FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻遠征

さて・・GENTAさん達が新宮池に行っていることをコメントで知り、居ても立ってもいられない気分になってきました(笑)
とはいえ、仕事は片付けてからでないと、さすがにヤヴァイので、なんとか仕事を早々に終えたのですが、重量級の製品を運んだので、ちと張り切りすぎて、バテバテ・・・
こりゃ、あかん、、、
いいや、自宅でも・・・と思ってへろへろになりながら帰宅してみると、お隣さんの電気が煌々と庭を照らし出しています。
ぐ・・・テストならこれでもOkだし、西向きの天体ならちょうど反対方向を向くので(オライオンはケツから光が入りそうですが・・)、構わないのですが、自宅から撮るとしても、狙ってみたいのは、東向きの天体でした。
仕方ない、行くかぁ~と、20時過ぎから準備開始。
あー・・なんか、急に寒くなったせいで、やや風邪気味?鼻がつまるんですよねぇ・・そのせいで頭痛もするのですが、とっとといって準備しさえすれば、あとは車で寝ていよう・・・と毛布を持って、20時45分に出発。
気温は19℃。やや寒いですね。夜は15℃くらいまでは下がるカナ・・。
 
GENTAさん情報で、ぼうら屋さんまでは行けない可能性があることから、獅子ヶ鼻公園に行くことにします。
ここも道路が心配でしたが・・・まあ、ダメだったら、GENTAさんがかつて愛用していた?浄水場の近くの辺り(案外、外灯とかが無いです)でやりますか・・・などと考えて運転。
途中、なんか信号が妙に見難いなぁ・・こんなだったっけと、疲れでぼーっと考えてましたが、翌朝帰宅時に、そっか、考えてみたら、たぶん、風で煽られて歪んだとやっと気づきました。台風15号、恐るべし・・・
 
さて、獅子ヶ鼻公園までは綺麗に片付けられていて無事つけました。
公園の駐車場そのものは、木々の葉で散らかってましたが、問題はないです。
さっそく機材を展開します。

オライオン30cmF4 反射望遠鏡
 
持ってきたのはもちろん!?オライオン30cmです。これで秋の系外銀河を狙うのが目的でした。
低空はややモヤがあるのか透明度はもう一歩な印象でしたが、高度が高いところでは透明度もそこそこ良好の様子。7/10といったところでしょうか。
星々はまたたきが激しく、シーイングは良くはないですが・・。

夏の天の川 キヤノン EOS40D デジタル一眼レフカメラ ニッコール24mmF2.8開放 露出2分@ISO1600
 
光害がキビシイ西空でも天の川がかすかに見えていました。
しかし・・
さぁ!撮影開始!!と思ったら・・・

くもくも君が~ (`Д´) ムキー!
 
ただ、雲のむこうの星空は綺麗なんですよね。
とりあえず、暫く待機します。もともと、疲れて眠たかったですし~
23時前に早々に諦めて車の中で一寝入り・・・・
と、思ったら、車が一台、公園の中に。
無視無視・・・と思ったら、コンコンと、窓を叩かれて、
「警察ですが、少しお話いいですか?」
うそ~ん Σ(・∀・|||)ゲッ!!
ま、まあ、公園だし、巡回コースにも入ってますしね。
ただ、まぁ、さすがにモノがモノだけにか?、危険人物扱いはされず、少し星の話をして、木星とカシオペア座などを教えてさしあげました。
もっとも、その間にも、どこから来たんですか?としっかりと必要事項はチェックしていますから、さすがですよね。
まあ、かつてはR200SSを見て、これバズーカ砲じゃないよね?(笑)と言って、アヤシイと思ってるわけじゃないけど、免許証見せて?と言われたこともありましたから、それに比べたらまあ、マシ・・か・・・? ( ̄▽ ̄;)
 
少し仮眠していると、H野LS15さんが来られて、
「どっかで見たことがある車と望遠鏡だな~と思ったんやー」
と、オライオンを見て、声をかけてくれました。

さっそくLS15を見せてもらいました~。
セットすると、自動で全てのアライメントを自分で考えてやってくれるみたい!
すげー!!
アイピースはカサイ取り扱いのEWV-32を使って見せて頂きましたが、
超広角アイピースの弊害のいんげん豆現象、ブラックアウトがやや起きやすく感じたものの、ヌケも良く、超広角アイピースの素晴らしさを堪能できました。
最周辺は星像が周方向に歪むのは恐らくアイピース起因によるものでしょうが、十分に良いアイピースです。
この時分には月も昇ってきていましたが、アンドロメダ大星雲、オリオン座大星雲も良く見えました。特に二重星団は倍率も適切で周囲の数多の星々の煌きが非常に美しく、良く見えました。
LS15+EWV-32の組み合わせはかなり良いですねぇ~
 
H野LS15さんは、標準のSP26もなかなかの見え味で気に入ってるとのことでした。
僕もスーパープロ-セルシリーズは、26mm、32mmを持っていますが、見かけ視界はスタンダードクラス(52度)ですが、アイレリーフも十分に長く覗きやすい点、削り出しの筐体が気に入ってます。
 
さて、せっかくの自動追尾経緯台とのこと。幸い、リング類も揃っていたのでEOS40Dで撮らせてもらいました。
ジズコの方がおっしゃるには30秒がやっとじゃないか?とのことだったので、露出を45秒にして撮影してみると・・

LS-15ACF 直焦点(天頂ミラー使用) キャノンEOS40D 一眼レフデジタルカメラ 45秒@ISO1600
 
うるさく言えばちょっと流れてるのですが、でも、1500mmを経緯台がノータッチガイドでバッチリ撮影できてしまうんですよ!
信じられん・・・ (゜o゜;
何コマか撮影させて貰ってますので後ほどもう少しコンポジット等を行ってみます。
天頂ミラー介しているので、裏像ですしね (^^ゞ
いやね、まさか、経緯台で写してもどうせ周辺が回転するだろうし・・とタカをくくっていてちゃんと構図等はとらなかったのですが・・・・・いやー・・・まさかここまでバッチリ撮れるとは。
1500mmを45秒ノータッチガイド、僕のSE赤道儀では絶対に無理!Meadeの技術はたいしたものですね。
この望遠鏡、しゃべるし(専用モニタで導入時に解説もしてくれるんです・・・英語で、ですけど・・)
すごいなあ、LS15。これってもう少し上手く商品展開して、ちゃんと解説を日本語音声で入れてくれたら、かなりのヒット商品になると思うのだけど・・・そこまで投資できない市場の狭さが残念ですね。
星座などは一切知らなくても、自動導入で星雲観望が誰にでも簡単にできて、撮影までこなせてしまうスーパー望遠鏡でした。

月と雲  EOS40D デジタル一眼レフカメラ ニッコール24mmF2.8開放 露出8秒@ISO400
 
獅子ヶ鼻からほんの少し離れた高台からの写真です。猫の額ほどの狭いところですが、東に限れば、見晴らしが良く、彗星撮影には重宝しています。
もっとも、月が出てきても相変わらずくもくも君が出たり消えたりです。作品はできませんね・・・。

おおいぬ座と夜景 キヤノン EOS40D デジタル一眼レフカメラ ニッコール24mmF2.8開放 30秒露出@ISO1600
ただ、第二東名開発に伴って、住宅街が増えてきたようで、獅子ヶ鼻公園からも光害が厳しくなってきました。
10年程前までは、夜景といっても、せいぜいが写真右側にある街明がポツリポツリとある程度でここも素晴らしい星空が眺められたものですが、今となっては、かなり光害が厳しくなってしまいました。
第二東名は獅子ヶ鼻公園のすごく近くを通っていますので、一部開通となると、さらに光害が厳しくなることを覚悟しないといけません・・・というか、開通してきたら、獅子ヶ鼻公園からの撮影は無理かもしれませんね、、
ぼうら屋さんだと山ひとつむこうになるので、この街明かりも多少は遮ってくれます。
これはぴんたんさんの光害調査ソフトでも、しっかりと反映されてます。

夜明け間際に、本田・ムルコス・パジュサコバ彗星を撮影したところ、案外ちゃんと撮れて、イオンテイルが伸びているのが写せましたので、一応フラット撮影。
 
自宅撮影だと、くもくも君にやられてふて寝状態だったでしょうが、彗星もなんとか写せて、LS15の凄さも拝見できて、有意義な遠征観測になりました。
 
今晩はお天気、微妙ですねぇ~
AM中は用事があって、まだちゃんと寝てないので、これから少し寝てから考えマス・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

獅子ヶ鼻遠征お疲れさまでした。
LS15は良さそうですね。甥っ子の入学祝いに買ってやろうかなぁと思いました。

私たちは今夜も新宮池です。
では、行って来ま~す。

No title

ええっ、元気あるなぁ・・
先ほど、GPV予報を見てましたが、ちょっと諦めかなぁ~と、、、、(^^ゞ
でも、南から雲が来ているので、北だったら晴れる可能性がアリですかね~
ん~・・・

No title

UTO先生昨晩はお疲れ様でした。いつか撮影もできるようになりたいです。とりあえず風邪治して下さいな。

No title

え゛、45P 撮ったの? さすがです。画像あとで、見せてください。

No title

GPVの予報どおり21時頃から晴れて来ました。
でも、天の川は見えてますが透明度はイマイチですね~
風邪はひきはじめが大事ですのでゆっくり養生してください。

No title

H野LS15さん、はじめまして。
いやぁ~15cmぐらいが、一番使い勝手が良いですよ。
ちゃちゃっと設定。ちゃちゃっと、片付け。
私も15cm の INTES MK66を持っていますが、結構気に入っています。
撮影でも惑星ならかなりいけるんじゃないでしょうか?
とりあえず、Webcamあたりから… UTOさんの使っていない?ToUcam Proとかを譲ってもらうとか…?

No title

UTOさん おはようございます

遠征お疲れさまです♪
職質はちょっと┣¨‡┣¨‡しますね☆

月と雲とか、おおいぬ座と夜景・・・いい雰囲気ですね

彗星の名前長い・・・(★´・ω・`)ノぽち

No title

H野LS15さん、こんにちは。
こちらこそ、ありがとうございました。
経緯台でもしっかりと撮影できてしまって驚きました。
いい望遠鏡ですね~

No title

階段男さん、こんにちは~
まだ処理していないのですが、結構面白いですよ、45P。
処理したら、Upしますね~。と、いっても3,4コマやっと撮れただけ(高度低すぎ)なので、さほど手が込んだ画像処理もできないですから、近いうちにやります。

15cmくらいがいろいろと使い勝手が良くていいですよね。
むかーし、どこかで書いたかもしれませんが、10cmクラスの小型の反射望遠鏡ってコンパクトにまとまっていて結構好きです。
ToUcamはもう知人にあげちゃったんですよ、、、

No title

ろざりおさん、こんにちは。
大丈夫、慣れてます(爆)

月と雲、結構いいでしょー・・って雲なんかなくなればいいのに (ノД`)・゜・。

No title

やっぱり雲がうろうろパターンですね。観望ならなんとかなるのですが、撮影目的だと腹立ちますよね。

しかしなんと、オライオン持ち出しですかー!
やっぱおしりに蓋して完全体にしては?
光害なんか恐れず怯まず退かず、ゴー・ゴー・オライオン!です。

No title

mixiに先月ぐらいから書いてます通り、Orion30cmをEM-200に載せてます。ガイド鏡を
Kenko500mm/F8EDをファインダ台座に載せたりして、ウェイト2個でバランス取れてますよ。
それにしても機材がカブるなぁ。まぁ30cm+SXV-H9で系外銀河狙いです。
3連休は晴れ間を探して+学会もどきで移動しまくりでした。

No title

かわうさん、こんにちは。
ホント、観望ならOkなのですが、撮影となるとさすがにね~
透明度がいいだけに余計に原辰。

オライオン、結構いいですよー。
軽いし、設置の苦労はイプシロン200の方が大変なくらい・・
鏡筒バンドが重たいんです、イプ200・・・。

No title

kobeさん、こんにちは。
おおっ、Kobeさんも、Orion30cmですか!同じF4ですよね?きっと。
性能重視でF4.5かなぁ・・
軽くてとてもいいですよね、オライオン。
それにしてもウエイト2ケですかぁ・・5kg×2ってことですよね、きっと。
ボクのはイプシロン200と同じ、5kg+5kg+7kgでやってますが、5kg+7kgでもなんとかなるかなぁ・・。

SXV-H9との組み合わせは最高でしょうね~。9μ画素だとちょっと粗いのと、あと、ブルーミングが困ったことになって辟易としています、、、
SXV-H9は星像が美しくだせて、分解能もあがって、オライオンにベストマッチだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ