fc2ブログ

記事一覧

この週末・・遠天例会ほか

本業でバタバタしていて、どうにも疲れ気味です・・(´。`)
週末というか、金曜日なのですが、朝はなんと雪が積もってました (◎-◎;)!!
Yuki0114.jpg
ほんのちょっぴり、なんですが、上の子は始めての経験で嬉しそうでした。
幸い、湿度が低く、雪はパウダースノー状態。路面凍結もさほどではないので、通常どおり出社してきました。
浜松近辺では、こんなうっすらでも積もることが珍しいので、ノーマルタイヤなんですよ、、
坂道などでは、一応、ローギアに入れてエンブレ効かせたりもしましたが、そもそもグリップ力がないから、危険です。。前回積もったのは2015年頃だったかな?ひょっとしたら、もっと前だったかも。。。
いやー、木曜日晩は、風の強さの前に撮影は断念したのですが、正解でした。

金曜日晩も風が強かった為、撮影はパス、でした。月の位置も悪い(オリオン座に近い)ので、無理して撮ってもね、、というのはあります。
そろそろ、ASI1600MM-Coolに戻してナローバンドフィルターで本気撮りもしたいところ。
n1784s.jpg
NGC1784とPGC16772 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2 ASI294MC Pro 3分×20枚
銀河めぐりの一環で撮影してみましたが、もう一歩、写ってほしかったところです。
流石に、この露出時間では酷というものか・・。まあ、左上のPGC16772と色の違いは見てとれますが・・
カラーカメラも面白いとは思うのですが、やはり銀河だとモノクロカメラに一日の長があるかな?
あとは遠征で暗い宇宙の下で使ってみたいとは思っています(そのために年末年始でオフアキ調整したわけですし)
これで、自分の目的に適う写真が撮れれば、、と思っていますが、さて、どうなるでしょうか・・
自宅で、VX300-Sだと、ASI294MC Proは少しキビシイかな、、センサは小さくても、SXVR-H694でしっかりと撮る方が、と思いました。
とはいえ、フォーマットサイズの違いも感じたので、、、今冬は、多分、イプシロン+ASI1600MM-Coolに落ち着くことになりそう???まあ、ASI1600MM-Cool側もいろいろと再整備しなければ、なので、もう少しテストは続きそうです。

土曜日はいいお天気でした。
SCW予報では微妙でしたが、なにはともあれ、明るいうちに望遠鏡は出しておこう。。。
CT12-220115.jpg
月も大きいんですけどね。気温も多少は暖かくなってきたのもありますし。
220115.jpg
しかし、SCWの予報どおり、西から雲が・・・
右側、彩雲になってますね。この現象、浜松では割とよく見えます。環太平洋アークではないし、なんというのでしょうネ。サンピラーとも違うしなぁ。

結局、夕方は雲が出てきてしまったのもあって、少し寝て0時前に起きることにします。SCW予報でも夜半からはなんとかなりそうな感じでしたからね。
22時過ぎにお布団で寝て、0時前に起きてきました。
空の方は予報どおり、晴れてます。月明かりは強烈ですが(笑)
ま、光軸をレーザで調整して、QHY268Mを取り付けて、ピント調整!
あと一歩でピントが合うゾ!といったところで、緊急事態警報がスマホと放送で!(◎-◎;)!!
いや、マジで超ビビった・・。
おかげで、微調整で済むはずだった電動フォーカサーのボタンを押しすぎちまったい・・
津波警報とのことで、どこかで地震!?この辺は全く揺れてなかったけれど!!
と、慌てて下に降りて、TVを見ていた嫁さんと確認。
海底火山によるものを始めて知る・・・。まあ、これなら海からはウチも10km程度ではないかとは思いますが、多少、標高はある(丘の上)と、いうこともあり、一安心。
再び、撮影準備に戻ります。
とはいえ、QHY268Mって結構重量があって、フィルタホィールはφ36mmのものにしてますが、それでも重たくて・・・。目一杯、接眼部を引き出しちゃうと、上に上がらない・・
仕方ないので手で押してなんとか ヤレヤレヽ(~~~ )ノ
CT12に奢ってあるのは、MoonLightFocuserで割といいものだと思うのですが、、、。スリップするんだよねぇ・・。
まあ、なんだかんだで、テストがてら撮影しました。風がないのはやはりありがたい。寒いは寒いですし、PCにも朝、霜は降りてましたが・・。何らかのデータは得られていると思います、多分・・
QHY268Mもメイン機になるので、もっとしっかり使わないといけないのですが、ここのところ、ASI294MC Proの方に力点が置かれていた上、さらにNJP不調(ケーブル接触不良)もあったりして、どうにも力が入ってませんでした。
ここから挽回していきますヨ!感度はASI1600MM-Coolより間違いなく高い!!
SXVR-H694の後継になることは疑いも迷いもありません。・・・使いこなせれば・・σ(^^; 

本日、日曜日は、朝から上の子が早く起きて(警報では全く起きず・・だから朝が早い)、朝、自分がラーメンを作ってあげました。まあ、インスタントですけどね。水菜が傷みかけていたのもあって、ちょっとなあ、、と思ったりもします。
まあ、嫁さんもパートで働き始めたのもあって、どうしても、というのはあると思いますが、、、
自分自信で調理していたときは、こんなこともないように工夫はしていたので、( ̄ヘ ̄;)ウーンと思ったりもします。まあ、自分ひとりで喰うのと家族で食するのとで、また違う面はあるとは思いますが・・

本日は、遠天例会でした。
FS60CB.jpg
14時からの開始なのですが、諸々あって、14時過ぎに自宅を出発。
うちからは20分ほどのところなので、14時半には例会に参加できました。
GENTAさんがいれば、前回、気田モツで預かった入れ物をお返ししたいと思っていたのですが、、、残念ながら不参加。
Onoさん、タシロさん、ミュートンさん、I先生がいらっしゃいました。
Onoさんの画像データで、プリントでは赤浮きが目立ったことから、カラーの色抜きをPsで行う方法をレクチャーしたりしました。
ステライメージだけではダメかな?ということで、ステライメージでもLRGB法を応用すればできますよ、というお話はしましたが、実践した方が良かったかなあ?
ミュートンさんからはメーリングリストで出したら?という意見はありましたが、でも、こういう場で直接聞く方が・・と、Onoさん。
まあ、たしかにメールだとこういうのは難しいかも。。。(いや、余裕があれば丁寧に返すのですが・・)
Prominer556.jpg
こちらはI先生のプロミナー500mmF5.6FL。コンパクトでいいなぁ・・
K-Astechさんのピント微調装置も付いて完璧ですね。
そのI先生は、ST8300Mの後釜として、ASI294MC Proを導入したそうです。
ZWOのDualBandフィルターと、フィルタドロワーも導入しており、浜松駅前の光害地に住まわれていることを考えると万全の体勢です。
ST8300Mを使うよりは断然良いと思います。
タシロ大佐からは、ASI1600MM-Coolに比べると、粗いよ、とのお言葉。タシロ大佐もこの15年ほどで、自分のST7Eを譲り渡したり、メーテルさん経由GENTAさん経由で、BJ-41Lを使われていたりして、その後、後継として、ASI1600MM-Coolをお使いなのですが、BJ-41Lが感度面、切れ味で優れていたと仰っていました。
自分のSXV-H9もそうでしたが、ICX285ALって、なんだかんだで、超天体写真向きでしたね。
画素ピッチが非常に日本のシーイングや望遠鏡のF値とマッチしたこともあって、その後買われたASI1600MM-Coolについてはタシロさんの評価は高くはない。MT250をお使いですので、F値と若干ミスマッチはあるのだと思います。
また、精細さではASI294MC Proより上と仰っておられ、評価は極めて正しいのではないかと思いました。
やはりベテランの方が見る目は極めて確かです。
QHY268Mも、ASI1600MM-Coolよりは確実に上ですが、BJ-41L/SXV-H9より上か?と言われると・・・強い確信を持って、勧めるのは難しいかなぁ・・
近いところには行くとは思うんですが、、、超える確信はないんだよなぁ、、。
I先生からは、未だに20年前のカメラが良いのか?と言われましたが、ST8300Mはもとより、ASI1600MM-Coolよりも良いと言えます。
いや、ICX285ALは今、見てもやっぱりいいですよ。アマチュア天文用センサとしては・・。
もちろん、組み合わせる望遠鏡次第、ですけどね。

ミュートンさんは、本業のスキルを磨くのと忙しいので、星はなかなか出来ていないというお話を伺ったり、写真展には出してよ、とI先生がお話したり。
M-GEN最新版はスゴイよ、とか、Canonの画像で縦縞が出るんだけど、対策方法は?とか、レナード彗星は楽しめた、御前崎にいい撮影場所あるよ、などなど、画像や作例をもとにしていろいろと話をしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
少し早めに16時半過ぎに閉会しましたが、やっぱり天文談義は楽しいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

仕事でした

金曜日は休みで起きたのは8時半頃でしたが、我が家では雪の名残りすらありませんでした。同じ市内でも降ったところと降らなかった所があったのかも??
昨日は仕事で例会に行けませんでした。
ここ数回欠席で、すみません。

Re: 仕事でした

>GENTAさん、こんばんわ。
今朝も吹雪いていましたが、今回は浜松の方がひどかった。金曜日は、磐田側の方がひどかったし、局所的に結構差があるかもしれませんね。

例会、僕も昨年はほとんど出られませんでした。
今年はなるべく(忘れずに ^^;)出ようと思っています。

No title

こんにちは、
これはきれいな幻日ですね。いいなあ。右側には幻日環の一部が見えているようです。
色なしの幻日はそんなに珍しいものでもないようですが虹色がかったものは頻度は低めです。

Re: No title

>YAMASHITAさん、こんばんわ。
幻日というのですね 〆(._.)メモメモ
浜松に来てからは、夕方も朝も色付きのものを良くみます。朝の方は、冬が多い・・のは、単に出社時によく見てるからかな(汗)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ