FC2ブログ

記事一覧

星夜

昨晩はクリスマス・イブでしたねー。
え、タイトルの漢字が間違っているって?
うる聖夜!(笑)
と、どうでもいい悲しいギャグは置いといて・・・ (・ω・`)
昨晩の顛末記です。

山の村からは早めに帰宅したのですが、朝寝たのが6時頃。
10時に目を覚ましたのですが、柱時計がとまっていて、3時半を示していました。
ゲゲッ、こりゃ寝過ごしすぎた!?と思わずビビってしまいましたが、目覚まし時計を見たら10時。うーん、もう少し寝たかったのですが、驚きすぎて目ェ覚めちゃったよ。
 
GENTAさんもおろくぼで頑張るとのこと。
H野LSさんも昨晩、山の村で聞いたら、今晩も獅子ヶ鼻に行くよ~とのことでした。
みなさん、頑張りますね。
今一歩、気力が湧きませんが、ボクも頑張るとしますか・・

獅子ヶ鼻公園には行こうと準備を始めます。
オライオン30cmは持っていくとして、サブ機はどうしよう?
EeePCは壊れてしまいましたし・・
そういえば、14thPCが12V駆動できない為に、あまり使用していません(自宅では運用)
バッテリーはSG3000DXを使って持つところまで使うことにして、このPCの撮影環境を整えることにします。
SE赤道儀で、PHD,Ciel,ST8300Mの運用テストを行うことにしよう、うん。
と、いうわけで、機材を積み込み。

自宅出発は19時8分でした。
気温は6℃。
・・・ところが獅子ヶ鼻公園に到着する頃には3℃に!結構冷えてきていそう。
山の村程ではないから、と、上着を1枚省いてきたのを軽く後悔・・・

さて、まずはオライオンを組み立て始めます。
いつも手馴れた機材だから、問題なく・・・と行きたかったのですが、オライオンを乗っけた時に、三脚止めが外れてしまい(以前、ちょっと曲がっていてはまりが悪くはなっていたのです)、三脚が開いて、危うくオライオンとEM-200赤道儀が倒れて潰れそうな状態に・・!!
幸い、なんとか保持してくれているうちに、オライオンは元に戻し、鏡筒バンド、バランスウエイトをそっと外して、EM-200赤道儀も取り外し。
実際にはオライオンを外しただけでもなんとかできる可能性はありますが(留め板を三脚にはめるだけですからね)、まあ、こういう時は一からやり直した方が正解だと思います。
ここから持ち直す!!とかやると、却って悲惨な目に遭うものです。
いや、まあ、なんつーか、天体撮影って、いろいろと貴重な経験を積ませてくれますよねー・・・。
ダメなものはダメ(シビアーな世界ッスからねぇ)、立てなおすくらいならやり直せ!貴重な体験ですよ、コレって。いや、マジで。

いずれにしても、オライオンもEM-200も潰さなくてほんとよかったよ・・。
ここ最近のツキの無さを象徴していますね、、┐('~`;)┌ヤレヤレ

寒いハズなのに汗ビッショリ。冷や汗かもしれませんが。
ここで仕切りなおし。
セッティングをしている最中でLSさん到着。

LS15ACFで少しマジで撮影させて~!とメール打ったのですが・・・
肝心のデジカメ、忘れてるし orz
ホントはLS15で少し真面目に天体写真を撮りたかったのですが・・・・
こういうお手軽路線って絶対大事!
裾野を広げるには、ね。
フィルターも赤外カットを兼ねるLPS-P2忘れたり、がっかり感満載ですが、なんとか、オライオンはセット完了して撮影開始。
やっと少しお話する時間が取れます。

とりあえず、EWV-16を持ってきたのでLSさんにお貸ししました。
見掛視界85°双眼で見たM42は大迫力!!
やっぱり双眼だと超広角は効いてきますねぇ・・
思わず、ExtraWideView16mmはどうぞ、使ってくださいとお貸ししてしまった程ですよ。
まあ、観望会が無いと使わないし、双眼の迫力を知ってしまうと、ちと自分で、使う機会は少ないだろうナと思ったので。
ただ、色彩を感じられなかったのはやはり双眼で光量を割り振ってしまった結果なのでしょうね。
13cm反射でもボクの目は、オリオン星雲の色彩を感じられるんですけどねー・・。

さて、2式目のSE赤道儀も組み立て。

Xデー(笑)の獅子ヶ鼻公園 ニコン D5100 デジタル一眼レフカメラ  撮影:H野LS15さん
 
今回は場所が場所、ということもありますが、テストと割りきってきているので、落ち着いてゆっくりと。
望遠鏡は江戸君ですが、カメラはST8300M.
もっとも、カメラ組み立てまではいかないかも?
各種ドライバ類は入れてありますが、Cielを起動してEQMODを選択。
やはり初期設定が何も入っていないので、あれこれ設定して、なんとかリンク。ヨシ!
思わず嬉しくなったり (^^ゞ
次にDSIProを接続するも認識せず。
こちらも、ドライバは入れてあるんだけどなぁ・・デバイスマネージャみても認識はしているのだけど・・
一瞬、昨晩EeePCがお亡くなりになった時につないでいたので、こちらも道連れにされたッ!? ((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル 
とも考えないではなかったですが、幸い、ST8XMEを動かしているPCにつないでみると無事動作。ε-(´∀`*)ホッ
と、なると、ドライバがアヤシイかなァ・・・
ということで、バックアップ用のUSBメモリから、DSIドライバのみを再インストール。
DSIも無事動作。

先日の山の村で、GENTAさんがGPUSBを使っている理由を伺って、なるほど、ボクもEeePCだとどうもEQMODの喰い合いが生じてイマイチ不都合が生じていたので、今回はGPUSBで使用してみるか・・と接続。
ドライバが最初上手く認識しなかった様ですが、別ポートに挿したら上手くいった・・?
でも、結局PHDGuidingで使ってみたら、GPUSBではなぜか動作せず。
GPUSBのLEDは赤・緑と点滅しているのでガイドケーブルが問題か・・?
とりあえずASCOM経由で設定したところ、バッチリ上手くいきました。
おぉ・・まさかST8300Mを準備するところまで来るとは・・!
SG3000DXもすぐに音を上げる(や、これまじで冗談ではなく、バッテリー切れそうになると五月蝿い音がなりますよね・・SG3000DX)かと思っていたら案外持ってくれました。と、いっても2時間ほどで本格的に使える程ではないなぁ・・
ST8300Mを起動して撮影もさせたのですが、考えてみたら、カメラを取り付けてからバランスを撮り直す作業を忘れておりました (; ̄ー ̄川 アセアセ
おかげでガイドは上手くいかず。
おまけにSG3000DXも、悲鳴を上げたところで、とりあえず、SE赤道儀側は使用の目処がたったし、ということで終了~
今回はCiel3.0とPHDをASCOM経由で快適に操作できるところまでこぎつけたので割りと満足。
ただ、PCはもう一度別PCに変えるかも。
14th PCは快適で便利なのですが、電源が問題ですからね・・・。
遠征で2式展開するとなるとなかなか大変なんですヨ・・
気力・電力が十分に充電されてないと (^^ゞ

来た頃はやや霞んでいた空でしたが、夜半前には素晴らしい透明度に恵まれました。

カシオペア座 ニコン D5100 デジタル一眼レフカメラ  撮影:H野LS15さん
 
うーん、Nikonだと輝星の色合いがトンでしまいますねえ・・オリンパスE-620では良い感じに残るのですが・・。
なんというか、各社の味付けの違いを感じますネ。Nikonは星の色が残らないなぁ・・実際どうなんでしょう?
 
昨晩の山の村に比較すると明るいのですが、それでも、シリウスまで天の川がうっすらと伸びているのが分かります。
獅子としては透明度10/10!シーイングは山の村よりもずっと良く、オライオンの写りも満足がいくものです。
うーん、やはり次回、山の村に行く時はオライオンはやめよう。
ちゃんとTPO(死語)を考えなくっちゃね。
TPOのTはTelescopeのT,Pは撮影ポイントのP,Oは対象、ObjectのOでっす(嘘)
 
さて、めっちゃ寒くなってきたし、とりあえず車の中へ。
時刻は25時前。くもくも君が北から流れてきたので、オライオンの方も予定を変更して次の被写体へ。ちょっとまだ低いですが・・・
南まではくもくも君の魔手が伸びてきてませんからね・・別対象を狙うには時間が足りないし・・という感じで撮影開始。
ガイドも問題ないようなので、そのまま、車の中で寝てました。
さすがに、足元が冷えるなァ・・・。
2時15分だったかなぁ・・・一度、起きてL画像の撮影開始・・。こちらは撮影結果は確認しないまま撮影でしたが、まあ、RGB画像でガイドできているんだ、問題なかろ・・・
何度か目は覚ますもののとりあえず4時半過ぎまで途切れ途切れで寝てました。
LSさんはずっと起きて星を見ていたのか、どうか分かりませんが、割りと雲が出てきてたよ、とのこと。
うっ、そうなんですか。今は快晴
なのですが・・
とりあえず、露出を短めに変更しようと思った(銀河の中心部がブルーミングしているんです・・)のですが、枚数を得られなければ、淡い部分の描写ができないかもしれない・・。
そのまま撮影させることにしました。

LS15ACFで土星を双眼装置で見ました。
あれ?土星が2つに・・ (^^ゞ
目幅調整するとちゃんと見えました。双眼装置ってヨリ目にして見るのがポイントなのかしら?
でも、土星も双眼だと立体感が出ますねぇ・・

H野LS15さんに少し星座を説明していたら、ヘラクレス座が見えました。
M3,M13とLS15ACFで球状星団を堪能して(星に分解はしはじめていてザラザラしているのが分かります)いたのですが、ふと、そーいえば、ギャラッドさんはあの辺りにいたのでは・・!
と思いだし、薄明終了頃にオライオンを東へ向けるッ・・!!
途中、バッテリーがなくなり、PCがダウン!!
うっ、くそう、5年前に購入したディープサイクルバッテリー、フル充電でも一晩持たないか・・まあ、使用頻度がハンパ無かったしなぁ・・。
ST8XMEの一番新しいディープサイクルバッテリーに接続してPCを起動。時間が・・無いッ・・!!

ギャラッド彗星 オライオン30cm反射望遠鏡 ST8XME 1200mmF4 
 
ギャラッド彗星は思ったよりも小さく、LS15さんからお借りしたNikonの10×50でははっきりとは分かりませんでした。
それにしても、ニコンの双眼鏡はシャープですね!
ボクのカサイのn-Bino10×60双眼鏡が悲しくなるくらい。
カメラレンズもそうですが、やはり双眼鏡もシャープな光学系だと俄然、覗いていて楽しい。
うーん、これは、望遠鏡にも言えることなんだろうなぁ・・ (≧ヘ≦)ムゥ
B級機材を愛用している身としては軽くショッキングですが、やはり、良いレンズ、良い双眼鏡はいいですね~ 

夜明けにフラットを撮影し、片付けを行なっていると、先日お会いした方がまたランニングされていました。
H野LS15さんに少しお話したら、「いや、ここ走ってる人って相当な人だと思うぜ?」と言っていたのですが、LSさんが「どこから走ってきたのですか?」と尋ねると、「豊岡の駅からだから6km?」トータルで14kmとのこと。
げげ、凄ッ。平地で6kmではなく小高い山を登っての6kmですからね!
相当鍛えているみたいですねー。
そういえば、最近、ジョギング、サボり気味でつ・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

片付け終わる頃、7時になると、豊岡村特有の懐かしいチャイムが(笑)
ボクとH野LSさんはかつては同じ豊岡寮にいましたから、懐かしいチャイムだよねー、と話して、獅子ヶ鼻公園を後にしました。
帰宅時の車の温度計は0℃。夜間はやはりマイナスまで下がったと思います。
山の村より寒かったような・・ (^^ゞ
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

遠征お疲れ様でした。昨晩のことが手に取るように分かりますね!
UTOさん、噺家になった方が良いかも知れませよ(*^^)v
私も昨夜遠征したのですが、同じようなことが起こりPCはダウンするは、サブのネットブックの電源直結コード忘れるは、三脚を蹴飛ばして極軸がずれるは殆どUTOさんと同じでした。
でもギャラッドをしっかり捕まえているところがさすがUTOさんです。
因みにこちらの山はマイナス13℃でしたよ。手足が千切れそうになりました(^^ヾ

No title

星夜の出来事、今日はとても面白く読めました

Xデ―は機材の灯りが灯っていて
好きな方にはたまらないような光景ですね

やっぱり星もOlympusblueがいいのかなぁ

ギャラッドさん、すごい噴射ぶり、というか
まわりに出ているイオンテイルとかダストテイルとかが?
激しいですね

ギャラッドさん捕獲に向かうUTOさんの緊迫感が最高です☆
3連休は目いっぱい戦っていたんですね

ゆっくりお休みくださいませ(。→ˇܫˇ←。)

No title

トラブル多発でもめげずに楽しく撮影していて羨ましいです。こちらは雲攻撃が激しいためはなからあきらめ温泉へ行ってきました。静岡が羨ましい。
なぜ撮影環境を固定しないのですか、変更はトラブルの元だと思うのですが。でも結果を出してるutoさんに言うことでもないか。

No title

星なる夜にHappy Christmas

これを言っておかないといけなかった(。→ˇܫˇ←。)

No title

何やら、色々と大変な状態ですね...天体屋は扱ってる機材がデリケートな上に比較的高価なので、色々と冷や汗をかくケースが多くあります。私もこの前の木曜日に冷やしをハッチバックの荷台からアスファルトの道路へ落としてしまいました。補正レンズに付いていたLPS-P2の淵が曲がっただけで、他は影響がなかったようですが、一つ間違えれば超暗くなるところです。こうやって一つ一つ経験を積むんでしょうね。でも運が良いのが一番です。

No title

今晩は~♪
ギャラッド彗星~~素敵ですね♪
どの位の明るさなのかとドキドキしてしまいます~!!
ポチ☆三

No title

シュミットさん、こんにちは~
あらら、シュミットさんもトラブルだらけでしたか~ (^^ゞ
トラブルが起こる時って、連鎖しますよね(笑)
ひえ~-13℃ですか!浜松に来てからは温暖で零下2桁台はなかなか体験しなくなりました。
寒い中、お疲れ様でした。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
うーん、オリンパスはノイズが多いですから、ちょっと星に使うのは大変ですよ。
長秒時撮影や超高感度撮影では、Canon,Nikonの方に一日の長がある感じです。

彗星は、ホント、ギリギリでの戦いになるので、毎回、緊迫感があります。
個人的には好きな被写体ですね~

No title

エムティさん、こんにちは~。温泉ですかぁ。いいですねぇ~
そうなんですよね、撮影環境を固定した方が確実にトラブルは減ると思います(今回のオライオンの場合は防げませんが・・)。
そこそこFixはしてきてはいるのですが、オライオンなら、1200mmでは不満が残るので、更に上を狙ってパラコア2とか、その先にはST8300Mでの運用(オフアキ必須)とか、まだまだ機材を煮詰め切れてない部分もあるので、当面、完全にFixとはいかない気もします。
イプシロン200も、バックフォーカスをもう少し煮詰められないと、常に運用とうう状態に持っていけないですしね・・ ε=( ̄。 ̄;)フゥ.
今の自分のできる範囲内でできることをやるという感じ・・?

No title

sora-canさん、こんにちは。PCが壊れたので、てんやわんや?
オライオンはホント、危なかったです。
壊さずにホント良かった・・!
あらら、カメラも重たいですものね。僕も10年ほど前に経験があって、望遠鏡から抜けて落ちた時は顔面蒼白でした。幸い、問題なかったので良かったです。
冷却CCDカメラって造りがしっかりしているので案外頑丈なのかもしれませんね。
ホント、トラブっても、解決可能な範囲内で収まってくれるとなんとかなるのですが・・・・致命傷だけは受けない様に気を付けたいものですね。

No title

ひとみさん、こんにちは。
う~ん、ギャラッド彗星は、明るさはともかく、少し、ちっさいかも・・です。
双眼鏡でも見えていたとは思うのですが、普通の星と区別がつかなかったです。
もう少しは条件良くなってくるのかなぁ・・

No title

開き止め外れですか……ぞぞーっ。
我々の扱うものには重量物かつ精密機械が多いですからね。明日は我が身、ネジのゆるみなんかには十分注意しないといけませんねえ。

PCについてもあまりにも使用条件が過酷ですからね。動作条件を外れてるって、保証効かないかも(笑)

No title

かわうさん、おはようございます~
そうなんですよ、木製三脚のネジが少し緩んでいたので、オライオンを載せた衝撃で足が動いてバコン、と開き止めの三角板が外れちゃったみたいです。
あと、ASC-11でそうなんですが、カメラをつけてバランスがとれている位置にセットするじゃないですか、それを忘れてうかつにクランプ緩めちゃうと、ふーっと動いていって、ガシャン!ということにもなりかねないです。
補正板割れたらオシマイですからね・・アブナイところだったことが一度ありました。オライオンもそうなので、気を付けないと・・まあ、こちらは、鏡筒と自分が凹むくらいで済むとは思いますが・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ