FC2ブログ

記事一覧

昨晩の顛末・・・orz

昨日は、11時くらいに雨がザーッと降ったと思ったら、その後はお天気に・・。
久しぶりに良い天気になりました。
どうしようかな?と思ったのですが、GPVを見ても今一歩思わしくない感じ・・・
夕暮れの空を見ていると霞もひどい・・・
雨上がりですし、遠征もちょっとなぁ・・という気分でしたが、これで一気にやる気がなくなってしまいました (; ̄ー ̄A アセアセ・
とはいえ、せっかく晴れてくれているのに何もしないのも勿体ないかな・・・
という訳で、霞んだ悪条件の中、まず最初にGarrad彗星を狙ってみようと自宅庭に機材を展開します。
望遠鏡はGENESIS SDFに、カメラは冷却CCDカメラ ST8300M!
ところが、思った以上に彗星は低空です・・・
隣家の屋根ギリギリのところ。19時過ぎから準備を始めたのですが、スカイセンサ3Dの日時がクリアされてしまっているというトラブル!
たまあにあるんですよね、、暫く使ってなかったり、あとは電源ケーブルをバッテリーから外す前にスカイセンサからケーブルを着脱してしまったりすると、クリアされてしまう気がします・・・
前々回程の撮影時にも気がついてはいたのですが・・・・木星をそれから狙ったり(自動導入は関係ないので問題ないのです)、お天気悪くて間があいてしまったりで、忘れてました・・・。
取説片手にセットしなおして、これでヨシ・・・っと。

さぁ、ギャラッドさんを導入!
バックフォーカスの問題はありますが、彗星だとLRGBのフィルターの切り替え易さが大切ということで、H川さんに作成していただいたアダプタリングを介して、ST用のスライド式ADをST8300Mに接続しています。
L⇒R⇒G⇒Bと各1コマずつ撮影して、これでL画像を何枚も撮影すれば・・いいやと放置プレーに入ったのですが・・・・この時すでに1コマ目から隣家の屋根にかかってしまっていました・・・orz

21時半頃に、空も悪いしナーと、とりあえずペリカン星雲でも写してみますか・・・と、慎重に構図を決めて(どのみち作品にはならなかったですが・・次回参考程度にはなるものをという考えです)、撮影開始・・・・
ってあれ?なんか画像がオカシイぞ・・?
フィルターを変えて撮影してみると、どうやら、ST8300Mが結露してしまったみたい・・・orz×2

確かに雨上がりということもあって、すっごい湿度です。
望遠鏡対物レンズもヒーターまいてたのにうっすら曇ってました・・・orz×3

うーん、冷却当初は結露していなかったことを考えると、以前、ご指摘していただいたように、やはりST8300Mのチャンバー内ではなく、その外側のガラスウィンドウが曇っているのでしょうねえ・・・
これはまいった・・・。湿度が高い時にはST8300Mはこのままでは使えないですね・・・(+o+)

望遠鏡も結露してしまっているので、仕方がない・・・と、とりあえず片付け。
シーイングは良いのでは、とGENTAさんがブログにコメントをくれていたので、とりあえず、MT160を再度出しました。
空は相変わらず霞んでいますが・・・・   

EOS40D デジタル一眼レフカメラにて EF-S18-55mmF3.5 30秒露出@ISO1600

相変わらず自宅はさすがに明るいですね・・・
雑草も刈らなくてはと思いつつ、ここのところ、土日の天気が悪かったり、忙しくて疲れていたりで、暫く放置したままです・・・

それはともかく、せめて木星だけでも撮影してぼうずは避けるか作戦です・・?
一応、木星をさくっと撮影しました。
シーイングは、この時期としては良い方ですが、夏場に比べてしまうとやはり良いとは言えないですね。
処理はまだしていないので、また後日にでも・・・


EOS40D EF-S18-55mmF3.5開放 露出8秒@ISO1600

23時頃から急速に空が回復。低空はモヤってますが、なんだかいい天気になってしまいました。
ちょっと悔しいゾ・・・
でかければ良かったなぁとかなり後悔。
GENTAさんの℡をちょうど準備しているときで受け取れなかったのが残念です。
もし受け取っていたら、きっと遠征に切り替えたと思いますが・・・・でもお天気予報が微妙だったしなぁ・・
むむ、この辺りにGENTAさんとのパワーの差を感じてしまいます (^^ゞ

まあ、なにはともあれ、前回遠征で成果をあげられなかったオリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-620のテスト撮影を行うことにします。
空は改善してきているのでちと悔しいものがありますが・・・・
でも、低空はやはりモヤが厳しい感じでした。
夜露はすごく望遠鏡はすでにびしょ濡れでした。

さて、E-620ですが、とりあえず分かったことは、
まず最初に、NRがONになったままだったので、前回、いつまで経っても記録されない!と電源OFFにしてしまったことがあったのですが、どうも、単純にダークフレーム撮影中だったみたいです(・・と、いうことは本来なら、Garradさんが1枚撮れていた可能性があったんですね・・・orz×4)
今回、ようやく気がついて、OFF設定に。EOSだと、基本的にダーク減算するモードが無いので気がついてませんでしたよ・・・

リモコンは不良品なのか、バグなのか・・・・インターバルの間にMaxの時間が出てしまい、やはり正常に動作していないように思えます・・・・orz×5
ただ、まあ、室内で試した時はちゃんといったし・・とあれこれその時の設定を思い出しつつ、やってみます。

以下の手順で使用することは可能?でした??
ただ、今度は設定したインターバル時間を無視して連続で撮影に行ってしまうので、これはこれでまた困りものですが・・・
イメージセンサの温度がどんどん上昇していくのかダークノイズが増えていく感じでした・・・

何はともあれ、備忘録です・・・
①カメラスイッチON
②リモコンスイッチON
③枚数を必ず指定(---とMax399はNGと思われる・・?要確認)
④露光時間を1分30秒にセット、インターバルは指定しても1秒のままでも良
い・・?⇒一応指定すべきか・・
⑤テスト撮影として1分30秒で撮影、インターバルは1秒しか空かないが、2コマ目
が連続で切れる状態であることを確認する。
⑥露光時間を指定し(3分とかキリが良い状態にするとダメだったかも、、、そのまま3分30秒等
にすべき・・?)撮影開始

この手順で行ったところ無事に動作しました。
インターバルにMaxの時間が指定されてしまう症状はなんとか回避できるので、なんとか使用はできます・・・。


オリオン座大星雲 M42 MT160 反射望遠鏡 withレデューサ E-620 デジタル一眼レフカメラ LPS-P2 フィルタ使用 露出2分30秒 ISO400設定 

光害の中でLPS-P2フィルターを使ってますので、使ったことがある方はお分かりかと思いますが、背景が青緑色にカブリます。そこを補正する為にちょっと赤のレンジを狭めているので、やや赤は強調されていると思いますが・・・・
なんだ、、、赤も割りと写るジャン・・というのは正直なところかなァ。
あれ~・・・これなら、なんだか、あえてE-300と付け替えて撮影する意味が全くなさそうな気が・・ ( ̄▽ ̄;)

ただ、バッテリーの持ちが想像しているよりも悪いなぁ・・・
予備として互換バッテリーを2個購入してありますが、ちょっと一晩の撮影は持たないかもです・・・(一応帰宅してから、何時間持ったか確認してみます・・・)

それと、フォーサーズフォーマットの画角の狭さが分かってしまいますね。
ちょっと構図が苦しすぎます・・・。
結構、フォーサーズフォーマットって中途半端な感じですね。
この焦点域だと馬頭星雲も苦しいですし・・・(500mmクラスなら馬頭星雲は丁度良い感じに収まりますが)
でも、被写体を選べばいろいろと楽しめるのも確かですから、丁度良い被写体を探して、どこかで一度ちゃんと撮影したいと思っています。
Nikonマウントのワイドマウントから、マウントコンバータを使って変換して使ってますので、E-620でピントを合わせた後で、フジフィルムのデジタル一眼レフカメラ、FinePixS2Proにチェンジして使ってみるのもいいかも・・・

ついでに・・4μ画素で1000mmをノータッチガイドはさすがに無謀だったかガイドが流れてました・・・orz×6
アトラクスの精度ならいけると踏んだんだけどなー・・極軸またずれたかしら・・・。
うーん、でも、ガイド鏡までまたセットする気力は無かったし・・・

いろいろとorzな撮影になりました ε=( ̄。 ̄;)フゥ.

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いやあどんな天気でも、どんなにorzを連発しても絶対空振りしないUTOさんはやっぱり凄いです。この他に木星も撮影されたんですよね。すごいやぁ~♪

No title

相変わらず、いろいろチャレンジされてますね。
昨晩は当地も結露が凄かったですが、ST8300Mの結露は困りましたね。湿度が高い日は、やっぱり乾燥空気とか必要なんでしょうか?

No title

そうですね、この週末は湿度が高かったですね。
日本のような気候にはしっかりとした結露対策も必須ですね。

No title

UTOさん おはようございます

望遠鏡カッコよく写ってますねヽ(*´∀`*)ノ☆;:*:;☆
でもくっつけたりケーブルもたくさん・・・
フル装備をもって遠征かと思うと、やっぱりGPV予想で
躊躇するのも頷けます☆

(*´◡∩*)ポチッ

No title

SBIGですらチャンバの中までは滅多に結露しないけど、カバーガラスの前面には
湿度高い日は普通に結露しまくりますね。特に山へ遠征行くと。温度制御できれば
露点より高い温度まで妥協すれば済むんだけど、SXVはそうはいかない。
それにしても色々チャレンジしてるし、打席に挑む回数も凄いね。
赤道儀周辺が「絡まった焼きソバ状態」なのは私も何とかしたい。

No title

E620でのチャレンジですね。
オリオンを見ると、なかなかいい感じに見えますが。
いつも色々なことにチャレンジされる姿はさすがですね。

確かにフォーサーズの大きさって、いまひとつ中途半端に感じます。
というか、写真用天体望遠鏡の焦点距離がが、APS-Cやフルサイズか、小さなCCDに合わせて設定してあるような。

No title

シュミットさん、こんにちは。
いや~、なんだかんだでドタバタ・・さすがに疲れましたが、日曜日の晩だったので休息がとれていたことと、赤道儀が庭に出ているので準備が楽という点が大きかったですね・・
でも、遠征行くんだったなぁぁ~

No title

Eagleさん、こんにちは。
なんか、ほんと、あれこれバタバタって感じの撮影になってしまいました。もう少し余裕があれば、楽しめたで済むところですが・・・
初動のGENESISがやや失敗でした・・・

そうですね、ST8300M,ちょっと困ったなあって感じです。
乾燥空気を送るのが一番なんでしょうが・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ.

No title

しけるさん、こんにちは。
そうなんですよね、まるで雨に濡れた位にビッショリになっていました。秋口は結露しやすいのが難点ですね・・
カメラの窓ガラスの結露、困ったなぁって感じです。
補正板も結露しやすいので、この時期はまだシーイングはマシでも、なかなかASC-11を出す気になれない・・・

No title

ろざりおさん、こんにちは。
へへ、ちょっと構図は凝って決めてみました (^^)
気づいて頂いてちょっと嬉しかったり。

ケーブルはデジカメ単体だとさほどでもないのですが、オートガイダーとか冷却CCDカメラだとかやるととたんにケーブルだらけになってしまいます・・

No title

kobe1995さん、こんにちは~
確かにSTシリーズでもチャンバ内結露は1年に一度くらいでしょうか~
窓ガラスが曇る・・・うーん、正直、山奥まで遠征しないから今まであまり経験が無かったんですよね・・・
さて、どうしたものか、困ったナって感じです。
まあ、バックアップでデジカメもっていくということでもいいかな・・

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
E-620も結構楽しめそうです。ちょっとリモコンがダメダメですが、まあ、なんとか使えれば良いか・・・と思っています。
赤も意外と写ってくれそうですし、どこかで丁寧に撮影してみたいですね。自宅からだとさすがに厳しすぎ・・(^^ゞ

手持ちの光学系だとちょっと画角が難しいです >フォーサーズフォーマット
M8も猫の手まで入れるには540mmでは画角が足りないし、かといってMT160で系外銀河狙うには広すぎるし・・・使いどころが難しいです。

No title

ASC-11直焦点(レデューサ無し)+ST8300で系外銀河を狙うとかw

既成の市販品だと、カメラのロクヨンに合わせて屈折は口径15cm止まり。
反射も車で運搬することを考えるとサイズが限られてくる。そして、銀塩時代の
35mm判に合わせるか、天下のSBIG STシリーズに合わせた設計に成るのは止むを
得ないかと。4/3は中途半端に成っちゃいますね。それもあるけど、ケーブルだらけ
に成るのを何とかしたい。特に遠征で撮影する時。天下のSBIGもFLIもドームで
撮影するプロが対象な気がする。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ