FC2ブログ

記事一覧

とも座の散光星雲NGC2467


冬の終盤を飾るRedNebulaの一つといってもいいでしょう。
とも座にあるNGC2467です。
冬の天の川の東岸ともなると、ガム星雲や、ペンシル星雲をはじめ、どうしても南に低くなってしまいますが、
この星雲もやや南に低いところにあるものの、撮影が苦しい・・という程ではありません。
ただ、視直径が小さいので、デジタル一眼で狙う場合には、ちょっと小さすぎて面白みに欠ける天体でしょうね。
先日のダック星雲ともども、どちらかといえば、冷却CCD向きの散光星雲です。


とも座の散光星雲NGC2467 望遠鏡:イプシロン200 冷却CCDカメラ:ST8XME

えーっと・・確かに赤一辺倒の星雲ではないのですが・・・
何か間違ったみたい・・?ちょっと色合いがアヤシイ・・(^^ゞ G,B画像に間違ってR画像も混入してしまったかな・・なんとも妙な色合いになってしまいました。
画面真ん中下の輝星も異様に紅いので、なにかが間違ってるのは確かなんですが・・・ 謎 (?o?)

ただ、大マゼラン星雲の中にある散光星雲とかはOⅢ輝線が強めで、こういう色彩の画像も良くみます。
これはこれで、綺麗な気もするし、とりあえずヨシとしておきましょう。
以前に撮影した時のものはこちら。

この天体、小さいながらも、OⅢ輝線が割と強そうですので、望遠鏡で眼視では割と良く見えると思います。
低空まで空が澄んでいる晩にはぜひ探してみてください。
双眼鏡だと大きさがちょっと小さいからか?一応、愛用のnBino10×60で探してみましたが、イマイチ見つけられませんでした。
場所をしっかりと把握して探せば、双眼鏡でも見える気はします・・。


ダック星雲 再処理版

さて、先日のダック星雲の再処理版です。
普段どおりに処理したものに、先日の結果も上乗せしています(具体的にはレイヤーの合成割合変えて中庸の画像をつくっただけ~ ^^;)
淡い部分の描出はこちらの方がマシになってますが、う~ん、やっぱり、最後は好みのところに落としこむので、どうしても、似通った様な画像になっちゃいますね~
まあ仕方ないかなぁ・・。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん こんにちわ

ダック星雲の星が昨日よりキラキラに輝いてます
朝靄のようなガス?が広がって?右の蒼い星のヒカリが
柔らかくなって、星雲が引き立ってきたように見えるのですが。。。┣¨‡┣¨‡
トリミングって前記事で書き込みしちゃいましたが、、こうしてみると画面いっぱいに表現されているのかな、、、と素人なりに考えてみました☆
小さすぎず、大きすぎない星はUTOさんならではでしょうか
難しい領域だから???
HPのお写真から、まばゆく降り注ぐ星のヒカリを見ていると、
暗ーーーいところで、星のヒカリだけを浴びてみたい気になります
v(〃☯‿☯〃)vぽちです

No title

良く見ると上の絵文字カワイイですね

「こらこらお茶碗、叩くもんじゃないわよ」と言いたくなる
キュートさですね

No title

NGC2467は一度撮影トライして、高度が低すぎて自宅からの撮影では討ち死にした記憶があります。たしか赤一辺倒のだったような気がします。。。。

No title

いやほんと、こういう画像を見せられると早く冷却の世界に行かなくっちゃって気になりますね。
私もデジイチで狙ったことがありますが、焦点距離が短いせいもあって全然面白い絵が撮れませんでした。

No title

早くガイダーとCCD試したいんですが~
(まだ試してなかったので(^^ゞ)
教習所通いと梅雨&社内研修でご無沙汰です^^;
落ち着いてきたので、次の休み晴れると良いなぁ…P

No title

ろざりおさん、こんにちは。
2467の方は前回撮影時の方が圧倒的によかったですよね。
ダック星雲は・・そうですね、星はどうしても飛ばさないと荒がみえてしまうカメラですので明るめにしてしまう方がまだマシかなぁ。
いいご意見ありがとうございます。

No title

Eagleさん、こんにちは。
いやあ、この星雲、ちゃんとB,Gにも写ってくるので赤一辺倒ではないのは間違いないところなんですが、でも、いくらなんでもこれはオカシイですよね~ (^^ゞ
何か根本的に間違ってるんだと思いますが、まあ、また来年にでも狙ってみます・・
結構、低空なので、光害がきついと大変ですよね。
でも、FC-50でHαを付けて相模原で写したら思ったよりもよかったですよ。ぜひ、Hαも絡めて狙ってみてください。

No title

シュミットさん、こんにちは~。
おぉ!冷やしの世界に来ちゃいますか!?
コストパフォーマンスが高いカメラも増えてきたことですし、ぜひ!いらっしゃい!!
デジイチだと面積が広すぎてちょっとこの被写体は小さすぎるんですよね・・・2467はM93と同視野に写すことも可能ですが、それはそれでインパクトがやや弱いですし・・

No title

ぽるこ・びあんこさん、こんにちは。
このお天気ですしね~
仕方ないですよー。
早く梅雨明けして撮影チャンスがくるといいですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ