FC2ブログ

記事一覧

きりん座の銀河NGC2403

気がついたら、もう11/20なんですよね。
天文ガイドに応募する作品を作らなくちゃ・・・というわけであれこれ処理してみているんですが、どれもぱっとしないかなぁ・・・
曇ってばかりで、天体観測向きの日が少なかったもんね・・・仕方ないかなぁ・・
お天気ばっかりは・・。
 
さて、そのうちの一つ、きりん座の系外銀河NGC2403です。

NGC2403 オライオン30cmF4 反射望遠鏡 1200mmF4 ST8XME 冷却CCDカメラ
 
ぼうら屋さんでGENTAさんとご一緒した時に写したものだったと思います。夜半までくもくも君に泣かされていた時のもので、比較的短時間の露出しかできなかったです・・・
その為、苦しさが随所に出てますね・・((+_+))
 
天気予報が変わって、今晩も晴れそうですが、風が強そう。
行くなら獅子ヶ鼻ですが、どうしようかなぁ・・
まあ、お昼寝して一応、夜に備えてから考えてみます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん 風が強いですね (✿→艸←)

今年は曇りが多かったですね☆

星屋さん泣かせのお天気の中でも
いろんな銀河を撮って目を楽しませていただき
ありがとうございます

きりん座って気になっていたので
銀河を見れてよかったです

銀河ってひとつひとつ全部表情が違っていて
どれも本当に綺麗ですぽち

No title

こんばんは
Richardと話して来ました。
あちらはコーラ、私はチュウハイで、、、笑
同じKODAKのCCDでFLIとSBIGはどうしてあんなに画像が違うんだい?
と聞いたら、設計が悪いのでしょうと言っていました。
かれは電子関係のチーフ技術者で良く知っているみたいです。
しかし、FLIのカメラ3台で同時撮影ですからutoさんの2台より多い人を知りました。
ACPを使って制御しているそうです。
昼間の機材風景を良くみるとライフルが、、、
何で?と聞いたら夜にコヨーテが来るのでそれを射撃するのだとか。

No title

熟考しました、熟考しましたよー。
UTOさんの仰っていた内容、やっぱあれ正しいわって。今回の2403ももちろんその部類に属するとは思うんだけど、超ギミックなイメージが脳裏に焼き付くときがやっぱあって・・・。
すっごいシロウト意見みたいでゴメンだけど・・・、こういうのって僕、大好きなんですよねー。
仕掛けビシっと決めるあたり、ホント凄いって思う( ´ ▽ ` )ノ

No title

ろざりおさん、こんにちは。
いやー・・ホント、お天気が少なくて参りました。
きりん座、ぜひ探してみてください。割りとそれっぽいぬぼーっとした形をした星並びで、ああ、なるほど・・という感じはします。
うさぎ座にはと座といい、冬の星座は割りと形が整っているのが多いですね。きらびやかな星々がある星座以外にもぜひ目を向けてみてください。

銀河はどれも個性的で面白いですね。でも、普通の人が見たら、どれも一緒じゃん、という感じですね~ (^^ゞ
車に興味が無い人に車種の違いを話す様な感じかな?

No title

メーテルさん、こんにちはRichardとの会談、お疲れ様でした。
FLIとSBIGの違いはホントそうなんだろうなぁ~と思います。
回路系もですが、設計思想も違っているんだと思いますよ。

それにしても、3台同時撮影ですか~
ぐむむ・・自宅からなら不可能ではないですが・・・(^^ゞ

No title

3台は自宅からなんですが3台のFLIを持っているのがこれまた驚きでした。
彼は自分の会社(顧客がエルピーダとかサムソン)の主席技術者なんで色々な技術的サポートをFLIにしているみたいです。
だからFLIの人間が遊びに来るのでしょう。

No title

よっちゃん、こんにちは。
あ、表現のお話しですよね。
同じ天体でも、透明感を出したい!とか、パステル調になっても淡い部分を出したい!とか、構造を出したい!!とかいろいろあった方が見てる方も楽しめる面もありますよね。天体写真だとモチーフは同じになってしまいますし・・

銀河だと、sora-canさんの系外銀河の作品は透明感があるんですよね。
CCDママさんのは解像感がある・・・メーカが違うデジカメみたい。
映像エンジンか、個人の表現センスの違いですが、同じ天体でもいろいろな感じになるところが面白いですね。

オライオン+ST8XMEだとやっぱりブルーミングがキッツいです。
この2403はさすがに今月見送りかも。ケータイで昨晩みたらやたら緑が強かったなぁ・・でも、会社のPCモニタでも自宅のモニタでもこれくらなら許容範囲なんですが・・・プリントする時に苦しみそうなケースですね・・・。
もう少し、良くなるように工夫してみます。

No title

メーテルさん、こんにちは。
FLI3台ですかぁ~凄いですねぇ・・
技術提供、どのレベルまでか分かりませんが大事ですよねえ。

ユーザ目線に立った商品開発・商品紹介をしているところが、望遠鏡関係でも生き残ってますよね・・・
大事な事だと思います。

ただ、Richrdさんの場合は提供しているのはもっと深いノウハウ、技術なのかもしれませんが・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ