FC2ブログ

記事一覧

晴れませんねぇ・・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ.

晴れませんねぇ・・

ってか、なんか、梅雨前線が降りてきてるし! (゚д゚;)
このまま、秋雨前線になっちゃったりしないでしょーね・・・ ( ̄ヘ ̄)

さすがにネタも尽きてきましたが(笑)
昔の画像を引っ張り出してきました ( ̄▽ ̄;)

イプシロン200 望遠鏡 SXV-H9冷却CCDカメラ

4年ほど前に撮影したM106です。んー・・今、再処理するともう少し良くなりそうですが・・・・
しかし、やはりイプシロン200とSXV-H9とのコンビは素晴らしいですね。イプ200の切れ味を高感度・高精細のExViewHADセンサが見事に引き出している感じがします。

こちらは、別途、Hα画像を撮影して、Hα、G,B合成をしてみました。
上の画像では見られない赤い斑点・・・HⅡ領域が出てきて面白い写真にはなりました。
ただ、美しさ・・というか、自然さ?では上の画像の方がいいですよね・・・
Hα画像では極端なためにどうしても、違和感が出てしまいます。
今なら、PhotoShopであれこれやればもっといい作画ができると思いますが、実のところ、処理の道筋がイメージできてないので、コレよりはマシにはなるでしょうが、良い作品ができるとは思えない・・・
ただ、データとしては、自分としては、これ以上のものはないという位のものを得ているとは思いますので、これを素材として、またどこかで再処理してみたいなーと思っています。
まぁ・・でも、やっぱ、M106はそろそろ撮り直したいですね~
んー・・・VISACで遠征して長時間露出すると、また面白そうな気がします。

なんだか、全然、まとまりませんが、ネタ切れということで、ご容赦を (゚ー゚;Aアセアセ
作品になるようなデータを撮影してきたいのですが、ホント、晴れてくれませんねぇ・・・


















関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

utoさん、こんにちは
梅雨は消えているので梅雨前線とは云わないとか、、、
今年の日本に夏は来ないと智恵子は云った、、、、って感じ。
今日は夕方から観望会が九重(大分)であります。
予報は完璧です、、、もう心はルンルンで雲を見ようと思います?
全く晴れ間予報が無しです。
手持ちでは無い双眼鏡って結構荷物が増えるのですね。

No title

素晴らしいですね。
星のカラーディテールが保持されている点がいいです。
普通皆バラツキ値とみなして、こすって台無しにする部分なんですが…。
特にb-が生きているのかな。本来白?であるべき星が、プリンター用紙に例えるところの紙白の漂白剤みたいにややbマイナス方向に降って青白く見えている状態でしょうか。青白といっても、ぼんやり星の径内全体が青白ではなくて突発的にぐぐっと持ち上がる印象でしょうか。この鮮度を捨てているかいないか(保持させているかどうか)で写真の印象が変わりますね。測色値的な白は人に安心感・安定感を与えますが、そればかりが能ではないという一例でしょうね。

銀河中央のディテールについては言うまでもないですが、周辺背景などはLのノイズ処理をほどほどに抑えているところが好印象です。微光星の表現も無理を感じさせず自然ですね。

No title

メーテルさん、こんにちは。
こちらも午後から雲行きが怪しくなってきました。
雲間からでも眺められるといいですね。
双眼鏡は確かに、大型のものは三脚もがっしりしたものが欲しくなりますし、少し荷物増えますね。

No title

よっちゃん、こんにちは。
いや~お褒めいただきありがとうございます!嬉しいなぁ~
どこがいいのか、しっかりと指摘してくれているところもありがたいです。
よっちゃんほど深くまで考えてやってませんが、星の色は出す方向でやっていますので、RGBも1×1で撮影して、情報は損ねない様にしています。
ただ、ST8XMEの様なNABG系では星はブルーミング除去の痕跡を隠さなければならず、どうしても犠牲になってしまいます・・・
ABG付き高感度のCCDがやはり鑑賞写真には必要だなーと感じます。

背景ノイズもあまりにやりすぎてしまうと違和感がありますものね。
ただ、最近は淡い星雲をぐっと出そうとしてうまくいってないんですよね、、星もNABGで綺麗に出せないし、NABGカメラの限界というか、使いこなせてないというか ε=( ̄。 ̄;)フゥ.

No title

UTOさん こんにちわ

一目見て綺麗だな~って思いました☆
たしかに二枚目はいつもよりケバいですが、この時期だと
ネオンテトラや電気海月、お祭りのヒカルブレスレット、、、と
いろいろ想像しちゃいました☆

一枚目は本当に綺麗だなァって素直に思います☆

でも、どんなに拡大してもどこまでもなめらかな写真に
びっくりしました。。。画像処理お疲れさまですぽち

No title

ろざりおさん、こんばんわ。
実わ、4年前に撮影したのをそのまま持ってきただけなんですよ (^^ゞ
使いやすいカメラだったので、画像処理もやりやすかったんですが、今のカメラと用途が被るので手放しちゃいました (^^ゞ

No title

KAF1603のABGを使った冷却CCDが市販されれば良いのに。Kodakのサイトには存在してる。
SBIGも他の冷却CCDメーカ1603NABGか、1602ABGの選択肢しか無いのは何故?

ところでこの件をググってたら、SBIGの内部資料が流出してるのを発見してしまった。
製品のシリアル#と検品成績の「エクセルファイル」をしれっと表示してくれちゃう
ググル先生恐るべし。エクセルで管理すんなよ、とも思うけど。気に成るバラツキは
割と良く抑えられてると思いました。

それにしても何時からなんだろう? HTMLとTXTだけでなくPDFの検索も可能に成った時も
驚いたけど、Officeファイルも検索してくれるように成ってたんだね。

No title

kobeさん、こんばんわ。
えっ、そんなものがあるんですか!
でも、9ミクロン画素だとちょっと粗めですから(長焦点には都合がいいですけど)、KAG3200MEあたりでABGがあれば良さそうですねー。


SBIG内部資料、そんなものが(笑)
ググッてみたけど、ちょっとめっかりませんでした (≧ヘ≦) ムゥ
バラつきもですが、品質もST-XMEシリーズ以降は結構よくなってきている気がしますが、どうなんだろう?

CCDといえば、KAF8300MEが人気ですが、KAI8050はあんまり採用例がありませんね。やっぱり高いんでしょうかね~
KAFよりKAIの方が宇宙線とか入らず素直な印象ですが・・感度がちとKAF8300Mと比べると悪いかな・・

No title

M106、とてもいい感じですね。
そこそこ写すのは簡単だけど、ちゃんと描写するのはめっちゃ難物ですよね。
今年の気候は、平成5年の気候と良く似ています。
平成5年の天気図を、そのまま北方向へ500kmほど移動した感じです。
あの年は、災害の担当してましたので、ひと夏中天気図見てました。

KAF8300でナローを撮影してみましたが、感度が高いことに驚きました。
TOA150、F5.5でしたが、S2もO3も結構写ります。
KAFチップに宇宙線ノイズが入るのは、マイクロレンズの構造上の問題かもしれませんね。

鏡筒とチップの相性がいいのかもしれませんが。

No title

こんにちわ☆

二枚ともキレイな色ですね゚・:*:・。
宝石みたいです(o^-^o)

うちの方も毎晩空は晴れません・・・
先日ちょっと観えて「南斗六星」らしきものが観えましたが
いて座全体は難しいですね (。-_-。)
がんばります♪

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。

M106は意外と難しい対象なんですよね~。
H5というと冷夏で作物が育たなかったとしでしたっけ。インディカ米とか輸入した年では・・うーん、あの年も晴れませんでしたよね、、、あまり天文には熱が入ってない頃だと思うので、印象は薄いですが・・・

おー、HubblePalette行ってみましたか!
ボクもモンキー星雲はST8300Mで撮影したので、F4クラス反射、F5.5屈折なら実効F値は同じ位ですから、たぶん、感触としては同じ感じでしょうね。
ただね~ST8XMEだと特にHαのコシが全然違うんですよ。
ST7Customからそれを知っていると全然モノ足りません・・

これじゃデコンボリューションできないじゃないか (#゚Д゚)ゴルァ!!
っていうのが本音なんですよ、、
でも、別に普通に処理する分には全然いけますから、要するに使い方の問題なんですよね、、、

No title

ななこさん、こんにちは。
散光星雲ほどカラフルではないのですが、銀河も結構綺麗でしょ~?

南斗六星発見ですか~
いて座は星の結び方が少し難しいですね。
南斗六星が分かったら、次はやぎ座の逆三角形にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。ただ、やぎ座の星は暗めですから、これも難しいかも・・・。
みずがめ座は特徴がさらになくて、さらに難しいです。
黄道12星座も地味なのも多いので、結構、探すの大変かも・・です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ