦しみますね・・・
ラージフォーマットだとプリントの観点だといろいろと有利になりそうですね!
一度プリントしてみようかなあ・・
でも、イプシロンの星像崩れはさすがにどうしようもないかも・・ですが・・・。

ラージだと光学系も良いものが要求されてしまうので、厳しいなあと感じてるところなんです・・
イプシロンは調整スキルをあげれば・・とは思うのですが、、、
なかなか苦労しそう、、、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ