FC2ブログ

記事一覧

NERIUS150EDT

今日は久々に庭先に展開して撮影しようかな~
なんて思ったのですが、風が強い・・!
うーん、別に望遠鏡はオライオンではなくて、イプシロン200だから多少風があっても大丈夫ですが。。。
やりたいことが極軸の追い込みなので、風が吹きつける中、しばらく作業する必要があります。
・・風邪もまだ治ってないことだし・・パス (^_^;)
ま、まあ、無理する必要性は無いですしね~

さて、そんなお話は置いておいて。
笠井トレーディングのページを見てみたら、ネリウス150EDTが出てました。

口径15cmの3枚玉SDアポ屈折望遠鏡だそうです。
お値段は、TOA150のお値段からすれば、破格なのかもしれませんが。。。。
このクラスの望遠鏡なら撮影、それもラージフォーマットのカメラで使いたくなるというもの。
専用レデューサ等と実写作例があればまた売れ行きも違ってくるのではないかな~なんて思ってしまいました。
光軸調整は笠井さんの方でしっかりと調整してくる様ですからその点は安心ですね。

笠井トレーディングについては、いろいろと賛否両論がある様ですが、個人的には、いろいろと新製品を意欲的に紹介してくれる点は評価しても良い様に思います。
望遠鏡ってなかなか新製品もでないし、停滞感がありますよね。そんな中でも笠井さんだといろいろな新製品が出てくるのでHPを見てみよう!という気にもなりますし、こちらのモチベーションも上がります。

できれば、もう少し撮影用に振った望遠鏡も取り扱ってくれるといいんですけどね、、
マクストフニュートンも、撮影用のF4.8とか、屈折なら、変形ペッツファールとかラインナップしてくれると、こちらの購買意欲も刺激されるんですけどね~

接眼部はクレイフォードなんですね。AT65EDQとZenithStar66SDを使った感想から言わせていただければ、やはり接眼部はラック&ピニオンでお願いしたい。
ただ、眼視用だと確かにクレイフォードのスムースな操作感は確かに悪くないんですよね・・・
やはり撮影用に振ったラインナップも欲しいなぁ~
MaxVisionを取り扱っていたスカイバードさんは、割りと撮影用としても考えてくれていたみたいだし、マクストフニュートンや、ペッツファール屈折、RC鏡、期待していたんですけど、MaxVision屈折がイマイチ上手くいかなかったのかしら?進展がないですね。残念。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あまり無理をすると風邪をぶり返すからパスして正解ですね。雪山と同じで(行ったことないですが。。。)中止する勇気も必要ですね(笑)。
たしかに笠井さんもっと撮影用にふった望遠鏡を扱ってくれるといいですね。

No title

NERIUS150EDのご紹介サイトを見てみました。興味深いのはこの望遠鏡のレンズのセルの構造が3枚玉すべての光軸調整ができるので、芯出しできるということでした。いじれるということで、いじれる人にはいいものですね。こういうマニアックなところがいいです。
あと、旅行用鏡筒がいくつも出てきていますね。
PS.風邪は、万病の元ですからお大事に。

No title

Eagleさん、こんにちは~
そうですね、来週から新月期なので、ぼちぼちと。・・とは思っているのですが、昨晩は風と風邪でパスしました (^^ゞ

そうなんですよね、撮影用鏡筒も熱心に取り扱ってくれるところがあれば面白いのにな~と思ってしまいます。

No title

NGCさん、こんにちは。
そこまで見てなかったのですが、そうなんですか!
そういえば、姫路の宴会部長さんがKKで取り扱っていた3枚玉13cmSDアポ屈折を結局自分で光軸調整されたというお話を昨年の星研の帰りに聞きました。
まず真ん中の玉から合わせていくのが基本みたいです。調整は相当シビアー(締めすぎると圧迫の影響も出る)だそうですが、確かにいざというときに調整できる方が自分の納得がいくまで追い込めるのでそういうところがいかにもマニア向けですね~

旅行用鏡筒、見てきました~。すごく小さくできそうな15cmとか面白いですね。もっとも、小さくといっても15cmだと、それなりに嵩張りそうではありますが・・・。

風邪、ご心配ありがとうございます。だいぶ良くなってはきましたが、まだ鼻が苦しぃ・・ (´・艸・`;)

No title

おお、練臼150EDTが出たのですね。
きっと良く見えるだろうなあ。
自分がTOA150を購入する決め手になったのは、レンズセルの構造でした。
ほんとにがっちり作ってあって、これなら狂いにくいだろうと判断したのでした。
TOAを入手してからは、星空探訪が楽しくなりましたねー。
UTOさんもひとつどうです?大口径屈折。良く見えますよー。

No title

ふにゃ太郎さん、こんにちは~
TOA150に比べたらどうかなぁ?と思いますが(いや、案外、TOAとこの手の屈折望遠鏡ってシャープネスにだいぶ差がある印象なんすよ・・)、価格が半分ですものね。
でも、このお金を出すなら、TOA130の方がいいなぁ・・σ(^^;
海外製SDアポは13cmでも30諭吉以下ですが、それならTSA120の方が・・?屈折望遠鏡は口径の僅かな差でお値段が倍半分くらい違ってくるのでなかなか難しい面がありますね。

ふにゃ太郎さんから譲っていただいたMT160の性能がずば抜けているからなぁ・・実のところスペックが近い練臼150EDTには魅力を全く感じないんですよね・・・σ(^^;
ペッツファールで、35mmフルサイズ周辺まで星が○でこのお値段(無理でしょうかね~)だったりしたら、気持ちが大きく揺らぎますが~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ