FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園遠征記11/24

予定していた仕事が来なくなったので(喜んでいいのやら、悪いのやら・・)、急遽、本日有給申請しました。
お天気はそこそこ良さそうなので、撮影に専念できます。
帰宅して、機材の準備。
望遠鏡は何にするか悩みましたが、風が強いのでオライオンだと無理があるかもしれない・・ということで、フィルターテストをしたかったこともあり、屈折望遠鏡のGENESIS SDFを使うことにしました。
ただ、それ単体だと勿体無い気もします・・
と、いうことで、MT160反射望遠鏡も持ち出し2台体制で、撮影を楽しむ方針で取り組むことにしました。
もっとも、こちらも銀河巡り用ですので、フォトコンテストには出せないと思いますが、せっかくの銀河の季節なのに、銀河巡りをしないというのも勿体ないですしね~。
ま、今回は、楽しむ!という方向性でいこうと思います。
 
さて、機材を積み込んで、出発は18時50分!気温は8℃。
うーん、2,3週間前までならば、18℃あったのですが・・・
急激に寒くなりましたね。
場所は風避けを兼ねて獅子ヶ鼻公園へ。
まずはMT160を組み上げ、予定していた系外銀河を狙います。
作品にはなりませんが、これまで撮影したことが無い天体ですから、撮影していてちょっと楽しい。
後で処理しましたらお見せしま~す。

MT160反射望遠鏡 Canon EOD40D デジタル一眼レフカメラにて。 EF-S18-55mm F3.5開放

ST8XMEへの電源は先日書いた様に、DC電源がおかしくなってしまいました。
しかし、それ以前にも1台、同じ症状が出始めたので使うのをやめたDC電源があります。
こちらも時間の問題かもしれませんが・・・しかし、毎回必ずダメだったということはなかったハズ・・!と、再び持ちだしてきました。無事、動作してくれています。
もう暫くはこの電源で頑張って、いざとなった時にはまた考えることにしましょう・・・。
セルフガイドシステムなので、残念ながら(?)トラブル無しです(笑)
 

GENESIS SDFを組み立て始めます。

GENESIS SDF 屈折望遠鏡 Canon EOD40D デジタル一眼レフカメラにて。 EF-S18-55mm F3.5開放

こちらは、未だにもう一歩使いこなせてないんですよねぇ・・
極軸を合わせて、組み上げたところで、GENTAさんが来てくれました。
差し入れ、どうもありがとうございます~感謝m(_ _"m)ペコリ
今日は、カサイのn-Bino双眼鏡もちゃんと持ってきていましたので、GENTAさんにもお貸ししてみてもらいました。
やはりネビュラフィルターをON/OFFできるというのが斬新でいいです。n-Bino
星空スナップをいくつか撮影して、GENTAさんはお帰りになりました。
またご一緒しましょ~!!
GENESISを組み上げて、Cielと格闘。
SE赤道儀は、どうも、もう一歩、使い慣れないんですよね・・・
それでも、yamatomoさんのご指導の下、なんとか使える様になりましたが・・・。
あまり使っていないこともあって、もう一歩、スムースに撮影にこぎつけないんですよね。
自動導入もイマイチ精度が悪いので、まず眼視で見て導入精度もそこそこチェックしてからカメラを取り付けています。
GENESISにはファインダーがなく、またST8300Mをつけると当然、カメラにもファインダーが無いのでSE赤道儀とは相性はあまり良くないかも・・。
制御PCはEeePCを使っているのですが、少し不要ソフトをアンインストールしてあげないとちと重たい・・
あと、SBIG DriverのVerが旧い?CCDsoftからST8300Mがうまく認識せず・・
⇒要整備
マキシからは使えるのでマキシで実施。
ガイドはDSIPro+PHDGuidingで実行。
こちらはASCOMで制御するのですが・・Cielとなんか競合するのかはたまた、PCが一度、スリープしたからか、当初、ハングアップして参りました・・・。
Cielを終了させてPHDを再起動してからは問題なく動いたのですが・・・
ノ(-______-;)ウゥーム・・・.
まあ、何はともあれ、使えるならそれで良いかと、撮影開始。
 
23時頃、H野LS15さんが来られました。
少しお話して、ボクのカサイの双眼鏡をお見せしたりしていたのですが、LS15をセットして観望準備に入ります。
・・・明日仕事なのに頑張りますねぇ(ちなみにあっしは有給 (^^ゞ)


LS 15で見せていただいたM31がとても印象的です。EWV-32の素晴らしい性能もあるのでしょうが、84°の広い視野をはみ出さんばかりのアンドロメダ大星雲が良く見えます。左右にM32,M110の伴銀河も従え、素晴らしい眺めです。
少し西空に傾いて浜松市の光害の影響があるのが少し残念。
もう少し空が暗いところであれば、視界をはみさんばかりのアンドロメダ大銀河をもっと良く堪能できることでしょう・・・
肉眼でもアンドロメダ大星雲が見えますし、天の川も薄いながらも、西に傾いたカシオペア座~おおいぬ座にかけて流れている様子を感じることができます。
ほんの30分、車を走らせるだけで、これだけの星空が堪能できるのはやはり恵まれているのでしょうね~。

それにしても、ACF光学系、優秀だなぁ・・
EWVとのマッチングもいいみたい。
M45,M35,M37,M46などの散開星団を見回し、M42も眺め(うっすらですが色彩も分かります。中心部の緑、翼の赤・・)ました。
M81,M82は系外銀河はさすがに口径がもう少し欲しい感じですが、きちんとハの字に並んだ星雲が見られます。
Nikonの10×50双眼鏡も見させてもらいました。
が、うっ、やっぱりカサイの10×60とはモノが違う・・ッ!!
星像がシャープで、木々の向こうの星々が立体感をもって見られ、とても美しいです。
うーん、カメラレンズもそうなのですが、やはり、光学製品って、優秀な機材とそうでない機材とは越えられない壁があるというか・・性能差が著しいなあ・・
もちろん、望遠鏡もそうですが、
まあ、そこは理解した上でB級機材を選んでいるのでちゃんと(?)実用にはなっているんですけどね。(まあ、たまあに黒歴史がありますが)
やはり光学性能というのは何者にも代え難い様です。
 
LSさんは1時頃まで獅子ヶ鼻で星空を眺めて撤収されました。
仕事もあるのに、頑張るなあ・・
GENTAさんといい、ホント、周りにやる気がある人達がいると、こちらもやる気を貰えて助かります。
次回、時間がある時には、LS15で少し本格的に撮影させてください >LS15さん
そういえば、LSさんはNikonのデジカメを欲しがっていました。
タイ洪水問題でちょっとまだ買い時ではないので、少し待ちが正解でしょうね~・・・
 
さて。LSさんと別れて、少し車の中で仮眠。
2時15分に目覚まし時計をセット。
軽く一寝入りです。
目覚まし時計で起きてみると、SE赤道儀側はバッテリーがあがってきていました。
うーん、もう一つくらいは写したい気もしましたが、この寒さでは、SE赤道儀と悪戦苦闘する気力も沸かず、電力不足ということもあり、SE赤道儀はここで完了。
とりあえず、フラットは撮影させたいので、機材はそのままで電源を落とします。
それにしても一晩は持たないか・・・
やはりこの冬は節電が大事らしい・・(爆)
リストアップしていたた系外銀河リストを忘れたので、とりあえず、MT160の方は適当な銀河を入れます。
うーん、本当はインテグラルサイン銀河を狙うつもりでいたのですが・・・。
まあ、仕方ナイ。
そのまま、再び車の中で。(つ∀-)オヤスミー
上着はスキーウエアも着て万全の体制なのですが、メーテルさんからご指摘があったように、やはり動いているのが前提なのでしょうね。
起きて動いている間はかなり温かいのですが・・・っという感じでした。
足下も冷えるなぁ・・・。
途切れ途切れで起きるんだけど、基本、そのまま、朝まで爆睡。
5時45分に目覚まし時計に起こされました。
あれー・・案外疲れていたんだなあ・・
フラットを撮影し、それから片付け。
やはり2台体制だとそれなりに時間がかかります。
6時59分、獅子ヶ鼻公園を撤退しました。
うーん、消化不良というほどではないですが、もう一歩,モノ足りない撮影になりましたが、関東は曇だったようですし(LSさんのiPhone4Sで確認)、贅沢は言っちゃいけませんね。

激安干渉フィルターによるM42 GENESIS SDF屈折望遠鏡 NPR-1073レデューサ使用 ST8300M 冷却CCDカメラ
RGB各5分×1コマ。ダークフラット無し。
 
とりあえず、カラー合成してみました。
色調はほぼ期待通り、なのですが・・・B,GでフィルターとCCD窓ガラス間の反射と思われるゴーストが出てしまいました・・・ノ(-______-;)ウゥーム・・・.
 
特に、Rフィルターが優秀で、R64に近い特性をしているだけあって、良い写りをしていました。
Rだけはなぜか?ゴーストも薄いんですよねぇ・・・。
本当はもう少しいろいろな天体を撮ってみて色彩について考えてみるつもりでしたが、結局この1対象をずっと追いかけていました。(SE赤道儀、PHDとCielでちょっとトラブったので動かすのがちと大変かも・・と (^^ゞ)
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん こんばんは

オリオン大星雲、綺麗
やっぱり、綺麗、滑らかさも色も凄い綺麗です☆

綺麗綺麗を連発していますが、
自分で撮ってみてよーくわかりました☆
凄いなぁ・・・・・もうため息しかでないです(=´∇`=)

いつも書かせてもらってますが
どぎつい色より、こんな柔らかい色あいが好きですぽち

No title

書き忘れてました

オリオン大星雲の下の青い星
Xmastreeのオーナメントみたいですっごく綺麗です

それから、GENTAさんからの差し入れはなんだったのでしょうか

No title

ちょうど今この星雲狙ってます。今夜はかなり大勢で集合してます(*^_^*)
このM42、イイですねー。何だか昔S2Proのデジカメで撮っていた頃を思い出しました。このときの感動を忘れたくないですよね。

No title

ろざりおさん、こんばんわ。
オリオン座大星雲は(多分)また後日、きちんと仕上げますので、お楽しみに???
柔らかい描写は画像処理のおかげの面が大きいですね。
デジカメでもRAWで撮影してレタッチするとだいぶ変わりますよ、機会があったら、チャレンジしてみてください。

GENTAさんの差し入れ、温かいココアです。
体が冷え切っていたので、とても助かりました。

No title

よっちゃん、こんばんわ~
久々の週末の晴れですものね~
こちらは、昨日、頑張りすぎたみたいで、今日は、リタイア。
とはいえ、自宅庭でパラコア2のテストは行なっています。

GENTAさんも、ミューさんも明日お仕事だし、LSさんも多分、用事で来られないだろうし・・疲れも抜けてないし・・で自宅から撮影にしたのですが、yamatomoさんが獅子に行かれてました。
あら~ (^^ゞ

No title

この時期、みなさんコレを狙われてるのですね。やっぱり夜半に昇ってくると、自然に引き付けられる星雲ですよねー。
さすがのUTOさんもお疲れですね。寒くなってきたので風邪ひかないように…と、自分にも言い聞かせてます(^^;

No title

ACF光学系はUTOさんから見てもなかなかよさそうですか。
補正板のパワーを強くして、主鏡を双曲面と同じようにして
副鏡も双曲面だから実質リッチークレチアン並みだと言う話を
聞いたことがあります。補正板を通過するから、色収差は少し出るけど
像面湾曲はリッチークレチアン以下だとか。僕も一度覗いてみたいなあ。
寒くなってきたので、防寒体制しっかりしてくださいね。
風邪をひいたら、撮影できなくなっちゃいますよ。

No title

玄さん、こんにちは~
やっぱり、M42は魅力的な星雲ですよね~
明るいのでテスト撮影には持って来いです。できたら遠天の写真展用に・・・とも思ったのですが、これだとちと厳しいですね・・ノ(-______-;)ウゥーム・・・.

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは。
ACF光学系、かなり良いですね。周辺まで良像を結ぶからでしょうか?エルフレやケーニヒベースのB級の超広角アイピースとも相性が良いようで、カサイのEWV-32やEWV-16を使うととても良く見えます。
EWVはニュートンとは相性が悪く、NA140SSfでは素晴らしい性能だったことを考えると、やはり周辺まで良好な光学系でないといま一歩なのかも???と素人考えで思ったりしています。
ACFは周辺像も良いところがGoodですね。

そうですよね、防寒体制、ちょっと見なおしてみます。
まだまだ気温は5℃程度なのにこの体たらくですからね・・・

No title

そうそう、そろそろ銀河三昧の季節になります。私もいい加減散光星雲には飽きてきました。渦巻きが撮影したいですが、最近のフォトコン、銀河は250mm超で無いと辛いので悩みどころです。オリオン星雲、やはりLRGBだとGBでゴーストが出ちゃいますよね。こういったゴーストをキレイに消す画像処理フィルタが欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ