FC2ブログ

記事一覧

ぼうら屋遠征 6/28

朝から良い天気だった。
九州南部は梅雨明けだとか。
この調子でこちらも早く梅雨明けしてくれるとありがたいですね。

さて・・とりあえず18時半まで仕事を行ってから帰宅。
今の時期だとまだまだ日があるんですよね、この時期。
北西に沈む夕日の光はやや鈍い・・
でも、晴れてはいそう。

帰宅後、夕食をとって、すぐに準備開始。
やはり久々なので手間どるッ・・!
フィルターどこだっけ、あれ~Tリングどこ~!!
と、バタバタ。
使う望遠鏡はイプシロン200とカメラはST8XMEでセルフガイドで行う。
久々なので、2式目はどうするか・・悩んだが、えどQのテストもやっておきたい。
ST8300Mを積みこんで、SE赤道儀も車に乗せる。
出発時間は20時45分。予定していたよりは遅くなったけれど・・・いざ出発!

外気温は磐田市内で30度だったが、ぼうら屋さんの近くに来ると25度まで落ちてきた。湿度は・・高そう・・
さて、ぼうら屋さんに到着。
駐車場、ちょっと雑草で荒れてるなァ・・・
お気に入りの場所は、ちょっと下草が生い茂っているので、入り口よりにセッティングするしかないか・・。
さすがに、疲れを感じますが、なにしろ久々の星空です。
少し眺めてから・・・っと。
あっ!双眼鏡持ってくるつもりでいてすっかり忘れてましたッ (^^ゞ
ありゃりゃ。ま、いいか (^^ゞ
少し肉眼で空を眺めます。

EOS40D EF-S18-55mmF3.5開放 露出30秒@ISO1600

うーん・・やはりモヤがあるのか、イマイチ空はよろしくない。
アンタレスは良く見えているが、それよりも低い位置は水蒸気のせいか全然見えが悪い・・
何はともあれ、組み立てるか・・・とイプシロン200を組み立てます。

Pyxisが1ヶ月近く使ってなかったせいか?時刻がリセットされていたり、ちょっと手間取りましたが、なんとか22時半には撮影開始できました。
さすがに疲れを感じたのと、空がイマイチなので、2式目は、まあ、いいかなぁ~なんて思ったりもしましたが、1台目の画像が無事転送されてくると、気分も楽になり、
また、空も少しずつ回復してきた様子。


EOS40D EF-S18-55mmF3.5開放 露出30秒@ISO1600

はくちょう座付近の天の川が綺麗です。ちょっと動かしたときにピントずれてしまいましたが・・orz
七夕のおりひめ星と彦星、その2つを分つ天の川もバッチリ綺麗にみえています。
こうなってくれば、せっかく持ってきたんだし・・と2台目もセッティング開始。

ところが、ですね・・・
SE赤道儀組み立てて、えどQのっけて、さぁカメラを、と思ったら、
げ、、ST8300Mの電源ケーブル・・あれっ、玄関には出した気がしたんだけど、
ないッ。Σ(゚д゚lll)ガーン
あちゃあ、せっかく組み立てたのに・・
EOS40Dで撮影も出来なくはないけれど、、うーん、リモコン、持ってきてないんだよね、、、カメラバッグに入ってなかったのは分かってたんだけど、まあ、なくてもいいやって来ちゃったので・・
でも、まぁPCから制御できる筈・・miniUSBケーブルは工具箱に常備しているし。
と、セッティングを続けることにしました。
DSI ProをASCOM制御で動作させる・・・PHDでキャリブレーションがほとんど動かない・・
そういえば、設定を換えなければダメだったっけ・・と、CalibrationStepを大き目にPHDの設定を変更。
よし、動いた・・!
自動導入は・・まあ、今回、結局デジカメだし無しでいーやと、目視でM8,M20を導入。
ピントも出して、あとはPCからEOS40Dを制御させるだけ・・・
ところが、EOS40D,認識はしてくれるんですが・・・マキシからConnectできない・・!
Canon制御ソフトはいれてないんだよね、、ドライバはいれてあるみたいなのですが・・・
う、この状態でも前は動かせた記憶があるけれど、、動かした実績があるのは、PCがSotecのWinBookではなく、EeePCの方だったか・・・持ってくるPC誤った・・orz

それでも、ST8XMEを制御しているEndeavor NT5000なら動くだろうと、USB延長ケーブルを使って差し込んだのですが・・・げげ、これまで動作していたST8XMEまでフリーズ Σ(゚д゚lll)ガーン
をいをいをい!カンベンしてくれよォ~と、再度St8XME側をセッティングしなおすはめに・・
通信が上手くいかないようなので、一旦、USBを外してみたものの、認識せず。
やむなく、一旦、電源OFF,再度ON、こうすると仮に温度制御が生きていても再度、一から冷やしなおしになってしまいますが、仕方が無い・・
これでもダメで、ドライバが壊れていた場合はHDDにSBIGドライバはいれてある(ちなみにもちろん、EOS40Dのも元ファイルをHDDにいれてはある・・今回、ダメでしたケド・・)ので、そこからドライバを再インストールすれば動くだろう・・・と考えてましたが、そこまでする必要はなく、無事、認識。

冷却温度制御も生きていたみたいで、一応まだ-5度程の温度でしたので、-10度に設定し、少し時間をおいて-15度に設定。一気に冷やすと結露しますからね、ここは慌てずに確実に、っと。

そのあいだにM20はとっくに子午線を超えてしまいましたので、やむなく西向きで入れ直し、再度キャリブレーション、撮影開始・・!
と、余計な手間はかかってしまいましたが、St8XME側はなんとか撮影継続できました。

さて・・SE赤道儀側はもうコレいいや、、って感じですが、、、
とりあえず、シャッター手押し、30秒露出で適当に数コマ撮らせました。
機材は、かわうさん命名、えどQこと、AT65EDQ。
これにてレビューのペッツヴァール用レデューサを入れます。
EOS40Dと普通のTリング接続ではピントがあと1歩で来ませんでしたから、Keilibraさんに購入していただいた薄型Tリングで接続。
レデューサとのバックフォーカスは当然、全然とれませんので、所定の縮小率は得られないだろうと考えていましたが・・・意外と縮小されているみたい?

望遠鏡:AstroTech AT65EDQ カメラ:EOS40D(未改造) 30秒露出×4コマ@ISO1600

この縮小した画像からも、ややわかるかとは思いますが、周辺星像はやや崩れ気味。
若干、ステアリング不良な感じはありますけどね。下の方が星像が悪いですから・・・2インチねじ込み2点固定ではやはり、キビシイものがあるかなぁ・・

それでも周辺像については、国際光器での作例から考えると、これはこの望遠鏡のもともとの実力かもしれません。レデューサで視野が広がった分、悪い星像も拾ってきたというところで、逆に考えれば、直焦点でもフルサイズはかなり周辺像が悪くなってる可能性が高い気がします。
レベルが高いみなさんなら、確実にダメ出しすると思われるくらいで、ボクでも、少し苦しいレベルかな・・・。

ST8300MとはAstroのフィルタBOXを使うことで、ギリギリピントがくるか来ないか?というところでしたので、今回はできればそこまでチェックできればよかったのですけど、ね。
まあ、また次に!ピンが来なければ来ないで直焦点で撮ればいいですしね。

タムロン328の画像を基準にして測定してみると約350mmになってるみたいです。口径65mmですから、F5.38。ちょうど使いやすいところです。
ISO1600 30秒4コマで写したことから考えると割と良く写るなぁ~という印象です。
あとはST8300MにNPR1073を介して接続した時に果たしてピントがくるかどうか?ですね。Tリングの厚み+デジカメバックフォーカスの長さを考えれば、AstroフィルタBOXで直付けすれば、まだ数mmは短い筈。フランジバックが合ってないという問題はとりあえず置いておいて(汗)、ピントは来そうな気もするのですが・・・
性能も今回の様子を見る限り、このレデューサに関してはさほどバックフォーカスは問われない気がしますし・・

そうそう、眼視で、アンタレスとM8を見ましたが、さすがにSDアポ(S-FPL53採用機)+EDふらっとなーの威力で色収差もなく、アンタレスの色彩が非常に美しく見えました。コントラストも高いみたい。
M8も口径65mmしかない割に良く見えました。
アイピースはいつだったかのケーニヒ16mm。屈折望遠鏡とは相性がいいみたいです、ケーニヒ。
と、まあ、天体観測というか、天体観望を軽くこなして、時刻も25時を回りましたし、SE赤道儀も明るくなってから片付けることにして、車内で仮眠をとることにしました。
イプシロン200側も西向きにしたことだし、そのまま放置。
それにしても・・・湿度が高く、機材がびしょ濡れ・・

ぼうら屋さんとカシオペア座 

2時半に一度目が覚めたときに、ダークを撮らせて、3時40分ころに起床。
睡眠はさすがにぐっすりとはいきませんが、そこそこ睡眠時間は確保できたかな。
さすがにこの時期、4時前だとだいぶ明るくなりますね。
空は相変わらず低空はモヤで霞んでいましたが、2時過ぎくらいから、湿度が急激に下がってきたみたいで、夜明け前はかなり乾燥した雰囲気になってました。
イプシロン鏡筒が夜半過ぎはかなりびっしょりと濡れていたのですが(ミラーは大丈夫でした)すっかりと乾いていました。

フラットをゴミ袋で撮影させて、撤収開始。
4時30分、ぼうら屋を後にしました。

トラブルはあって、思う様には撮れませんでしたが、でも、ぼうずではないですし、久々に撮影・天体観望を満喫できたことですし、ヨシとしましょう。

さーて、今晩も晴れそう・・?どうするかなぁ・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

平日に遠征し、いろんなトラブルがあっても平然と乗り越るUTOさんは、凄いとしか言いようがありませんね~♪しかも二台体制とは驚きです。こちらもGPVとは違って夜まで晴れましたが、結局土星を撮るのが精一杯でした。どんな作品が撮れたのか楽しみにしています

No title

昨晩は久しぶりに晴れて良かったですね~
イプでは何を撮影されたのか楽しみです。
私も夜中に無理やり天城まで遠征しましたが、ほんと行って良かったって天気でした。
実質撮影時間は2時間もなかったですけど、久々に綺麗な天の川を堪能しましたよ。

No title

UTOさん こんばんは✰

天の川に夏の大三角見せていただいて
ありがとうございます
高知はこれに南十字星まで見えました…スクリーンで(笑)

忘れものの王様ですね
ワタシも人の事は言えませんが
いつも本当によく乗り切っておられますね(๑◕ㅂ▰)ノ゙

高知は今日も曇り。。。数日前に一度星が撮れたきりです
これを。。。*一夜星*いちやぼし。。。と言います

┣¨‡┣¨‡、、、座布団✽・゚+ლ(╹◡╹ლ).。.:✽・゚+待ってマス
ぽち。

No title

ご無沙汰しています^^;。

冬のキンキラキンの星空もいいですが、夏のちょっとぼやっとした星空もいいですね。
でもこの気象条件の中こんなに綺麗に撮るなんて流石だと思います。
カシオペアには癒されました^^。

No title

久々の遠征ですね。文章に臨場感を感じます。
いつも読んでいて、実際のその場所にいるような錯覚を受けますよ。
65EDQの周辺増の崩れは、スケアリングのせいの様に感じます。素性はいいのではないでしょうか。

僕も先日久々に写真を撮りましたが、あとB一枚が撮れてないんですよ。
でも、久々に撮影したという満足感はありました。

No title

当然出撃されていたと思ってましたが、ちょっといつもよりトラブルが多いようで残念ですね。でもいつものことながら臨機応変の対応が凄いですね。
今回は、観望も楽しまれて江戸Qデビュー成功ですね。

No title

シュミットさん、こんにちは~。
今回は、久々の遠征でバタバタしちゃいました。
結局2式目も出しただけで終わってしまったようなものでしたが、でも、EDQのチェックができたのはよかったかな。

No title

adonoanさん、こんにちは。
久々のいい天気でしたよね~。
あ、撮影したのはM20なんです。
思った以上にブルーミングがひどくって・・ダメかも・・(´ε`;)ウーン…
でも撮りたい対象でしたしね~
まあ、後日処理してみます。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
そちらは曇りでしたかー。
南十字星、でも、実際に高知からなら、一番北のガンマ星は実際見えると思いましたよ。
もっとも、相当低空まで澄んだ時でないと無理でしょうから・・難物なのは間違いないですが、、
うーん、一夜星・・・イマイチ・・? (゜.゜;

No title

apogon2さん、こんにちは。こちらこそご無沙汰しています m(__)m
そうですね、真冬の煌く星々も綺麗ですが、夏は天の川が見えますから、また違った面白さがありますね~

No title

こんにちわ☆

夏の大三角を見ると、夏が来たって思います♪

毎日暑いですが、夜空を見るとクールダウンして
心地良いですね゚・:*:・。

写真見ていると、涼しくなります(o^-^o)♪

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
久々の遠征でした~
ありゃりゃ、撮影、B画像だけ撮れず、でしょうか?でもそちらは梅雨明けの様ですし、これからまだまだ撮影できるチャンスはありそうですね!
スケアリング不良も確かにあるのですが、でも画像上も放射状に崩れてますからね・・レデューサのバックフォーカスが全然とれてないせいか、KKのHPの画像から拝見してもこんなものなのかな、という印象ですね~
今後、もう少し使ってみたらはっきりすると思いますが、でも、やはり2インチスリーブに挿し込むだけだと片ボケすることが多くなりそうです・・

No title

Eagleさん、こんにちは。
いやー・・やはり、遠征はバックアップ体制を確実にしないとダメですねー。今回、せっかく組み立てたSE赤道儀側は、リハビリテストしかできませんでした・・。
どうせなら、ちゃんとガイド撮影したかったですねぇ・・
あーあ、行く時に少し探してリモコンだけ持って行っておけば、と反省です・・・。

No title

ななこさん、こんにちは。
夏の大三角、そろそろ七夕ですしね~
でも、目で見たときはもっともっと綺麗ですよ、天の川。

少しは涼しくなりました?そういっていただけると嬉しいなぁ~

No title

えどQ君、こんなものなのでしょうか……レデューサのバックフォーカスを合わせた状態だとどうなるのかなあと思ってしまいます。
ここはやっぱりソードオフですよソードオフ(笑)

No title

かわうさん、こんにちは。
直焦点ならもう少しいいとは思いますが、多分、フルサイズはダメじゃないかなーって気がします。
このレデューサ、素直に入力光学系の周辺星像をまんまもってくる感じなので・・。

レデューサはST8300Mならもう少し規定値に近いところで使えるので、そこでどうなるか楽しみです。・・って、それ以前にピントがくるかどうかが問題ですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ