FC2ブログ

記事一覧

遠州天体写真愛好会 web写真展

 
今年開催された写真展のWeb版です。
ぜひご覧くださいませ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん こんにちわ

WEB写真展待ってました☆
どれもとても綺麗ですが、GENTAさまの写真の透明感は特に凄いと思いました☆6位の星雲も綺麗でした☆
星景写真は意外と少ないんですね。
1票入れるなら、やっぱり102番のでんでん星雲かなぽち

No title

記事を転載させてください

いつも素敵な写真をありがとうございます☆
えっと、天の川の写真にもうるうるしてしまいました(✲✪‿✪)ノ

No title

生で見たかった写真展拝見しました。
皆さんの力作揃いで、どれもこれも傑作ですね。

UTOさん撮影の系外銀河は、立体感が本当に凄いですね。
銀河は詳細な立体構造があり、どでかい銀河が宇宙空間に存在する感覚がとても良く伝わってきて素晴らしいです。

No title

午後からゆっくりと拝見させてもらってました。
どの作品も皆さんの自信作ばかりなので素晴らしい作品ばかりですね。もっと大きな画像を・・・いや、生プリント見たくなってしまいました。
UTOさんの作品の中で「網状星雲」が眼に焼きついてしばらくは次のページに行けませんでしたよ。

No title

生で見たときの感動が蘇ります。
やっぱり素晴らしい作品ばかりで、遠天はすごいです。
生で見たときと、やっぱりちょっと違った見え方がする作品があるのは、メディアの違いのせいでしょうか。。。。

No title

写真展はいけませんでしたが、こうやってWebで掲載してもらえるととても嬉しいですね。遠天のみなさんの努力には頭が下がります。私はNGC3628にほれぼれしました。臨場感のある銀河が飲み込まれる様子に息を飲みました。
(まったく細かいことで恐縮ですが、ページタイトルが合ってないようです。)

No title

ろざりおさん、こんにちは。
おっしゃるとおり、GENTAさんの作品はとてもきれいですよねー。

星景写真はフィフティフィフティ位の割合でしたが、最近では星雲・星団作品ががんばっていて数が増えてきました。

No title

しけるさん、こんにちは。
お褒めいただいてありがとうございます m(__)m
空間も個人的には重要な要素だと考えているので、ST8XMEの1インチサイズの視野サイズだと長焦点での銀河狙いにはちょうどいいですね~
立体感も追求していきたい要素ですね。迫力ある写真が撮りたい!

No title

くっしーさん、こんにちは。
じっくりとご覧いただいてありがとうございます m(__)m

Eagleさんが書かれていますように生プリントだとまた印象がちょっと違う作品(特にデジカメや星景写真はすごく違うと思います)もありますが・・さすがにそちらから来て~とは言えませんが、やはりプリントはプリントでまたいいものですよー。

No title

Eagleさん、こんにちは。
はい、おっしゃるとおり、メディアの違い・・とりわけ画素サイズ制限の影響が大きいですね。
画素が大きいデジタル一眼レフですとその美しさやニュアンスはとてもWebでは伝えきれないと思います。
幸か不幸か、ST8XMEでは150万画素しかないので、Web画像の方がむしろ適していたりします、、(^^ゞ

No title

k51さん、こんにちは~
NGC3628,褒めていただいて嬉しいです。
僕としても、今回出した作品のうち、M51と3628が一番力入っていましたので・・撮影もさることながら(共に3日かけてます。3628はテスト撮影になってしまった日も含めれば4日かけて撮像・・)、それぞれ画像処理も3回ほどはやり直しています。
しっぽは、海外の作例を見ると、やっぱりもっと伸びているみたいです。

タイトルの件、らじゃーです。伝えておきまーす。
ご指摘ありがとうございます m(_ _)m

No title

まだ、ざっとしか見えてないのですが、すばらしいですね~。こうしてWebでも見えるようにしていただいているのがスゴイ。ありがたやありがたや…
で、瀬戸内の方がいらっしゃるのですね!母の実家の場所なので、「あっここはっ!」と思ってしまいました。空はどこかで繋がってるのかもしれません…いや、実際、繋がってるんでしょうが(^^;;
星景写真、色々工夫してちょっとチャレンジしてみたくなってしまいました。

No title

UTOさん、こんばんは。

Web写真展、拝見しました。どれも素晴らしい写真ばかりで圧倒されました。
風景(山や湖)と一緒に写っている星空は空の大きさが手に取るように分りとても美しいです。
一番のお気に入りは子持ち星雲です。いつか私たちの住む銀河も隣のアンドロメダ星雲とぶつかる時が来るとか・・ちょっと(かなり)早回しの映像を見ているようで考え深いものがありますね。

No title

玄さん、こんばんわ~
ぜひお時間があるときにでもじっくりと見てみてください。

瀬戸内の方は、西のかなたさんですねー。昨年、写真展を見に来たところをミューさんが捕獲しました(笑)
西のかなたさんの『天の南極付近』の写真は非常にシャープで見ごたえがあります。・・・残念ながら元プリントの美しさの1/10も伝えられてない感じですね、、、
エータ・カリーナから、大小マゼランまで入れた見事な超贅沢写真なのですが、Webだと小さくなる分、各星雲の主張性が弱くなるナー・・・仕方ないんですけどね、、

No title

apogon2さん、こんにちは。
見ていただいてありがとうございます!
星と風景の写真、結構いいでしょう?あれだと実は割と一般的な機材で撮影も可能なこと、仰っておられます様に、星空の大きさがわかりやすいこともあって、人気が高いんですよー。

iPhone4で写した月や土星の写真も出ています。
こういう身近なカメラで写した作例ってとても重要だと思うんですよね。来年は僕もGalaxy Sで写したのを出そうかな!? (^^ゞ

No title

今、1時間近くかけてじっくり拝見させていただきました。
天体写真だけじゃなくて、遠天の名所案内を兼ねた星景写真も雰囲気があって素晴らしいですね。
多少雲や月があってもそれを活かした作品作りが出来るんだと目から鱗です。
次回は実物をじっくり拝見させていただきたいと思います。

No title

シュミットさん、こんにちは。
じっくりと見ていただいてありがとうございます。
星景写真もいいですよね~
ボクもやってみたいと思いつつ、かなりのセンスが問われるのでなかなか・・です (^^ゞ

来年も開催されると思いますので、遠いところ、恐縮ですが、ぜひお越しください。来て損は絶対にないと思いますよ。
デジタルカメラでの作品はどれもWebで見せるのには明らかに表現不足を招いていますので、ぜひ、来年はじっくりとプリントも眺めてみてください。
生プリントで見た印象とWebとの印象の違いも楽しめます!? (^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ