FC2ブログ

記事一覧

昨晩の顛末 8/28

さて、日曜日。
未明に撮影を終えて、洗濯したり掃除したりして、
寝たのはお昼前。
ピーカンだった天気は、天気予報通り、11時くらいから急速にくもくも君におおわれてしまいました。
おかげで日差しに邪魔されることもなく、ぐっすりと睡眠。
もともと、夜型のせいか?実は昼間の方が良く寝たり・・・ (; ̄ー ̄A アセアセ・

さて、夕方、16時半くらいに目が覚めてみると雲はどいて晴れていました。
と、いっても、南にも雲があるし、どうやら薄雲が全天を覆っている様です。
GPVを見ても、どうにも分が悪い・・・。
さしあたり、暫く様子見ですね・・。

20時頃、外に出てみると、透明度はイマイチなものの、晴れてはいます。
さしあたり、自宅庭に展開して撮影をすることにしました。

オライオンと夜明けの空(・・・背景にオリオン座が写ってたら完璧だったのに・・・) PowerShot G9デジタルカメラ ISO1600

光学系はオライオンを選択し、前回のテストの続きです。
まずはレーザコリメータで光軸を調整します。
やはり?斜鏡部分が弱い様で、ここだけ調整すると主鏡はほぼ合っているようでした。
ファインダーが狂っていたり、カメラをスリーブに差し込んでバランスを取る時に、ガジって外れなくなったり・・トラブルはありましたが、なんとか21時には撮影開始。

まずは子午線ギリギリになったGarrad彗星を狙います。
天気がどこまで持つか心配でしたが、ときどき雲がかかるものの?概ね良好。
これだったら、出かけても良かったかも・・?

ギャラっど彗星ですが、一応、手持ちの双眼鏡、カサイ n-Bino10×60でも探してみました。
・・・が、今日は透明度も悪いこともあり、イマイチ見つけられませんでした。
透明度は、4/10といったところでしょうか。天頂で3等星~3.5等星がやっと見えるくらい。
低空はもやか薄曇か、透明度が悪いデス・・。
シーイングも、裸眼で星々がきらめいているのが分かり、昨晩同様、悪そうです。
木星撮影は挑んでも苦しいだけでしょうね。

次にファンネス彗星も撮影してみました。
こちらはモノクロのみ・・(ガイド星が捕まらなかった)
うーん、今回は空が前回よりさらに悪いこともあり、彗星も地球から遠ざかっていっているのか、ちょっと、小彗星までは苦しい感じかも・・。
時刻は23時半・・・ここで一旦、仮眠を取ることにします。
***
***
***
1時に外に出てみると、GPV予報からも予測はしていましたが、北から雲が・・・
とはいえ、晴れ間もまだまだありますし、雲の動きも早いみたいです。

せっかくなので、適当に何か、明るめの天体を導入して撮影させるか・・・と、いうことで、NGC891を入れて撮影開始。
あとは放置で朝まで寝ます(一応、雨はふらないだろうということをGPVとYahoo天気の雨雲の動きで確認)
途中で曇ったみたいで、、、RGB画像は取得できず、でした。
あと、ちょっとガイドが流れてたなあ・・やはり赤経方向です。
実用にならない程ではありませんが (゜-゜)ウーン…
もう一度、極軸調整して様子みるしかないですね・・。

唯一の成果としては、11.4等星のガイド星でも、3秒まで露出をかければ、Bフィルターでも2000Count程度の輝度が得られ、ガイド星として使えることが分かったくらいでしょうか。
ノーフィルターでは明るすぎる位で、光量は15倍・・・3万カウント程度ありましたから、セルフガイドのデメリット、フィルターをかけるとガイド星がいなくなる・・が良く分かります。今回は予め調べて等級がわかっているガイド星を選んだことで、今後の被写体決定時の参考になります。

さしあたり、参考データは得られたので、とりあえずヨシとしよう・・。
あとはギャラッド彗星、あまり期待はできませんが、近いうちに処理してみようと思います。

さて、と。今晩もどうかな~

GPVを見ると、どうも、ダメっぽそうです。
晴れたとしても、透明度の悪さから、自宅で、ということになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

多少天気が悪くてもUTOさんの天文ライフは充実してますね~。やはり自宅にこれだけの装備がしてあると、”晴れれば撮る”が自由に出来て素晴らしいです。撮れた画像を楽しみにしています。

No title

やっぱりこの鏡筒でかいですね。この写真みて改めて大きさにちょっと驚いてます。
モノクロのみ・・(ガイド星が捕まらなかった)・・・このくだりが理解できなかったのですが、どういうことですか?
Utoさんの撮影スタイルってやっぱりいいですね。

No title

UTOさん おはようございます

完全に昼夜逆転生活ですね。
体に悪そうです☆

オライオンってホントに大きい望遠鏡ですね☆
この望遠鏡が手持ちの中では最大ですか?
実際に見たらもっと迫力がありそう・・・

オリオン座とオライオンの写真見てみたいです♪
ギャラッド彗星のUPも楽しみです(✲✪‿✪)ノ~.ぽち

No title

シュミットさん、こんばんわ。
そうなんですよね、機材が半分とはいえ準備できていると、撮影時間まで大幅に短縮できるので、やる気になれます。
撮れた画像は近いうちに処理してみますね~

No title

Eagleさん、こんにちは。
セルフガイドなので、ガイド星が暗すぎると、RGBフィルターがかかるとガイド星の露出を15倍程度あげないとダメなんです。
3秒でガイドさせていると、Bフィルターで45秒・・・現実的ではないでしょ・・?
セルフガイドの欠点で、実は昨晩もそれで泣かされました、、_| ̄|○

No title

ろざりおさん、こんにちは。
昼夜逆転は、なんか1日がもったいないです。
冬場だと、朝寝て、起きたら夕方・・ちょっと軽くショックですね。
まあ、その分、夜活動しているので、いいといえばいいのですが・・。

オライオン、ふふふ、実は実家に転がってるオデッセイⅠ型が最大ですね。もっとでかいです。
中学生の頃、自分の背丈と同じくらいの長さかつ、オライオンよりさらに太い筒を、ハグしてなんとか持ち上げて架台に載せていました。
オライオンは口径30cm焦点距離1200mmですが、ODYSSEYⅠ型は、口径33cm焦点距離1450mm・・・ま、ホントはこれを改造して赤道儀に載せるというのも考えなくはなかったのですが、もう20年近く、使ってないので、ミラーがどうなってることやら ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

No title

オライオン30cmはやっぱりでかいですね。
うちのベランダじゃ絶対無理なサイズです。
雲がないそらってどんなだったか忘れそうな日が続いてますね。

No title

しけるさん、こんにちは。
写真だと、ちょっと大きく見える様に、広角マクロ設定にして撮影してたりしますが (^^ゞ
でっかいのは確かかなぁ~
ホント、雲が無い空ってどうでしたっけ・・・って感じですよねぇε=( ̄。 ̄;)フゥ.
と、いいつつ、なんだかんだで昨晩も撮影したんですけどね (^_^;)

No title

なるほどー。セルフガイドだとたわみに対しては無敵でプリズムの影響もありませんが、フィルタの影響が直撃するわけですね。Bで苦労するとなると、ナローだとよほど明るいガイド星がないと非現実的ですね。

No title

かわうさん、こんにちは。
そうなんです、仰る通りでして、ナローバンドはほとんど現実的ではありません、、
赤経・赤緯を水平・垂直(またはその逆)に規定してしまうと、ホントガイド星探しだけでも相当な制限を受けますね。
反面、主望遠鏡の集光力を活かせるので、Lフィルタなら、まずガイド星が見つからないということはありませんが・・・(Orion30cmなら14~5等星でもガイドに使えそう)
ST4000XCMの様なカラーカメラだと最強でしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ