FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園、プチ遠征

当初の天気予報では日曜日も雨予報で、1日ゴロゴロしている 部屋の片付けと掃除を行う予定だったのですが(笑)天気が回復しそう。
思わず朝のご近所をカメラを持ってぶらぶらしてみたり。

うっ、タイトル思いつかない (^^ゞ 『秋の空』・・・イマイチだなぁ・・・
Canon EOS40Dデジタル一眼レフカメラ  EF35mmF2.0 開放

うーん、このレンズ、先日使った時に気がついたのですが、どこか狂っているみたいで、ピントをかなり外します・・・。前はそんなことはなかったと思ったのだけど、持ち歩いているウチに壊れたかなぁ・・・。
EF50mmF1.4USMも調子が悪く、こちらはときどきAFしなくなってシャッターが切れない・・。うーん、EF50mmF1.4は結構気に入ってよく使っていただけにショック・・・。
それは、それとして・・。いいお天気です。

AstroGPVでも、もくもくも君率0行進で、これはイケそう!
ただ、風が強いなあ・・
月も夜半を超えて2時までは撮影できそうですから、久しぶりの天体観測びよりといえるお天気です。
風さえ避ければ、撮影は捗りそう。
夜に備えてお昼寝することにします。

仮眠をとっていると16時くらいにチャイムで起こされました。
2時間寝てないジャン・・orz
しかも、住宅リフォームの訪問販売員で、
お父様かお母様、いらっしゃいますか?とか抜かしやがる
・・・たしかに、上下ジャージだし、寝起きだけどさぁ・・
自宅警備員と勘違いされたなう(爆)
とりあえず、父も母も今はおりません!とお断り(嘘じゃないも~ん)

さて、風は相変わらず強い・・
どうするかな・・
獅子ヶ鼻公園といえども、オライオン等の反射望遠鏡ではあまりにも分が悪そう(風でブレそう)・・
そうするとGENESISを使って、遠天写真展用の素材をこしらえるかな・・
オライオンでどうしてもこれだけは撮りたい!!という天体が即座に思いつかなかったこともありますが・・・
よし、久々にGENESISで撮影してこようかな・・と思ったところで、GENTAさんからTEL。
GENTAさんもテストしたいことがあるので行きます!とのこと。
LS15さんにもよほど電話しようかと思いましたが、翌日が仕事がありますから、ちょっと誘いずらいカナ・・
もう1日早く、土曜日に晴れてくれていたら、気兼ねなく誘えるのですが・・。


夕食をすませて、機材を積み込み。
機材は望遠鏡は、GENESIS SDF,カメラは冷却CCDカメラ ST8300Mを持ち出します。
窓材結露問題は解決していませんが、乾燥してくるこの時期なら心配は不要でしょう。
バックアップとして、カメラは、一眼レフデジタルカメラ EOS40DとTリング、リモコンを予備として持って行きます。万が一、ST8300Mが結露してもEOSで撮影できる体制は整えておきます。
あとは、ブログ撮影用デジタルカメラとしてE-620も持っていきますが、
明日は仕事ですからね、撮影システムは1台に絞り、さあ、出発!!
おっと、危うく、LRGBフィルターをわすれていくところでした!出発前に気がつきました。
いやー、今回は比較的お手軽機材だし、ブログネタは無しだぜ~ (^^ゞ
などと思いつつ(笑)、LRGBフィルターもって、さあ出発。
時刻は19:10分、気温は13℃でした。

正直、望遠鏡積み込み時はちょっと暑いくらいでしたので、服装は完全武装とまではいかないですが、そこそこ冬装備で出かけることにします。
昨冬の残ったカイロがまだあるのでそれを使ってるのですが、さすがに底を付きそう。
うーん、在庫不足とニュースで言っていたし、あるかなぁ・・また今度買い置きしておきたいところですが・・・

獅子ヶ鼻公園につくとGENTAさんがすでに来られていました。
ちょうど?準備を始めたところの様です。
まずはお借りしていたOAG9をお返し。
いずれはやはりST8300Mを中心とした撮影システムに移行していかなければならないとは思うのですが、さしあたっては先送りした形になります。

獅子ヶ鼻公園 東側 オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Zuiko Digital 14-45mm 14mm側 露出60秒@ISO800

空は、獅子ヶ鼻公園では明るいものの、強風は案の定、防風林が防いでくれてあまり問題にはならなさそうです。これなら安心して撮影できます。
東の空が明るくなったのが気になる・・とGENTAさんと話しをしながら、準備を始めます。

獅子ヶ鼻公園は、明るいとはいっても、それでも自宅に比べれば明らかに良い空です。
天の川もうっすらとですが見ることができます。南は森町の光害で見るべくもありませんが・・

カシオペア座とペルセウス座 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mm 18mm側F3.5開放
露出30秒@ISO1600

うーん、さすがに撮って出しJPG画像では天の川は分かりませんかね~


GENTAさんはVixenED115Sを使ってオフアキシスガイドでの撮影テストを行なっていました。手を痛めてしまっているので、軽めの機材で来た・・!というのでてっきりminiBORGだとばっかり思ったのですが (^^ゞ
以外と気合入ってます。・・・と、言ったら、FSQに比べたら軽い軽い!と仰っていました。
GENTAさんは、PCトラブル(液晶画面の接触不良によるバックライト消灯)に悩まされていましたが、なんとか騙し騙し使ってらっしゃいました。
遠征用ノートPCは、やはり、まず液晶モニタから故障するんですよね~・・。

GENTAさんのビクセン ED115S EDアポクロマート屈折望遠鏡
望遠鏡らしいすらりとした姿がカッコイイ!

さて、極軸合わせも順調で、結露もなく、さぁ!撮影開始。
ところが、くもくも君が・・・


準備中にも時折流れてきていたので、いや~な感じはしていたのですが、とうとう貼り出してきてしまいました。
それでも移動が早く全面曇りになることはなかったですが・・・
一人だったら、諦めて撤収していた天気でした・・。

晴れたり曇ったりで、どうしたものかな・・・と思っていたのですが、23時過ぎ頃にやっと全天すっきりと晴れてくれました。
急遽やろうと思ったIC410とIC405のモザイク合成は、構図確認程度(フォーサーズフォーマットで540mmって案外厳しいです)で2コマでもちと苦しいなぁ・・というのは確認できましたが、IC410だけでも撮影すれば、写真展ネタには十分になりますから、雲間から通して撮影していたRGB画像はそれでヨシと割りきって、Lフィルターで10分に設定して、車の中へ。

GENESIS SDF 屈折望遠鏡で撮影中~  相変わらず、スパゲッティコードです (^^ゞ

風があることもありますが、結構、寒くなりました・・・
明日、仕事もありますので、ここで一寝入り。
GENTAさんもボクより一足早く?車の中に入った様でした。
目覚まし時計を月が出る前の1時半にセットして、一寝入り・・・
ちゃんと毛布は持ってきたし、貼るカイロも背中に貼り付けてあるので、割りとぐっすり。とはいえ車中泊だとどうしても睡眠が細切れになってしまいます。
起きると0時40分頃。


獅子ヶ鼻公園 北天 オリンパス デジタル一眼レフカメラ E-620 ZukoDigital 14-45mm 14mm側にて
露出60秒@ISO800設定

今回は1枚目も確認して、フフ・・ガイドもバッチリだぜ!
と、思って安心して寝ていたのですが、キッチリ3枚目以降はガイドエラーになってるっぽい・・orz
高度が上がってバランスが崩れたのが原因ではないかと思いますが・・・ぎゃふん。

馬頭星雲を撮らせてみます。
光害が南は結構ありますが、それでも夜半を回ると多少はマシになります。
でも、子午線まであと1時間弱ですから、カラー画像は得られません。
・・まあ、構図の確認という目的も含めて試写です。
次回撮る時はキチンと撮りたいですね。

GENTAさんの方は撤収準備に入っていらっしゃいました。
一応、自分の方はせっかくの晴れなので・・ということもあってもう少し撮影する予定。ご挨拶して、引き続き車内で寝ます・・Zzz


そういえば、日曜日晩だというのに頻繁に車が通って参りました。
下から上がってくる分には、問題はないのですが、上から来る車だとちょうどヘッドライトが公園駐車場に当たるんですよね・・カブリの影響は少ないとは思いますが・・・

下の駐車場で大学生が来てなにやら馬鹿笑いしていましたが、幸い、上の駐車場には上がって来ず。
せっかく目が覚めたので目覚ましを停止して、外に出ると丁度月が昇ってきていました。馬頭星雲も子午線を越えていますので、カメラを一旦、取り外して、西向きにしてM42を目視で入れます。
こういう時、ファインダーがないと大変不便ですね・・・ファインダーがあれば、カメラを取り外す必要はないのですが・・・
さて、月が出てきましたが、Hなフィルターに変えて、そのまま撮影させます。
ガイドの様子は・・・チェックしなかったのですが、無事追ってくれることを祈るのみです (^^ゞ
兎に角、寝なくては・・・
目覚まし時計はフラット撮影が薄明でできる5時45分にセット。ですが、時間的な余裕がなくなるので、できれば少し早めに起きて、フラットは蛍光フラット板、がいこつ君で撮影したいところです。
寒さもだいぶ厳しくなり、足元が冷たい。靴下は2枚重ねでは来たのですが、薄いやつ2枚で来てしまい、正直、ちと舐めてました・・・


獅子ヶ鼻公園 北西側  西は浜松市の光害で明るいです・・・ Canon EOS40D EF-S 18-55mm 18mm側F3.5開放 露出30秒@ISO1600


なかなか寝付けなかったのですが、いつの間にかぐっすりと寝てしまい・・・目覚まし時計で起こされました。
辺りは薄明も進み、朝焼けが美しいです(写真に撮る余裕は無し)
よっしゃ、フラットを撮影!
と、思って、PCを見てみると・・・あれ・・電源オチてる・・・
フル充電してあったし(とはいえ、1週間程、間が空いたか・・)カーバッテリー1ケで持つだろうと思っていたのですが、力尽きたみたいです・・
まあ、仕方ないデスね・・。
冷却CCDの電源を取ってるディープサイクルバッテリーに接続してPC起動。
ところが今度は冷却CCDが認識せず・・・
こういうケース、これまでの経験で2点程、対策案は思い浮かびます。
一つは、USBを抜き差ししてドライバを再認識させれば動くケース、もう一つはテータ転送中にPCがオチたので、データが送れなくなってカメラが考え込んでいる場合。
後者だとすると、電源を一度OFFにする関係上、再度冷却もせねばなりません。
当然、イヤな方は後回しでチェックしますが、やっぱ、電源落とさないとダメみたい・・orz
ま、これも仕方ナイ。
さくっと電源を一度外して即接続。制御ソフトも即起動して冷却温度もすぐにON.
とはいえ多少認識に時間がかかることと、ST8300Mの小さなチャンバ室は温度が上がるのも早く-7.7℃まで上昇していました(撮影時は-25℃)とりあえず、一段温度をさげて-15℃として、フラットフレームを撮影。
通常はL,R,G,Bとそれぞれ撮影するのですが、今回は時間がない!!
Lフィルターのみフラットを取得して、RGBは使い回しをセざるを得ません。
銀河なら、多少ムラが残っても、ソフトウエアで補正が効きやすいんですが、散光星雲だとやっぱり、本当は各フィルターでしっかりとフラットフレームは撮影しておきたいところです。

片付けも行なって、獅子ヶ鼻公園を撤収した時刻は6時22分!
それでも、まだこの時間なら、帰宅してからひと風呂浴びる余裕はありますが・・・
来月になると薄明待ちはちっと無理があるなぁ・・・

今回はブログネタは無しで!という意気込みもどこへやら。
やっぱり、なんだかんだでしっかりとトラブってブログネタを仕入れて来たのでした・・orz

今日も雲はありますが・・・良い天気。
風は昨晩ほどではないのですが、少しは吹く予報・・・オライオンもって獅子ヶ鼻かなぁ~
気力が持てば、ですが、行くだけ行ってみようと思います。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

タイトルなんですが、『さみ~し肉まん買ってウチに帰ろう』・・・あたりがお似合いかな?と(*^_^*)
あんまり高尚なタイトルは、似合わないな~。

No title

UTOさん とりあえずなのですが

タイトルは⋆柿くへば⋆でいかがでしょうか

No title

また来ました。先程はiphoneで見てタイトルつけましたが、CG211で見たら案外ウォームな印象でした。iphoneは大体7500ケルビンぐらいあって寒色が強くなってしまうんです。

No title

ちょっぴり真面目に・・・。
『秋空の被写界深度』
なんてどうでしょうか?
木の葉も空もパンフォーカスにならないもどかしく浅いピント深度と、UTOさんが秋に抱く切ない恋情を引っ掛けた壮大でバーチャルな愛の叙情詩です。

No title

UTOさん おはようございます

今、熱いカフェオレをいただきながら星景写真を見ています

昨夜UTOさんの星の写真を見て、よしっ3時に出かけよう♪
と、早寝したのですがお布団から一歩も出られなかったです

キャンピングカーを移動天文台にできると便利かなぁって
思いました(*"ー"*)

GENTAさんのも、UTOさんのもカッコイイ望遠鏡ですね
しかし、ナゼにGENTAさんのおしり・・・・・とも思いました

最初に返りますが、お散歩写真の空の色がすごく綺麗で
全体的にぬけていくような透明感があって
柿がたべたいなぁと直感的に感じました(*´◡∩*)ポチッ☆
あ、みかんもいいですね

No title

よっちゃん、こんにちは。

いやー、写真のタイトル付けって難しいですよねぇ~
天体写真も、少し凝りたいな、と思う時もあるのですが、結局、あれこれ考えても良いのが思い浮かばず、結局、NGC●●●●とかM●●とか味気ないタイトルになってしまいます・・
一応、少しは・・ということで、秋の渦巻銀河M33とかいう感じで少しだけ装飾はするようにしているのですが、、、、
うーん、でも、タイトルよりも肝心の写真の出来映えの方がまず大事ですね・・

No title

ろざりおさん、こんにちは。

GENTAさんのおしり・・良く見てるなぁ~
気にしてなかったよ (^_^;)

屈折望遠鏡はスラリとしていて、スマートで気品があってカッコイイですよね。
反対に反射望遠鏡はドラム缶を強引に載せていて、いかにも土木工事という感じになりますが、実際の写りは反射の方が口径が大きい分、凄みが出ますね。

空は、これは今回、Canonの色彩が良かった例ですよね。
すっきり透明感がある色調になるんですよね。
オリンパスだともう少し、コクがある感じになってまた印象が違ってきます。
映像エンジンの味付けの違いなのでしょうけど、こういう差も面白いなぁ~と思います。

No title

獅子ヶ鼻遠征お疲れさまでした。
最初の時間帯は本当に雲に悩まされましたね~
私の方はオフアキがなんとか使えるようになったのが成果でした。構図は縦の方が良かったみたいです。
流石に昨夜は仕事も忙しくパスさせていただきました。
しかし、明日は休めそうです。手も痛いのが治らないので、今夜も軽量セットで獅子かなぁって感じです。

No title

GNETAさん、こんにちは~
一昨日はお疲れ様でした。オフアキシステム、完成して良かったですね!例の天体は縦構図が良かったですか~
光害防止フィルターを入れて被写体を選べば、獅子ヶ鼻でも作品ができそうな感じですね?

昨晩は良いお天気でした。
今晩も、GPV予報はもう一歩ですが、案外お天気が持ちそうな感じがします。
ちと遅くなるかもしれませんが、夜半までと割りきって僕も出かけようかなぁ~
また後で電話しますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ