FC2ブログ

記事一覧

次にやること(備忘録です)

絶賛風邪ひき中ですが、少し回復してきました。
なんだか、晴れ渡っているみたいで、思わずうずうずしてきちゃいますね (^^ゞ
いや、銀河好きなら、渦渦か?(笑)
なんてくだらないギャグはおいといて・・。

GPV予報を見ると土曜日までは晴れるみたい。その先はお天気が悪そう・・・(´・ω・`)
土曜日には自宅庭で撮影できるといいなぁ。
渦渦なんて言っておきながら、なんですが、多分、撮るのはくらげ星雲です。
望遠鏡は、イプシロン200になると思います。
月が出るまでRGBで撮影して、月が出てから西向きに変えて、Hαフィルターで撮影なんて出来ればいいなぁ~
などと思ったりしています。

その前に、アトラクス赤道儀、自動導入の精度から極軸が少しずれていると思うので、まずは、そこをしっかりと合わせ直さないといけませんね。
金曜日晩で調整して、金・土で撮影できるといいなぁ・・なんて思っています。
使う望遠鏡はイプシロンなんですけどね。イプシロン200の800mmとフォーサーズフォーマットのST8300Mだと案外ちょうど良い被写体って少ないんですが、くらげ星雲はそこそこいい感じで収まりそうなんです。

あと、EL板、たか坊さんが上手に組み立てていたのを見て、自分のも再々々度、やってみようと思ったんですよね。土曜日か日曜日にちょっと作ってみたいなぁ。
銅テープ、ボクも使っていたのですが、面積が小さかったのですぐに剥がれていたわけで・・ (^^ゞ

それと、アルミの廃材を拾ってきたので、プレートも作成したいかも。
細長いプレートですので、作成するとしたら、FSC203用かしら・・
メーテルさんからお借りしている望遠鏡ですが、もう1年近くも未着手のまま・・(光軸調整が大変そうなのです)
プレートを作成して、どこかでテストしてみたいと思っています。
まずは星像チェックからになりますから、カメラはデジタル一眼レフカメラ・・・EOS40Dで星像チェックの上、という感じになりそうです。
光軸もひょっとしたら、撮影しながら合わせるしか無いのかなぁ・・
ちょっと気難しい望遠鏡なのです(移動で使うのは無理かも・・)

オライオン30cmの方は昨年末撮影した画像の星像の悪さにガッカリモードですが、なんとか使い物になるものはないかとぼちぼちと処理してみていますが・・・ノ(-______-;)ウゥーム・・・. 
わかっちゃいるんだけど、やっぱり鏡筒が弱いので安定しないですねー。
星像が△になっちゃう。光軸調整・・・というよりはミラーの圧迫なのかなぁ・・。
イイ時もあったので、なおさら悩ましいです。
次回は主鏡の光軸調整ネジはギリギリの感触で締めて見ることにします(意味があるかは?ですが・・)

パラコア2の方が星像に関しては良いのですが、焦点距離が伸びる分、カメラ重量のモーメントが増大して、鏡筒のたわみによるものと思われる、周方向のくずれとガイドエラーが出ます・・・。
星像はMPCCよりいい気もするのですが・・・

なかなか上手くいかないものですね。
まあ、以前にも書いた様に、期待しすぎず使えるところで使っていく望遠鏡だと思います。
星雲の写りはすごく良いだけに、なかなか悩ましいところです。

今回文字ばかりでスミマセン。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、こんばんは。
昨日のM42。UTOさんはどこでも撮れるんですね。極軸の設定が正確で素早くできるのがうらやましいです。

昨日はCCDStackのスタックの練習ばかりをやっていました。Stack→Register→Star Match、Star Snap、FFT、Manual等を組み合わせて位置合わせをして→最後にApplyのところでGaussをやると、Registerのタブを×印で解除しても固定された画像が画面に残るわけですね。その後はUTOさんから教えて頂いた手順を踏めばいいことが確認できました。私の場合はApplyの所が盲点でした。

風邪を引いているときにややこしい話をして申し訳ありません。
私のELパネルの組み立て記事を話題にしていただき恥ずかしい限りです。フラット画像も少し撮ってみましたが、センサーの前面の汚れがひどいことがわかり、焦っております。一眼レフのセンサークリーニングと同じような方法でクリーニングできるものでしょうか。

No title

UTOさん、お風邪長引きそうですね。。

渦渦、笑わせてもらいました
くらげはコリコリしてて美味しいですね
懲り懲り性な方にぜひ

湿度を保ったお部屋で暖かくしてくださいね(。◕‿-) お大事に

No title

似たような機材(Orion30cm反射)で3'角の系外銀河を狙ってるわけですが、パラコア2
って後ろはTネジ(M42P0.75)ですか? 私のパラコア1は1+5/8inchネジでSXV-H9の
Tネジと噛み合いません。ガバガバです。変換リングを特注するか、いっそ
パラコア2に買い換えるか迷い中。3'角の系外銀河を狙うにはもっと焦点距離が
欲しいので、伸びるのはかえって好都合なんですがね。いっそ丁度F5.6で
ええのにと思ってる。そうすると画素ピッチ8μmがベストマッチと成るので
今度はカメラをKAF1603で、Orionでも耐える「軽い」奴が欲しく成るんだけど。

No title

たか坊さん、こんにちは~
いやー、実際には勘違いしていて、結構極軸合わせ、苦労しました。
でも、こういうノウハウは結構大事なので(遠征でもやれば追尾精度が上がるでしょうから)、少しづつでも慣れていければいいなと思ってます。
ApplyのところでGussですかー。うーん、GussでRegisterしてしまうと星像がぼやけません・・?BicubicやQudadradicでしたっけ・・を使う方が良い様な。

ELパネルはとても参考になりました。せっかく作っても持ち出す度に壊れてバチバチ・・。黒焦げだらけになっていますが、今度こそ!と思っています (^^ゞ

CCDカメラは一眼レフのセンサーと同じ清掃方法でOkですが、全面のフロントガラスならいいのですが、FLIだと乾燥窒素等を充填してありますので、本当にセンサ直上の汚れであればメーカ送りになると思います(あと、CCDセンサがGlassCover付きでないと清掃はムリで、FLIはどちらか選べたと思います。無しは感度が高いですが・・・)

No title

ろざりおさん、こんにちは。
いや、もう、鼻が詰まってくるし~です (^^ゞ
ご心配、ありがとうございます。

いやー、除湿機は持ってますが、加湿器は無いんですよね~
レンズがあると加湿器はイメージ的にイやん(笑)

No title

Kobe1995さん、こんにちは~
パラコア2も、後ろのネジ径は違いますよ。TeleVueから専用のリングが出ているのでそれも一緒に発注しないと・・。
リングの型名は忘れてしまいましたが、OPTでも単品で売ってますよ。確か。
KAF1603とオライオンですが、コマコレとの相性もあるのかもしれないんですが、MPCCにしても、パラコアにしてもブルーミングが綺麗に取れないんですよ、、、
VISACやイプシロン200、MTでは割りと綺麗に取れるのですが・・・
オライオンには、ABG付きのカメラが一番でしょうねぇ・・・
カメラの軽さまで考えると、ホント、難しいです(今、カメラの重さでたわんでますからね・・・)

No title

UTOさん、ありがとうございました。

さっそくCCDStackのApplyの方法をいろいろ試してみました。
5種類くらい試してみました。星像の変化は見た目には分かりづらいのですが、全体的な印象に違いが出るような気がします。FWHMのデータもメモしてみましたが10%前後の変化はありました。もう少し試してみたいと思います。

FLIカメラのセンサーにはカバーガラスが付いていますので、クリーニングは検討してみたいと思います。

No title

たか坊さん、こんにちは。
そうなんですよ、実は最後の関数次第でどちらかといえばS/N優先(=星像鈍る)、切れ味優先(背景ざらつきは大きめ)などなど、それぞれ特徴があるので、状況に応じて変えて使うとさらにBetterかもです。

カバーガラスですが、チャンバーの外のガラスウィンドウでしたら(カメラ筐体を分解しないで拭けるところ)、清掃は全く問題ないです。やっちゃってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ