FC2ブログ

記事一覧

ホームページ更新

久々にホームページを更新しました。


http://oozoradigital.web.fc2.com/index.htm

うーん、本当はもう少しきちんと作り直したいのですが、なかなか・・・です。
私の愛機の望遠鏡の欄も少し整備はしたのですが、もう少し各機材の特徴とかについても書きたいなぁとは思っています。
あとは、ブログで公開した内容も、たいてい加筆修正を加えていたのですが、今回、横着してそのままブログへ直リンにしちゃったものも・・・
でも、こうやって整理しておくだけでも、また少しは違ってきますかね・・?

ムービーアルバムも大昔の旧いタグ(IE2.0くらいの頃のタグ)で作成しているので、造り直さないと全然ダメなんですが・・・またそのうちに・・(^^ゞ

やっぱり、もう少しきちんと作りたいんですけどね~



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

utoさん、こんにちは
近畿も今日梅雨入りですね。
もうじきこちらもそちらも梅雨入りでしょう。

ブログよりもサイトは自分で作る部分が多いので大変ですよね。
私も何でこんな事やっているんだろうなぁと思う事が良くあります。
まぁでもこうやって外界?の方と繋がりを持てるのは素晴らしい事ではありますが。

No title

UtoさんのHPは勉強のネタにさせていただいてますので、更新されると凄く嬉しいです。CCDの憂鬱がもっとも勉強になるところです。
今回画像も一気にアップされましたね。撮影日が入っていない画像があるので、入れていただくとより楽しいです。
ところで、天王星の撮影日が2011.08.28となってますが、タイプミスですか?それともタイムマシーンに乗ってみたとか。。。。

No title

UTOさん こんばんわ

天体写真が見たくなった時は、いつもHPにおじゃましてます♪
雨が続いても、星に逢える場所をありがとうございます☆

やっぱり天文部の部長さんだっただけあって
プロですね

また見に行きます♪
M51がどーんと、、、大画面でさらに綺麗に見えてます
ぽちりん♪

No title

メーテルさん、こんばんわ。
うぅ、とうとう近畿まで・・!!
こうなれば早めの梅雨明けを期待するしかないですね~
しっかし、昨年は梅雨明け以降は散々だったような・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ

ブログは、日記の要素が大きいので後で調べる時に大変なんですよね、、ホームページ形式は作るときは手間なンですが、うまくまとめておけば、見やすいので、それぞれ使い分けていきたいなーと思っています。
それにしても、2年で6000人程度なのはちょっと寂しいですねぇ・・ (´Д`。)グスン

No title

Eagleさん、こんばんわ。
そうなんですよねー。彗星や惑星は、時間も大事な要素と思っていたのですが、星雲・星団も、画象処理技術の向上などで、結構撮影日時も大きな判断要素になってきつつありますね・・・
うーん、数を考えるとなかなかそこまで手が回らないかも・・ですが、今後はたしかに考えた方がいいのかも・・・
貴重なご意見、ありがとうございます。
同じ同好会のI先生からも、撮影地と日時の記載をすべきと言われましたし・・・

No title

ろざりおさん、こんばんわ。
いやー、HPまで見ていただいてありがとうございます。
1日5人程度の弱小HPですが、今後ともよろしく。

うーん、天文部の部長・・割と・・・黒歴史かな~ ~(=^‥^A アセアセ・・・
まあ財産だとは思ってますケド・・。

No title

こんばんはー^^

確かにこっちのブログにリンクしてるのありましたね(笑。
戻ってきてしまいました^^
でもここにある記事、立派なものだし全然オッケーですよ☆

ブックマークしました^^
たまに覗いてみますね☆

ポチです☆

No title

utoさん、こんにちは
入荷したとの連絡があり、今決済完了です。
多分10日後近辺に国内着です。
日本に着くのは比較的早いのですがそれからがとても遅いです。
国内輸送、通関、配達と。

No title

うなさん、こんにちは。
そっかー、別のウィンドウで開く設定にした方がいいかなぁ~
また今度直してみます。

ブックマークありがとうございます。

No title

おぉ・・こないだの問い合わせから考えると思ったよりずっと早かったですね~
まあ、このお天気ですから、ゆっくりと待つことにします~

No title

こんばんは~。

HPもやられているのですね。ついつい"大宇宙"読んでしまいました^^。
皆さんとても高校生とは思えないほどの行動力ですね。やっぱ若いって良いなぁ~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ