FC2ブログ

記事一覧

昨晩の顛末 8/29

昼間は晴れ間はあったのですが、夕方には雲が・・。
これはダメっぽそう・・・
と思って帰宅。ご飯を炊いたりしていたら、7時前のNewsの天気予報で明日は晴れという。
えっ、GPVではダメっぽいのに・・・と思って外に出てみると、透明度は昨晩よりもさらに悪いものの、晴れてはいそう。
う~ん、どうするかなぁ~。
とりあえず昨晩の様子から、最低限、極軸出しだけでもしようと思い、望遠鏡を出すことに決めたのが19時半頃。
組み立て・調整については慣れることも目的に、ということと、MT160を出すにしても、Orion30cmを出すにしてもさほど手間は変わらないことから、Orion30cmを出すことにしました。

今日もオライオン。いわゆる、買い物袋フラット撮像中です。 PowerShot G9 デジタルカメラにて。

ファインダーは取付が華奢な為、毎回ずれてしまいます。今回もファインダーの調整に時間を割ととられました。
デタラメな方向向いてるとファインダーの調整って案外大変なんですよね、、、
10分か15分くらいかかってしまいました。地上風景を使った方が早いので、鏡筒は寝かせてしまい、街灯でざっくり調整して、星で微調整(近距離だとやはり少し合わないと思う)

光軸は今回はほんの少しさわった程度。単純に接眼部の2インチ2点固定による誤差もありますし、ちょっとJMIのモトフォーカサーの内径は2インチサイズといっても、やや大きめの様で、アソビも大きい気がします。

さて、ここまでは概ね、順調に来たのですが・・・・
極軸を調整しようと思ったら、これが上手くいかない!
なんで~・・と思いつつ、さらにいじっていくと収集がつかなくなってきた・・。
大失敗・・!

これは一旦、基本からやり直そう!と思って、極軸望遠鏡で北極星を入れようとしたところ・・アレ?北極星が見えないぞ・・・・

くもくも君と思った方、ハズレ~

どうやら、庭の椿(だと思う・・)の木が成長して北極星を覆い隠してしまったようだ。ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
一瞬、このまま片付けようかとも思ったが、しかし、それでは何も解決しない・・どころか、次回も調整からになってしまう。このままではダメだ・・
よし・・枝を切ろう。
ということで高枝切りバサミを持ちだしてきて、暗い中、適当にバッサバッサ切り落として30分程。
ようやく北極星が見える位になった。
よし、再開だ!
と、ばかりに意気込んで始めたものの、いろいろと大きく動かしすぎていて、北極星を勘違い・・・透明度が悪いとはいえ、いくらなんでもこの暗さはないよな・・・と反省。

ようやく北極星を入れて少し極軸を追い込みました。
が、高度微調装置のネジが緩い・・。うーん、、このままだと心配なので、せっかく追い込んだのが少しずれてしまうが・・とガッチリと押し込んでしまった(結果的にはこれが悪かったかもしれない)
空は、相変わらず透明度が悪い・・・。2/10といったところです。時刻は22時。
とりあえず、明るい天体を撮ろうとM15を入れて撮影開始・・。

M15 球状星団  Orion30cmF4 反射望遠鏡 ST8XME 冷却CCDカメラ RGB各5分×1枚
ステライメージにて速攻処理

ところがガイド星が明るすぎて、Lフィルタでは飽和してしまいまともに追尾できません、、
やむなく、RGBでいいや、もう・・という感じでRGBで撮影しました・・・。
う~ん、ガイド星が明るすぎても困っちゃうし、暗いと今度はBフィルタで困っちゃう・・(゚д゚;)
なんだかなぁ・・・。

実は、マキシにはフィルターに応じて、ガイド露光の倍数を決める項目があるのですが、
どうも、ボクのマキシVer.4.62だと、Simple-AutoDark設定にして、露出時間を3秒以上にした場合には、ガイド中に、映像を拾わなくなって真っ黒0レベルになることがあるんです。謎・・・。
それを嫌って、CCDsoftを使って撮影していますが、こうなってくると、マキシでの撮像を真剣に検討しないとダメそうです・・・

0時くらいに昨晩、取り損なったNGC891を導入・・・・しようと思ったら、ギリギリで家の屋根にかかる!!
うーん、本気で今日はダメダメだなぁ・・。
待ち時間も勿体ないので、M31の中心部でも入れて適当に流しましたが、、、、
後で、チェックしてみたら、LフィルターだとM31の中心部が飽和して、ブルーミングしていやがるんですよ、、
うっわ、本当に流してた・・・。
ド畜生~。

ついでなので・・・M31アンドロメダ大星雲。
うーん、やっぱりB画像は全滅・・・あと、フィルターが切り替わってすぐは、どうもガイドErrorになってます。
ガイド星の輝度が大きく変わってしまうからだと思いますが・・・

M31,双眼鏡(例のカサイ10×60双眼鏡)でもこの日は見えなかったな、、、そういえば。

1時まで待ってから、NGC891を導入。
ところが、今度は、ガイドが上手くいかない・・ッ!なんで~。
こういう時に限って、透明度も上がってきたみたいで、昨晩より透明度・シーイングとも1段良い・・・。
木星を撮っても良いのかもしれないが、新月期ですからね~。
ま、いいや・・・とあっさり見捨てて、それよりも、ガイドだ。
なぜダメか・・・いろいろと検討する。
Agressivenessを変更・・・失敗。
再度キャリブレーション実施・・・・失敗。

うーん、あとは、極軸が最後に極軸微動を動かしたぶんずれてるかも・・と、極軸微動ネジを少し緩めてみたら、なぜかガイドが安定しました。
NGC891の長径分ほど移動したので、以外とズレ量も大きかった?ネジ押し込みで14'はずれていたことになりそうです。
極軸がよりあってきたからか、はたまた、極軸微動ネジはガチガチに締めてはダメなのか・・・。
原因ははっきりしませんが、なにはともあれ、ガイドが上手くいったことだし、はよ寝よ、、、、
と、2時くらいに寝てしまったのですが、朝、起きてみたら、Bフィルターだけガイド星が暗くなりすぎて(2700カウントはあることは確認していたのですがぁ~)、B画像全滅・・(´Д⊂ヽウェェェン
ほんっとにダメダメな1日でした、、、orz
フラットを撮って、念のため、機材は片付けました。
冬場なら、出しっぱなしにしてしまう天気ですが、台風も近づいているしね・・・。

やれやれ、疲れただけで終わったなー・・。あーあ。
まあ、極軸が合わせられたのか、ガイドが安定してくれたのだけが成果です。
NGC891はモノクロだけでも仕上げるかな・・B画像もランダムに流れてるので辛うじてでっちあげることができるかもしれませんが、苦しいなァ・・。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
こちらも何か月振りに晴れましたが、いろいろあり過ぎて、徹夜しただけで、仕事にいった感じです。
ご自宅で北極星で合わせられるのが、何ともうらやましいです。

No title

UTOさん おはようございます

❶椿の木、切ってしまったけれど
星と花の写真が撮れていいですね☆
❷買い物袋フラットは、ロゴとか入っていても
大丈夫ですか?
❸先日双眼鏡でM31がどこにあるか
関先生に教えてもらったのですが・・・
「あの明るい星の左うえ~、ほら!あった!」って
教えてもらったのですが・・・わからなかった!!!▄█▀█●
何回も見てたらわかるようになりますか?

星がこぼしたナミダ、綺麗ですね☆・・・
早く拭ってあげてくださいね・・・ぽち

No title

NGCさん、こんにちは。
そちらも、うまくいきませんでしたか~
久しぶりだと、ほんといろいろと発生して参っちゃいますよね・・。

あはは、自宅から北極星が見えることが前提条件だったので、方位磁石持って物件探してたんですよ。不動産屋さんもびっくり!?
北も見えることなんて変な条件すぎですものね。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
①そうですね~。花の写真も結構好きなんですが、星と花の同時写真はなかなか難しそうですね。

②えーっと、もちろん、ロゴが入っていたらダメっす。
影になっちゃう。
本当は平らにしたいので、アクリル板で作成する方がいいのですが、A3サイズでも足りないですから・・・ビニール袋の方が楽ですね。

③あ、やっぱり関先生に教わってるんですね~
星雲は見慣れるとまた良く見える様になってきますので、頑張って!

④星がこぼした涙、キレイ・・
えーッ ∑(゚д゚;)

No title

さすが、椿より北極星!かなり受けました。勿論ぽち。

No title

Mikaさん、こんにちは~。
いやー、ホントに真夜中になにやってんでしょうね~ ~(=^‥^A アセアセ・・・
本当は、夏休み中に少しは綺麗に刈っておくべきだったのですが、すーっかり忘れてました。
庭の草刈はしたのですが、1週間であっという間に伸びますね・・

No title

UTOさん、ごめんなさい。
FDレンズの解析スケール間違いで解析見解間違えてしまいました。モバイルの恐ろしさを痛感しております。古いのはすべて削除させていただきました。申し訳ありません。

No title

こんにちわ☆

色々と大変な準備をされて撮った写真なんですね゚・:*:・
気軽に見せて頂いて感謝です(*^-゚)v

アンドロメダ大星雲・・・神秘的ですね☆
宇宙の空気を感じます!
(あっ!宇宙は空気なかったんですよね (。-_-。) )

東北の空の星は、黄色に輝いていたので
木星ですね♪
最近は夜空まったく晴れません・・・(ノ_<。)

No title

UTOさん

おはよう御座います。

色々ご苦労されて居られるんですねと言うのが実感しました。フフフ。UTOさんの様に凄い人でもこの様な感じが有るんだと思うと何か身近に感じました。

天体望遠鏡の場合、瞬時に合わせる事が出来ないと雲が出てしまったり、被写体を捉える事が出来ない場合も有ろうかと思います。言えるのは日頃からの訓練が大事なんだなと思いました。

それにしても微調整が鍵を握っていると思います・・・シビアな世界ですね。極軸が合わせられなければ位置合わせが出来ない。角度の設定など本格的にやろうとしたらウーーン・・・と思いました。それにしてもその様な最悪の感じでも、幾らお気に入りでなかったとはいえしっかり撮影されて居られる辺り流石です。

失敗は成功の元ですね。日々精進されて居られてやっぱり凄いなと思いました。

傑作ポチです~☆

No title

ななこさん、こんにちは。
この日はなんだか、いろいろと苦労してました・・ (^^ゞ

そうですね、宇宙はほとんど真空ですね~
でも、M31の写真の方は透明感と空間を感じて頂けた様で嬉しいです。

東北の星なら間違いなく木星ですね。秋の夜空では一番明るく輝いていると思います。少しずつ昇ってくるのも早くなってきますよ。
半月たつと1時間、早めに昇る様になってきますので、そろそろ木星も見ごろです。

No title

ヒグマさん、こんにちは。
いやー、ボクなんかまだまだで、苦労の連続ばっかりです (´・ω・`)
仰る様に、組み立てているうちに曇ってきたり・・結構良くありますね~
今回の撮影は失敗でしたが、またいろいろと考えないといけないことも浮き彫りになったので、もちっと検討しないとダメだということが分かりました。
とりあえずはそれでヨシとしよう・・うん (^^ゞ

No title

今見ると、ブルーミングも懐かしく感じます。なんちゃって。

セルフガイドの場合は、ガイド星の明るさって結構重要なファクターですよね。
僕も結構悩まされました。今はガイド望遠鏡一本でガイドしているので、それなりに快適です。
僕も、B画像だけ撮れなかったという例が結構多かったです。
最後に撮るからピント移動も関係あるのでしょうか。

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
ブルーミング、ほんと涙目です (T_T)
星像も崩れるし、結構苦しい・・
ガイド鏡の方が自由度が高いんですよね、、もっとも、オライオンを無理してEM-200に搭載しようとしているので、仕方ないかな・・
アトラクスだとガイド鏡にしてもいけるので、そのうち自宅庭でOrionを使う時はST8300Mでも検討したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ