FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園遠征

昨晩は、当初からGPV予報では晴れ!
行くぞ~!と思ってオライオン反射望遠鏡も積みっぱなしにしていたのですが、ふと撮りたい被写体が無いのに気がついて急速に気力が無くなって来た・・
どうしようかなー。
GENTAさんのブログを拝見すると流石のGENTAさんも年末の用事で出撃見合わせ・・
うーん、ますますどうしようかなー・・
でも、透明度、いいなぁ・・。
まあ、行くだけ行くかぁ。
何を撮るかは、また行ってから考えればいいや。休み取ってたしね・・。

と、いうわけで、帰宅して準備して、19時半に出発。
気温は・・2℃!寒そ~ (^^ゞ
でも、いざ獅子ヶ鼻公園に来てしまえば、この程度の寒さ、どうということはない。
準備はサクサク進みます。
今回は、三脚もしっかりと固定して、オライオンを載せる向きもちゃんとして・・っと。
スムースに撮影に入ります。
エムティさんも仰られていましたが、機材固定とまではいかなくても慣れた機材なら、楽ですね。

オライオン30cm反射望遠鏡 キャノン EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mm 

今回はデジカメはEOS40Dを持ってきました~。バックアップ用も兼ねて、です (^o^)v

さて、1式目オライオン反射望遠鏡は撮影開始。
とりあえず、遠天写真展用に馬頭星雲を狙うことにします。
これが思ったよりも良い感じに写った気がします。
うーん、フォトコン向けにはちと無理があるかもしれませんが、玉が無ければ考えましょうかね。
もっとも、処理してから考えないとダメっすよね (^^ゞ
ブルーミング除去がどうなるか。
まあ、そこそこ良さそうなデータは撮れた気がします。

2式目も持って来ました (^^ゞ

おおいぬ座 キャノン EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mm F3.5開放

AT65EDQ屈折望遠鏡にST8300Mです。
SE赤道儀を使いこなしたいということもあってまたまた持って来ちゃいました。
制御PCは先日実績があるFMVの14th PCをACインバータ経由で使用することにします。
まずは、PHDGuidingのVerが古いままでしたので、新しいVerをインストール・・ってあれ、USBメモリが認識しない・・・
一度、再起動したら認識したのですが、ノ(-______-;)ウゥーム・・・. 
なんかイマイチこのPCも調子が悪いのかなぁ・・
まあ、無事、インストール。
DSIProも認識したし、バッチリOk.
と、思ったら、液晶画面がおかしい・・。
あれー・・なんで?
と思って、予備用に持ってきたSG3000DXバッテリーを使うと問題なし。
うーん、どうやら、10年前に購入したディープサイクルバッテリ、とうとうダメになった・・?
先日、充電したと思ったんだけどなぁ・・。もうダメなのか、充電忘れてたのか・・いや、後者はいくら何でも、ないよなぁ・・。
もうそろそろ捨てるしかないみたいです。ホームセンターで引きとってくれるかしら・・?
思わぬ電源トラブルで、電源に不安が生じてきました。
電源を組み替えて、カーバッテリから(これは昨日、フル充電)、ST8300MとPCをインバータ経由で供給。
SG3000DXはSE赤道儀に電源を供給。
SG3000DXではPCは2時間程しか動かないので、これが最善の組み合わせだと思います。
今あるものを最大限に活かす!これも天体撮影で学んだ大切なコトですね。っつーか、マジそうしないとどうにもならんし、、、ε=( ̄。 ̄;)フゥ. 

これで、当初の目的通り、これまでまともに撮影したことが無いM47を導入して、まずはこれを撮影することにします。
極軸を合わせて、被写体を視野導入。
やっぱり1発目はどうもうまくいかないですが、中央に被写体を持ってきて、それからCielから同期を取ると、十分な精度になります。
PHDGuidingもスムースに動くので、大変快適になりました。EeePCで苦労してたのが嘘みたい。

カシオペア座~ペルセウス座 キヤノン EOS40D デジタルカメラ EF-S 18-55mm F3.5
透明度は良好。

M47をL.R,G,Bでそれぞれフィルタを替えて撮影。今回、スライド式フィルターを使用したのですが、取り付けがNikonマウントなせいか、どうもたわんで片ボケするみたい・・・。
うーん、そうすると、やはりアストロのフィルタBOXでの活用を考えた方がいいか・・。
フィルタ交換が手間なのがネックですが・・。

オライオン側も馬頭星雲が子午線を超えた為、別の被写体を導入することに。
何を撮るか悩みましたが・・・そこそこ楽しめる系外銀河を・・ということで、NGC3718だったかなあ?を撮ることにしました。
撮影実績はある天体なんですけどね、、
天体巡りするにしても、めぼしい天体は撮影しているので、オライオンでなら、まだ撮影していない小さな被写体よりも、これまでに撮影した天体をより高画質に撮るという路線の方がいいかなって。

さて、いつも望遠鏡の写真ばかりというのも何なので・・少し歩いて西の開けた見晴の良いところから、浜松市の夜景を・・!

浜松市の夜景 キャノン EOS40D デジタルカメラ EF-S 18-55mm 
地平線上にやや高い建物はアクトタワーです。左より、手前にある高架橋は、第二東名高速道路。これが完成したら、ますます明るくなりますね。
夜景、綺麗といえば、綺麗ですが、これだけ町に近いので、まあ、獅子ヶ鼻公園の空は推して知るべし?
でも、自分の大学時代の経験からすると富士山太郎坊と同じくらいの空だとは思うんですけどね・・・。

それにしても、天体撮影していると夜半までがあっという間ですね。

昇る北斗 Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mm 

いや、これは、出かけるのが遅い自分だけの感慨なのかなぁ・・真面目に夕方から撮影している人からすると夜半まで長そうな気がしますし・・。

さて、M47も撮影し終わったところであとは明け方のギャラッド彗星を撮りたいので
バッテリー保存の為に、SE赤道儀は電源を落とします。
ちゃんとParkして、また再起動した時に備えました(これが大正解でした!)


さて、オライオン側も順調にガイドしているみたいだし?
とりあえず車の中で寝ます。
目覚まし時計で、3時前起き。
寒ッ・・!

撮る天体はあまり考えてなかったですが、みかけの二重銀河が撮り頃だなぁ・・というわけで、ポンプ座に望遠鏡を向けます。
シーイングも今一歩なので、低空の天体はどうかなぁ。と思ったのですが、一応、撮るだけ撮らせてみます。
明るい星が多い領域なので、実はST8XMEでは厳しい領域なんですよね・・・。
昨年、SXV-H9+イプシロン200でも撮影はしたのですが、満足でるだけの画質が無かったので、再チャレンジです。

さすがに寒すぎるので車のエンジンを入れてアイドリングさせて車のエアコンを入れて温まります。
気温は-2℃。この車の温度計はどうも高めに出る傾向があるので、実際には、-3℃~-4℃といったところ(以前の山の村でそうでした)
さすがに寒いナー。
夜明けに見たら、水道の蛇口、凍ってましたよ!

Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mm

実はこのために、今回は少し車から離れた位置(数mですが)に望遠鏡をセッティングしたんですよね。
それでも、やっぱり自分でシーイング乱しているのはどうかなー・・と、体も温まったことだし、と、20分程でエンジンを切りました。4時にRGBを撮影させる様セットして、今度こそ安心してエンジンアイドリング(笑)
5時前に目覚まし時計で目が覚める。
ギャラッド彗星を撮影すべく、SE赤道儀に火を入れます。
Parkさせたので、そのまま、自動導入も上手くいくのでは?と思って、試しにM13へ向けてみると、誤差は大きかったですが、なんとか視野内に捉えることに成功!
おっ、これならイケる!!
ピントがアヤシイかもしれないので、一度、CCDsoftを落として、マキシを立ち上げ(実はこれがミス!ソフトの設定がされてなかったので、CCDspftを落とした時に冷却OFFに・・・それでも0℃だとST8300Mは暗電流ノイズも目立たず悪くないですが・・)、ピント、やはりずれていたか・・・FWHMで1.6まで追い込んで(低空なので、これが限度でした)、ギャラッド彗星を導入。
ギャラッド彗星もCiel3.0にデータが入っていた様で何もせずとも表示されており、すぐさま導入できました。もう少し苦労するケースを想定していましたが、思った以上に楽でした。
とはいえ、撮影開始は5時半前。薄明ギリギリです。
なんとか、L画像とRGB画像各1枚撮影して、終了~
オライオンも、AT65EDQ側も薄明光でフラットを撮影します。
トワイライトフラットは、すばる望遠鏡でも使われている(マジ)、由緒正しき撮影方法です。

こうして、6時過ぎ、フラットを撮影して、撤収開始。

手を一手間違えば詰み・・・ってか、積み込めなくなります (^^ゞ
もうパンパン!
慎重に機材を車載していきます。

片付け終わって、撤収したのは7時11分でした。
やはり2台体制だと30分では片付けきれないなァ・・・。

先日、ジョギングしていた方がまた走られていて(やはり、フルマラソンされているそうです)少し、お話をしていると、見知ったお名前を拝見して、世間は狭いですねー、とお話しました。

帰りはそろそろ通勤渋滞が始まる頃だったのでいつもよりも時間がかかりましたが、くもくも君も無く、透明度も高く、良い天体観測日和でした~。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ご苦労様でした。凍ってましたか。

No title

オライオン30cmはすっかり安定稼動ですね。このブログのファンとしては、もうちょっと、波乱万丈を期待したりしているんですけど。。。。(笑)すごい画像を予感できますね。
それにしても浜松の夜景は綺麗だけど、こんなに近いところが撮影地なんですね。便利な割りに、空の条件もそこそこでやっぱりそちらは、☆の撮影環境がいいですね。

No title

お疲れさまでした。
今朝は寒くて布団からなかなか出られませんでしたよ。
そんな中、意外と?スムーズに撮影が進んだようですね。
今朝の透明度は良くて富士山がクッキリ見えました。きっと凄いのが撮れているんだろうなぁと思います。

それにしても、あの水道は面白い形で凍るのですね。こんなの初めてみました。

No title

遠征お疲れさまです

蛇口のお写真がすごく綺麗で気に入ってしまいました
お水出しっぱなしにしていたのでしょうか?
可愛い氷柱キラキラの玉ボケ
寒そうだけど、キレイです☆

夜景明るいですね
アクトタワーは街のシンボルタワーですか?
手前が明るくなったら、ほんとに困っちゃいそうです(>_<)

No title

まったくUTOさんの星に対する情熱と行動力にはシッポを巻いてしまいます。
どん曇り以外は殆ど毎晩遠征されている感じですね。
しかも臨場感たっぷりにこういう記事を書かれて実際にその場に居合わせた気持ちになります。
もちろんこれから画像処理もするのでしょうけど、これだけ遠征してたら処理する時間が取れますか?
きっとそちらも手際が良いのでしょうね~♪
今回はかなり満足のご様子なので作品のアップも楽しみにしています。

No title

cometlovejoyを転載させていただき・・・・・
今さらですがありがとうございました

南半球は凄い事になってるんですね
実際で見るとどんな感じにみえるのか
知りたいですヾ(☆‘∀‘☆)。゚+

No title

H野LS15さん、こんにちは。
いやー、凍ってました。
寒さが厳しくなると、また遠征に出るのが億劫になります。
また出かける時は声かけてください。
まぁ・・そうはいっても、次の新月期にはまた撮りたい銀河が沢山あるので、きっと出かける気もします (^^ゞ

No title

Eagleさん、こんにちは。セルフガイドのシステムはだいぶ楽ができるので、セッティングは慣れれば簡単でいいんですよねー。
それこそ、2式目を準備する余裕があるくらい。
トラブルは、多分、心配しなくても、僕のことだから、きっと、毎回ありそうですよ~ (^^ゞ 期待していてください!(えー ^^;)

そうですね、便利な反面、町には近いのですが、その割には空は比較的良好?で冷却CCDなら十分、実用になりますから・・・助かっています。

No title

GENTAさん、こんにちは~
さすがにめっちゃ寒かったですが、でも冷静に考えるとこないだの山の村と同じくらいですから、、、
馬頭星雲は結構良さそうな感触アリですので、ちょっと処理するのが楽しみです。
水道は僕も朝見てびっくりしました。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
水道は誰か出しっぱなしにして忘れていたのでしょうね。見事に凍ってました。
一応、締めてあげようと思ったのですが、凍っていて動かず。まあ、仕方ないかって感じでした。
たまぼけも綺麗でしょー。このCanonのキットレンズは良くできていていいですね。
アクトタワーはそうですね。浜松駅前のシンボルです。
第二東名が出来たら、この辺りもさらに明るくなるので、困っちゃいますね・・

No title

シュミットさん、こんにちは。
いやー、12月はサボり勝ち(昨晩も晴れてましたがパス・・)でしたが、この3連休+1でだいぶ追い込みかけました (^^ゞ
ブログの方もやはりEeePCが壊れたのがちょっと痛手?思ったよりも時間がかかる感じ。やはり少しでも遠征中に作っておくと後が楽ですね・・・(^^ゞ

画像処理、いやー、それが結構時間がかかるんですよ。先月の画像も未だに放置しているものがいくつかあります・・・。
もっとも、今回も作品になりそうなのは、限られているのですが・・・年末・年始あたりで処理は取り組みが出来れば?と思っています。

No title

ろざりおさん、再びこんにちは。
どうぞどうぞ、使ってくださいませ。
ラブジョイ彗星ですが、このクラスになるとホント写真のまんま見えると思いますよ。
薄い煙の様に、すーっと彗星が昇ってくるのが良く見えたハズです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ