FC2ブログ

記事一覧

久しぶりの星天

昨晩は、久しぶりの星天、天体観測日和でした!
仕事帰り、金星と木星が仲良くならんでキラキラと輝いている様子がとても美しかったです。
この様子はできればデジカメで撮りたいところですが・・・・
いいロケーションが近場ではないなぁ・・
獅子ヶ鼻公園まで出れば浜松市の夜景と撮れるかも・・?
今度、デジタル一眼レフとカメラ三脚だけ持ってでかけてみるかなあ・・

気温は4℃。昨日に比べるとずいぶんと温度が低く、真冬並ですが、しかし、透明度も真冬並!
これはもう、とらなくっちゃ! wktkしてきたヨ。

さて、帰宅して、まずは望遠鏡を外気に慣らします。
夕食を摂って、少し休憩してから、撮影準備を開始。
自宅庭のアトラクス赤道儀は出しっぱなしになっていますから・・・
極軸合わせはできているとみなして、まずはオライオン30cmF4 反射望遠鏡を搭載して、光軸調整。
こないだチェサイヤアイピースでチェックした後で、レーザを入れた時と同じ位置に合わせますが・・
うーん、これは今度、もう少し解りやすい目印を付けないとダメですね・・
もともと弱いのでラフでもいいや、と思っていましたが、いくらなんでも、これはラフ過ぎ・・orz

まずは、火星を撮るべく、DMK/DFK CCDビデオカメラを出します。
最初は、火星は、しっかり色分離性が高いフィルターで撮影した方が良いだろうと目論んで、STシリーズ用のスライド式LRGBフィルターを加工したものを持ちだしてきたのですが・・・
あれれ!?ピントが出ないッ Σ(゚д゚lll)ガーン
うーん、そうか~MT160では使えるんだけどなー・・・

と、残念ながら諦め。やろうと思えば、AstroFilterBOXを使う等、手はあるのですが・・
寒さに負けたことと、シーイングもさほど良くないであろうということから、いつもどおり、モノクロカメラで撮影してからカラーカメラで撮影すればいいか、と諦め。
木星だとここのところ、IRCも抜いて撮影していたのですが、火星ではさすがに、これだとやや発色と、霧の表現に問題が出そうでしたので、止む無く、IRCを入れてピントも出し直しました。
まあ、たいした手間ではないですし、自転も木星に比べたらゆっくりですから、多少の時間のロスは問題ないでしょう・・・。多分・・・(^^ゞ



一応、撮影した火星です。
風もときどき強く吹くし、シーイングも良いとは言えないと思いますが・・・
さすが30cmの威力!!思った以上に良く写ってくれました。
火星も小さい、小さいと聞いていたからか、「思ったよりも大きいなあ!それにすっごく明るい!!」と思ってしまいました。
左上に写っているのがアリンの爪でしょうか。
なんとなあく、ニャンコがじゃれてる時の手に見えるにゃん (=^・・^=)
しばし、火星の模様を眺めて、それから、第二ラウンド開始です。

ST8XMEにNarrowBandフィルターを組み込んで狙います。
冷却温度は-30℃。ちょっと急いで冷やし過ぎたか・・結露してしまいましたが、そのまま続行。
セルフガイドでナローバンドフィルターではよほど明るいガイド星が無いとダメですから、きちんと下調べしてあります。
ところが・・!!
げげっ、北を上向きにカメラの向きを決めた筈だったのですが、南が上でしたッ・・・!!
これじゃガイド星がめっかんないよ!!
そ、そかー・・・東向きと西向きで、カメラの向きを180度回転させないと、南北がヒックリ変えるんですね・・・
長年、ドイツ式赤道儀で撮影してきたけれど、初めて知ったヨ・・ヲイヲイ (; ̄ー ̄川 アセアセ

なんだかんだで、カメラを付け替えて、もう一度、ピントを確認して、対象を入れなおして・・やっと撮影に入ったのは23時半過ぎ・・・やれやれ疲れました。
でも、久々の星天だったので、結構、張り切ってました。

そこから火星を処理して、1時半、そろそろ入れ替えないと赤道儀と望遠鏡がぶつかっちゃう!というところで、外に出て(寒~)
西向きに入れ替え。カメラも取り付けなおして(ナローなのでフラット不要であることを祈る!)、再び同じ明るいガイド星を捕まえて追加撮影。
ただ、どうにもナローバンドフィルターだとピントのコツが掴めず、前半はピントが甘い・・シーイングかもしれませんが・・・((+_+))
ま、まあ、とりあえず今回は写るか、写らないかのテストできればいいや・・ということで・・・
NarrowBandだとバックフォーカスが変わるからでしょうが(フィルタ厚が違う)、星像が気に入らないし・・・
うーん、今後の課題ですね・・・

布団に入ったのが2時半前なのですが、さすがに暖かい布団だとぐっすりと寝られます。
一応、フラットを撮影後、また布団に戻って少しは寝てました。
とりあえず睡眠時間はなんとかOkかな。

さて、今晩も晴れていて、透明度もよさそうです。
望遠鏡は出してあるので、やっぱり、これは何か撮らなくっちゃね。
こういう時に自宅撮影だと楽チンです。
でも、実はさすがに昨日よりも元気がな~い・・・

GENTAさんも今日は撮影かなぁ・・?
ミューさんも、火星狙ってるかしら・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

とても素晴らしい火星ですね。極冠もよくわかります。
今夜は腎臓で育てている石がうずいています。1人で撮影中にひっかかったら大変。寒いのもあって出撃中止しました。

金星と木星のランデブーは綺麗でしたね。明日も晴れそうなので会社帰りにららぽーと近くの公園で狙ってみたいです。あそこなら病院も近いし・・

No title

赤いやつ、凄いですね!

こちらは白いのが積もってますorz
雲の隙間から一瞬だけ木星&金星&火星が見えたりもするんですけどね。キラキラしてて美しいのは同感ですが、写真を撮れないまでも望遠鏡で見たいところです。

せめてちまちまプログラムでもやりましょか。

No title

たったいま火星撮影してきましたよ
処理は明日にします
遠天の方にUPしておきますね
μロン180で撮ったのでたいしたことないかも
でも、今夜はよく見えていたな~

No title

さすがの火星ですね。素晴らしい!こんな画像いつかは自分もと思います。
今までM1を撮ってたのですがルーフにかかったのと雲が出てきたのでダークを撮ってます。寒いのですがストレス解消でーす。M1は拡大も良いのですが広角でおうし座の明るい星(Tau?)との比較も楽しいですね。でも明るいけど難しい私には天体です。頑張ります。
すみません私事で。
久しぶりなのでなんかハイになってます。

No title

☆凄い火星ですね(・∀・)

こんなに鮮明な火星はあんまり見たことがないかもです☆

本当に久しぶりに星天、快星ですね(=^・^=)にゃん☆

No title

最近、鳥取も晴れてくれますww
春が近づいた証ですね♪
火星・・・・・・むっちゃ凄いです!!

No title

さすがの巨砲ですねぇ。色のコントラストも出ていてすばらしいです。
せっかくの接近を私も撮りたい!!

No title

おはようございます。
火星の模様、とても綺麗ですね、っというより何でここまで写るの?
ビックリです。強風下だったんですよね?口径の暴力だけでは・・・。

No title

すごい迫力!!流石ですね~
大口径が有ると惑星が楽しめますね~
今夜火木のランデブー見れるかな~

No title

GENTAさん、こんにちは~
あら~結石はキツイですね(今のところ経験ありませんが・・)
ゆっくりと養生してください。
あ!なるほど、たしかにあそこからだといいかもしれませんね!
夜景もバッチリ。木々もいい雰囲気になる・・?
まだ行ったことはないのですが、見晴らしだけなら、岩田神社の駐車場からも結構いけそうな気がするので、、、パンスターズ彗星が来るまでにチェックしておかないといけないかな。
都会よ夜空に大彗星というのも絵になるかもしれませんね。

No title

かわうさん、こんにちは~
モクの1/5倍のエネルギーゲインで撮影しました (^^ゞ

そろそろ、移動性高気圧と共に晴れてきそうですね。
早く撮影できるといいですね~
金星も、だいぶ欠けてきている筈なので、今日、定時で帰れれば撮影してみます~

No title

ミューさん、こんにちは~
やっぱり、撮影してましたか!
この火星像は、ミューさんの闘志をかきたてると思いましたよ。
明るいので良く写りますね、火星。
撮影結果、楽しみにしています。
が、ミューさん、ブログは、またやらないの?みんな楽しみにしていると思うのだけど。

No title

石井さん、こんにちは~
おー、撮影できましたか!いえいえ、全然okですよー。
M1、ゼータ星との対比も面白そうです。

火星は、MT160でもかなり良く写ると思いますよ。ぜひ機会があれば狙ってみてください。
BJ-41Cで撮ってみるのも面白いと思いますよー。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
いやー、それこそ70cmで眺めたら凄い火星が見られそうで、羨ましいデス。
快晴は嬉しいのですが、もう少し暖かければ、とか、月が無い時がいいとか・・・人間ってワガママですよね ( ̄ω ̄;)

No title

PSN AKB48さん、こんにちは~
おっ、そちらも晴れてくれるようになりましたか!
これから暖かくなってきて観測しやすい日々も続くので楽しみですね。

火星、こういうのが撮れてしまうと、やっぱり望遠鏡って口径だなぁ・・って思っちゃいます。

No title

とれじゃさん、こんにちは~
ホンネを言えば、やっぱりLRGB合成だと、どうしても火星の霧の表現が今一歩かなぁ・・とは思うのですが、カラーカメラ側で撮影したものはどうしても、ここまでキレが出せません。
強調しすぎると、やっぱり霧が表現できないし・・火星って難しい!!と改めて感じました。
もう少しシーイングが良くなってくればさらに面白くなりそうです。その前に小さくなっていってしまうかな~・・

No title

りょーじんさん、こんにちは。
割りと西風が抜けるせいで、ウチの物干し竿、しょっちゅう落っこちてます (-_-メ)
この晩もかなり風が強く吹きつけていましたが、ひっきりなしという程でもなかったのが幸いしたのか?大きくぶれたり(位置が思いっきり変わる)したものの、30FPSで取得しているので、あまり問題にはならなかったみたい・・?

惑星は、ときどき撮影している程度ですが、だんだん、コツが掴めてきて良いのが出来るようになってきました。もちろん、カメラのおかげでもあります。
モノクロカメラはやっぱり素晴らしいです。
切れ味を上げる為の復元・強調処理のさじ加減やコツも随分、こなれてきたかな。
もちろん、惑星で得たノウハウはバッチリ銀河にも生かしてあります。
ふっふっふ (^^)v
ボクにとってはそっちの方が大事!? (; ̄ー ̄川 アセアセ

No title

ぽるこ・びあんこさん、こんにちは~
火星ですが、明るいのでFL80Sでもバッチリ、観望できると思いますよ。
ぜひ見てみてください。
EOS40Dだとちょっと撮影には厳しいかなぁ・・コンデジがアレば、コンデジつけて撮影してもいいと思いますよ。あるいは動画機能で撮影とか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ