FC2ブログ

記事一覧

ごみ問題

今日は雨模様。
AM中に予定していたことが見送りになったので、懸案事項だった機材メンテを少し行いました。
まずは、CCDカメラの清掃です。
ST8XMEの前回撮影のフラット

いやー、ゴミだらけですね (^^ゞ
で、でも、言い訳させて貰えればですね、ボクのST8XMEは中古で買ったのですが、前ユーザさんが外してはいけないネジを外していて、CCDチャンバの中と外気がツーツーだったんですよ(多分、結露してまともに使えてなかったと思われマス)、で、細かいゴミがCCDに入り込んでいたというところでしょう。黒い小さなワッカがCCD上のゴミです。大きくぼやけているのはフィルターか、ガラスウィンドウのゴミです。
さすがにこれだけ汚れているので、清掃をしなくては・・と前々から思ってはいたのですが・・・
やっと実行しました (^^ゞ
 
ついでに、タシロ大佐にお譲りしたST7MEなのですが、半年ほどで故障してしまいました。今更ST7MEを修理しても仕方ないと思いますので・・とりあえずGENTAさんのBJ-41Lを買取るまで、ST402MEをお貸しすることにし、壊れたST7MEは予備パーツとして引き取ってきました。
そのうち、いくつかのパーツを、生きているST7ベース機に移植して、こちらも実戦配備できるように調整します。
結局、移植したのは、マルチコートが施されたウィンドウと、ペルチェ素子。ST7に使わてるモノは、ペルチェがヘタっているのではないかと思いましたので、交換してみました。

黒い三連星
 
同じようなカメラが3台 (^^ゞ
手前が主力機ST8XME、奥のものが壊れたST7E(すでにセンサは取り除き)、真ん中のが、改造ST7です。センサはKAF1603MEですので、同じ様な性能のカメラが2台となるわけですが・・・
セルフガイドの簡便性も考えて、遠征での銀河巡りや赤外線撮影等に使っていきたいと考えています。

ST8XMEの方は主力機ですので、一応、ちゃんとゴミ取りを行います。
写真の様にカメラレンズを取り付けて、絞りをF16に設定します。
絞り込む方がゴミは濃く写るからです。
上の紙は減光用の紙切れです。
清掃方法は、人によりけりだと思いますが、ピント合わせ同様やりやすい方法で行えば良いと思います。
ボクは、レンズクリーニングペーパーを半分に切ったものを折り曲げて、エタノールを少し付けて竹ピンセットで一拭き、です。
電源は入れたままで、フェイスプレートはネジ留めせずに、レンズを載せたりどけたりして、
清掃⇒チェックを繰り返して納得がいくところまで拭きます。

右端に一つありますが・・・これくらいならまあいいかな?
うーん、でも、この感じだと絞りを絞ったつもりでいたのですが、途中であれこれやってる内に動いたかなぁ・・
F16まで絞った画象ではないような感じです(もうちょっとゴミが濃く出るかと・・)
まあ、あとは実際に撮影を行って考えてみます。
左端のナナメ縞々はMEチップ独特のもので、結構困りものです・・。

さて、清掃が終わったら、CCDチャンバを開けているので乾燥が必要です。
STシリーズには専用の乾燥剤が入れてありますが、一応これをオーブンでチンして乾燥させます。
4時間必要といわれてますが・・ボクはたいてい30分くらいしかやってないです。
その代わり、湿度が入っているのはカメラ内部なのだから、ということで、乾燥剤は入れないまま、内部基板の湿度を取るべく、ビニール袋にカメラ用乾燥剤と一緒に入れて、1日ほどおいておきます。
STシリーズ専用乾燥剤も一緒に入れておき、袋をあけないで挿し込んで完成です。(この作業は明日ですね)
 
でも、自分でCCDのゴミを取らないといけないなんて、STシリーズだけじゃないかと思います (^^ゞ
ただ、インターラインCCDカメラの機種は問題ありませんが、メカシャッター搭載機だと、擦れて金属粉がCCD上に落ちてくることもあります(構造によりけり、ですが・・・)
人気のKAF8300系カメラは、メカニカルシャッタが必要ですのでゴミ問題とは無縁ではいられません。
あまり月面等には使いたくないですね。メカシャッターの寿命縮めたり、ゴミ落ちたりしますから・・。
ただ、構造上、シャッターがCCDチャンバーの外にある場合は清掃しやすく、深刻な問題ではありません。
そういえば、ST8300Mもチャンバー外にシャッターがあるように思いました。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは、ちょっと質問なんですが、

>STシリーズには専用の乾燥剤が入れてありますが、一応これを
>オーブンでチンして乾燥させます。
>4時間必要といわれてますが・・ボクはたいてい30分くらいし
>かやってないです。

オーブンとは、オーブントースター(パンを焼くやつ)を指しますか?それとも電子レンジを指すのでしょうか。

もう一つですが、4時間必要、というのはどういうことでしょうか?
つまり、4時間ずっとオーブンに入れっぱなしということでしょうか。

宜しくお願いします。

No title

よっちゃん、こんばんわ。
オーブンは、ボクは、電子レンジのオーブン機能を使ってチンさせています。
4時間必要というのは文字通り、ホントに4時間オーブンで焼くのだそうで、それでオーブンが壊れたとかいう記事もどっかで見ました。
FLIほど密閉度が高ければこんな苦労は無いんですけど、ね・・
STLも多少は良くなっているようですが、STシリーズはダメですねぇ・・

No title

いやあこんな精密機械をオーブンレンジでチンする荒業があるんですね。
水分が残っていたら大変なことになりませんか?
私のような小心者にはとても怖くてデキマセン(^^ヾ

No title

シュミットさん、こんばんわ~
いやいやいや、さすがにカメラまるごとはチンしないですよー。
乾燥剤が詰まっているケースをオーブンにかけるんですよ。
で、本体側はビニール袋とカメラ用強力乾燥剤で内部をしっかりと乾燥させてるという感じです~

No title

いづれは欲しいですね~
取りあえずはオートガイダーが先ですけどね…

なんか斜めの縞模様は嫌ですね~干渉波みたいなものでしょうか??
ぽち

No title

UTOさん おはようございます♪

メンテナンスお疲れさまです☆
「ごみ問題」、、、手ごわそうなゴミですね☆
お手入れガンバ♪です・・・・・☆!!!

No title

STシリーズの気密性って固体で違いますよね。
ST8300を開けて思ったのですが、パッキンのゴム輪が偏ってつけて
ありました。これがたぶん早期に結露した原因だろうと思います。
初期のCANでSBIGカメラの乾燥剤の焼きいれの話が出ましたよね。
なんか懐かしいなぁ。

No title

ああっジェットストリームアタックだぁっ
1台やられてしまったのは、やはりアムロに踏まれたからでしょうか…
…一応振られておきます(^^;;

冷却CCDはやはり結露対策がしっかりしてないとダメなんですね。うらやましいけど、やっぱり一眼レフが手軽でいいよぉ。

No title

ぽるこ・びあんこさん、こんばんわ。
そうですね~、まずはオートガイダーですね!
でも、オートガイダーに冷却CCDタイプを考えてみてはどうでしょうか?Atik16ICとか。画素数は少ないですが、手軽にCCD撮影を体験できますから、将来的に・・と考える場合にはオススメかもです。

ナナメ縞々、鋭いです。かまぼこ型のマイクロレンズがCCDの画素の縦に1列ずつおかれているのですが、各画素にマイクロレンズではなく端折ってかまぼこ型レンズを並べているだけなので、ここの精度とあとは端にいくほど光がナナメ入射するからでしょうか。どうもモアレが出るみたいです。

No title

ろざりおさん、こんばんわ。
ゴミはやっかいです。CCDカメラの乾燥に昔はゴミ袋に入れてやってましたが、これはごみじゃないですよ~ (^^ゞ

No title

ふにゃ太郎さん、こんばんわ。
面白いことに機密性だけではなくて、この3つの機体、内部のパーツも結構違っていそうです。ガイドチップはST7ではラッピングワイヤーで配線してありましたが、ST7Eではフレキになって改良されています。温度センサの位置も、ST7Eではペルチェ素子の真上において、温度測定精度を向上させている・・・というか、見た目の温度が低く出る様にしたんでしょうね (^^ゞ
ST8XMEではUSB化等が大きいのでしょうが基板がさらに1枚追加になっていて、少しずつ変更されていっているみたいです。
ゴムパッキン。これ結構クセモノですよね、、フェイスプレートに薄くシリコングリスを塗ってあげると油膜が出来てさらに密閉度は向上するかも?です。以前の改良時には毎回塗ってたんですが、今回はまあいいか・・とそこまでやりませんでしたが・・・。

No title

玄さん、ツッコミありがと~ (^^ゞ
で、でも、その理論でいくと、結局3台とも撃墜されちゃうんですがぁ~ σ( ̄◇ ̄;)

一眼レフはホント手軽で高性能でいいですねー。
オールインワン、カメラ単体で撮影もできるところがホント便利でいいです。

No title

UTOさんのST8XMEのフラットにシマシマがハッキリでるんですね(^^;;私のG2-1600とはちょっとシマシマの出方が違う感じですが、UTOさんのところでも出ているのがわかってちょっと安心(?)しました。このチップだとなぜ出るんでしょうかね~謎です。F値とか関係あるんでしょうか。確かに困りものです(^^;

No title

PENTAX イメージセンサークリーニングキットを使っています。やりだすときりが無いですね。何回やっても完全にはなくならないですし、フラットで消えると分かっていても何か納得できないですね。
STLシリーズはCCDチャンバーがフィルターとかシャッターとかとは別の部屋になっているので問題ないと言うか、さわることも無いです。

No title

ひろしさん、こんばんわ。
ナナメ縞々は、CCD上のかまぼこ型のマイクロレンズが犯人だと思います。
MEチップだとしょうがないかも、です。KAF402MEでも出ます(CCDママさんとか)
そういえば、ST10XMEだとどうなんでしょうね・・?
F値と焦点距離は関係してくるかも。ナナメ入射が強くなるとでやすいのではないかと想像しています。

No title

やまちゃん、こんばんわ。
ゴミはホントそうですよねー。まだセンサが小さいST8XMEクラスなら、頑張ればゴミゼロにもできるんですけど、、、ちょっと気合足りてませんでした (^^ゞ
STLもシャッターは外ですか~。それなら安心ですね~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ