FC2ブログ

記事一覧

それでも地球は回っている・・・木星の自転とガリレオ衛星の動き

おまたせしました。
やっと処理が終わりました~
 
MT160 反射望遠鏡 PowerMate×5 DFK21AF04 CCDカメラ
 
ガリレオは自身が発見した木星の衛星の動きを観測して、コペルニクスの地動説を確信したといわれていますが、確かに木星表面模様の動きと、衛星の動きを見れば、それが良くわかりますね。
 
それでも地球は回っている・・・(それでも地球は動く、が正しい様ですね)という有名な言葉は状況から実際には発していないのではないかとも言われています。

撮影時は衛星が面白い位置にいることは把握していたのですが、シンチレーションが真冬並に悪く、切れ味良く写すことができずやや残念でした。
撮影時の様子はこちら
 
処理はシーイングが悪く、また常に変動している為、非常に苦労しました。
前作では、Wavelet処理を同一に適用して処理を行なっていたのですが、今回は、シーイングが悪い上に、コロコロ変わっていくので、Waveletを同一に適用する方法ではとても見られるものになりませんでした。
そこで、Registaxで512枚スタックは固定として、その後に出来る画像に、ルーシーリチャードソン法で、各画像に適宜パラメータを設定し、各画像でそれなりの写真を作画。
その後に、ステライメージ上で、自動レベル調整によるカラーバランス調整、アンシャープマスク、マトリクス色彩強調による色彩強調を施しました。(途中20コマほどやって疲れたのですが、ワークフロー使えばいいじゃんとやっと気づいて、そこからは早かったですね・・一部画像は元画の画像復元処理のパラメータが大きく異なるので、微調整が必要でしたが・・・)
あとは、MaxImDLで、ほぼ真ん中に位置している画像を基準画像として、Align(位置合わせ)をPlanetで実施して、ステライメージでbmpで保存。
つものようにAviMakerで動画を作成。フレームレートは悩みましたが15FPSではちょっと短い感じでしたので、映画やアニメは24FPSであることを思い出し、その半分の12FPSで構築しました。
この様な動きが少ない場合、これでも、まずまず、滑らかだと思いますが、如何でしょうか?
 
案外、衛星が面白く、かつ撮影が可能なチャンスというのは少ないのですねぇ・・
シュミットさんにご紹介していただいたソフトで確認したところ、明日の晩はこれに近い様子が捉えることができそうです。その先は暫くはちょうど都合が良い時に衛星の動きが面白そうというのは11/17までないかなー
11/17もたぶん、子午線越えがあるので、ちと撮影は難しいでしょうね。
 
なにはともあれ、悪シーイングといえども、撮影できて良かったです。
動画にするとやっぱり面白いですね。
衛星の輝度と色彩が近いのか大赤斑上にいるときはステルスになってるし (^^ゞ
衛星の動きが、木星の自転に比べて早いこと、もう一つの左上の衛星の動きと速度が違うことも良く分かりますね。
・・・ところで、この衛星は何と何なんだろう・・? (; ̄ー ̄A アセアセ・・
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

衛星かわいいですね~。

No title

これは見ていて楽しいですね!なんども見てしまいました。木星の表面から影がズレていく感じがいいですね。フォトコンに動画部門(ムービーコン)が欲しくなります。

No title

衛星の動きがあると、木星の自転がより強く感じられていいですね。何時間分の動画なのでしょうか?傑作ポチです!

No title

撮影&処理 お疲れさまでした。
天気が悪いなかでチャンスを生かした見事な動画ですね。
今夜は、ぼうら屋にやって来ましたが晴れているのにガスが時折流れて来ます。シーイングと透明度は良さそうです。

No title

UTOさん こんばんわ

凄い!!
UTOさんは、望遠鏡をつくったり、改造したり・・・
いつもガリレオさんみたいだと思ってました✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀
本家ガリレオさんがこの動画を見たら感動するでしょう゚+.(✿≍∀≍✿)゚+.゚

ステルス衛星が現れたと思ったら、今度はその衛星の影が
まるで木星から外へ飛んでいくような不思議な感じです

地球も外からみたら、
こんなになってるのかなぁとか思います(*'v`◎Pq)*゜

凄い動画を見せてくれてありがとうございます
(*´◡∩*)ポチ

No title

いやあ思っていた以上に素晴らしい出来栄えです!
木星表面を通過する衛星本体はなかなか写すのが大変ですが
見事に表現されていますね。
何度も見させていただき、日頃の鬱憤を晴らさせて頂きました。
UTOさんの努力に感謝のポチ☆彡です。

No title

Eageleさん、こんにちは。
あっ、そうか、トーンカーブ調整をかけてより立体的に見える様にすべきだったかも・・浮遊感が増しそう。うーん、今さらながらやってみるかなぁ・・・

そうなんですよねー、撮影がタイヘンです。
衛星の動きを追うだけなら、SXV-H9Cでずーっと撮りっぱなしというのもアリかなー・・・。

No title

NGCさん、こんにちは。
ホント、当日はいつ曇ってもおかしくない天気予報だったのですが・・・なぜか晴れわたってくれて、ラッキー?でした。

No title

しけるさん、こんにちは。
いやー、ホント、処理がタイヘンでした。なんとか120コマ、全て処理して(実際は処理しなおして・・ですが・・)見られるものができて良かったです。
ときどきシーイングが良くなったりしているようで、あるところだけキレが良かったり逆にボケボケだったり・・
惑星撮影の難しさを改めて感じました。シーイングがリアルタイムで変化していくのを痛感しました。

No title

しゃいんさん、こんにちは~
いやー、動画ならしゃいんさんの方がきっと手馴れていると思います!
撮影も処理も枚数が増えれば増える程タイヘンですよね・・・
また機会があったら、やってみようと思います。
あとは、ちょっと広角気味で衛星の動きだけを動画にしても面白い(ホンネ:カラー冷却CCD使えば楽チン)かなぁと・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
どこかで一度チャレンジしてみようかな、と思います。

No title

H野LS15さん、こんにちは~
LS15でも、木星表面に落ちる衛星の影も見られると思いますので、ぜひ機会があったら見てみてくださいね。

No title

とれじゃさん、こんにちは~
そうなんですよー、衛星が大赤斑を追い越していく様子が撮れるのが面白いナーと思って、ちょっと狙いを定めていました。
撮影したお天気がお天気だけに、まさか完走できるとは思ってませんでしたが・・・ (; ̄ー ̄A アセアセ・
事前に外部HDDを空けたり準備はしておいて良かったです。

フォトコンにムービー部門、欲しいですねー。
一時期みたいに星ナビさんで、DVD-ROM付きで出す時があれば募集して収録して欲しいですよね。微速度撮影とか・・・
たぶん、今だと、ギャラリーに動画は投稿できないですよね・・
昔は、送ったこともありましたが・・・

No title

ひろしさん、こんにちは。
木星は自転が早いのと衛星があるので、動画にするととても面白いですね。
今回は、ほぼ4時間ジャスト分ですね。21時~25時にかけての木星面って感じです。1分撮影、1分インターバル(ってか待ち)で、120コマの動画を取得しています。

No title

GENTAさん、こんにちは~
ここのところ、すっきり晴れず、木星ばっかり撮ってる気がします・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

昨晩は思ったよりも良い天気になりましたね~
あー・・失敗したなぁ・・・と後悔です。
GENTAさんが何を撮影されたのか、楽しみにしています。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
んー、まあ自作できるところは自作するのですが、望遠鏡そのものはさすがに作ってないですよ~
衛星と衛星のカゲがちょうど面白いですよね。

地球はたぶん、動画にしたらもっと面白いかもしれません。雲の様子等、変化に富んでいますから!

No title

シュミットさん、こんにちは。
そうなんですよ、衛星がせっかく前面を通過しているのだから・・となんとか出したかったので、出せて良かったとほっとしています。
シーイングも21台は悪かったのですが、22時台には改善してきてくれたのもありがたいです。とはいっても、見て頂ければお分かりになりますように、良くなったり、悪くなったりの繰り返しで、動画としては均一性に欠けてますが、シンチレーションによる描写のばらつきも含めて動画として楽しんで頂ければありがたいなぁ・・と思っております。

ボクも想像以上の出来映えで、苦労しただけのことはあったかなと思っています。やっぱり動くと面白いですね。
あと、少しくらい画像が悪くても誤魔化せますね (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

こんばんわ☆

回っていますね( o^-゚)ノすご~い゚・:*:・。
おつかれさまです<m(__)m>

ガリレオさんって・・・
ロマンチックで、そして緻密な計算される方・・・だったのかな??
魅力的な人ですね(*^.^*)

No title

ななこさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。

うーん、ガリレオさんは、どうでしょうね~
ちょっと調べた限りでは、科学者としてはデータが粗く、整合性に欠いた部分もあったようです。
自己中のガンコ者のワガママ親父って感じかしらん・・
ちと、ロマンちっくとはかけ離れてるイメージかなぁ。。ボクの中では・・( ̄ω ̄;)
ただ、自分が得たデータと理論を信じて貫くというのは科学者の基本的な姿勢としてとても正しいと思います。さすがに科学的手法の礎を築いたと言われるだけはあります。
ガリレオさんの場合は、データの精度を上げていけば良かったという見方もできるようです。
なにしろ、宗教がからんでいるので、科学的見地からの見解と宗教的立場からの見解とで、評価が大きく変わっちゃうのかなぁって感じでした(あくまでも私見ですが)

No title

こんにちわ☆

なるほど☆そうなんですね~!

でも天文学の科学者として極めた方・・その功績は、すごいですね☆
ダヴィンチさんもそうですが、宗教がからんでくるのですね・・

ガリレオさんが観ていた木星と、今私が同じ木星を観ているんだなぁ
と思うとちょっと感激です(o^-^o)

No title

ななこさん、こんにちは。
中世だと、どうしても、カトリック教会との確執が絡んでくるみたいですね~

そうなんですよね、世界がどんなに変わっても、星座の形や惑星はほとんど変わらないで同じ姿を見せてくれますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ