FC2ブログ

記事一覧

馬頭星雲

昨年末に撮影はしていたのですが、
miniBORGをファインダー脚に入れて撮影してた時のでしたので、ガイドエラー等もあるだろうと、
結構放置してました。

今回、遠天写真展の為に、途中まで処理していたのを、仕立て上げてみましたが、どうでしょうか?
3晩くらいかけて露出をかけてますが、
使ってるのは、
Hα=10分×16
L=7分×13
R=5分×8
G=5分×4
B=5分×10
といったところみたい。
露出の割には・・・と思わないではないですが、でも、ボクだとこれくらいが限界だなぁ・・
散光星雲のカラー合成はニガテ・・・。
 
あ、機材ですが、イプシロン200(新型補正レンズ)、冷却CCDカメラ、SXV-H9です。
 
さて、と、写真展用の説明文を書かなければ・・。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

大作だと思います 写真展では勿体無いので、
天ガに出してみては
いかがでしょうか
私は写真展の準備終わりましたよ。

No title

遠天の写真展はすごい画像が集まりそうですね。
ちょっと遠いけど、見に行きたくなってきましたが、天気しだいかなぁ。

No title

ミューさん、こんばんわ。
いやあ、時期が合っていたら、他のと合わせて、どれか拾って!!
路線で出してもいいけど、勝算が無い戦いはしません、、、

No title

Eagleさん、遠天はいつのまにか凄くレヴェルが高い作品が集まる用になったんですよ。
星景写真は、大ベテランの星の彩の方でしょ、
http://space.geocities.jp/hoshinoirodori/
あと天文雑誌に良く浜名湖八景をテーマで入選されてる方、あとはいまは浜松にはいないのですが、毎年わざわざこちらに来てくれて出品してくれる星景写真常連のYさん、Iさんもたまにしか送らないですが、確実に入選をしとめてると思われる程、すばらしいセンスの持ち主です。
星雲・星団は、RedNebula,GENTAさん、天文雑誌常連のエリーさん、国内で撮影した?ウソでしょォ!?と思えるスーパー解像力の作品を生み出す努力家、Mikaさん。
惑星写真はミューさん、太陽写真も見応えがあるのが出てくると思いますよ(って焼津の御大と松やん、今回出品してましたっけ・・?)
ものすごく見応えがある天体写真展だと思いますよ。
遠方からでも来る価値は大きいのではないかと思います。
また後日、案内をアップしますので、みなさん、ぜひどうぞ。

No title

続きです。

星景から、星雲星団、惑星、太陽までベテランが揃ってますから、見応えがあるかなと思います。

特に解説文の、作者より・・という欄には苦労話や、作品の意図等も記述してる方もおられますので参考になること請け合いです。
また、当番があえば、作品について作者から生の情報も聞けますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ