FC2ブログ

記事一覧

マックノート追撃

張り切ってでかけたものの、機材が組み立て終わる頃にはあっさりと西からうす雲が・・・orz
さすがにST8300Mを起動する気にはならず、一旦取り付けたカメラは取り外しました。
MT160のほか、NewFD328は、KenkoのSE赤道儀に搭載してたんですが・・・。
SE赤道儀は相変わらずイマイチ使い方がわかってない(汗)
自動導入がうまくいかないんですよね・・。たぶん、ParkPositionと鏡筒の向きが悪いんじゃないかと思うんだけど・・・
オートガイドレスポンスは良いので、彗星を自働導入(笑)して使おうとは思うが、この薄雲ではファインダーごしには見られまい・・・。
晴れれば、それでも、M8M20とか自分で働いて導入できるところを撮影したかったわけですが・・・。
この天気ではなー・・。
 
21時半過ぎから、23時まで、しばし、寝て待ったものの、夜半になってもうす雲がとれる気配なし・・・。
こりゃ、GENTAさん、くやしがる天気じゃあ、なかったですよ・・・orz
やはり彗星狙い1本に絞るべきでした。それだったら、気持ち良く朝を迎えられたというのに・・。
雲間から覗く星々は美しく透明度の高さを伺わせます。が、いかんせん、うす雲が多すぎです。
とりあえず、小一時間程かけて、SE赤道儀とMT160を片付け。
夜明けのマックノート狙いに絞ります。
この天気なら、うす雲ごしにはなるでしょうが、彗星は捉えられるでしょう・・・。
また車の中で仮眠をとることにします。
しかし、今晩は徹夜覚悟で出てきたので毛布持ってこなかったんですよね、、
 
2時前、再起動。
空は・・・相変わらず。
PCを立ち上げ、マックノート彗星の位置を確認する。
やはり、かなり低い。
まだ撮れる位置ではない・・・。
はくちょう座からカシオペアにかけては晴れ間があるので、天の川が良く見える。
あっ、流れ星!
まあ、これだけでも来てよかったかな。あとは彗星が雲越しにでも捉えられれば・・!
しかし、西から雲が流れてくる。
まだ、マックノートは撮れる位置ではない・・!!
むう・・。
そうこうしているうちに晴れ間があった北天も薄雲に覆われてしまう・・。
 
南の空も雲があるが木星の輝きが美しい。
フォーマルハウト、そして、東にはデネブ・カイトス(GENTAさん、覚えました?)が昇ってきている。すっかりと秋の星座だ。
 
2時半。
そろそろ頃合いだ。
アルゴルから、自動導入で彗星へと導く。
薄曇りの超低空。ファインダーでは見えない・・。
30秒露光で試写してみると、なんとか写ってはいる。

まあ、実わこれは下の合成につかったコマの直前の3分露光画像なんですけどね ^^;
 
構図が悪そうだが・・・それ以前に天気も悪いのではっきりとテイルが伸びている方向が掴めない。
まあ、撮れれば御の字。
すでに欲出して来て失敗しているわけだし、ここは謙虚にいこうか・・。
相変わらず雲があるが・・・3時前後、多少、抜けた・・か・・・・?
と、思われる付近、4コマをコンポジットしてみました。

薄雲ごしで輝星はにじんでますが・・・テイルはしっかりと伸びています!!
うー・・やっぱ、構図悪かったナァ・・。前回のことから、縦構図にはしたんですが・・。構図をしっかりと決められなかったのが残念ですが、なんとか撮れて良かったです。
 
この後、3:15頃には急激に薄明が進んできました。

ごらんの様に一晩、こんな感じで、雲が多い天気でした。。。
彗星ねらい一本に絞っておけばまだ満足度も高かったんですが・・・
 
でも、昨年も、梅雨の中休みでしっかりと、バグ星雲やM20,M17を、一昨年はバーナードの銀河を写してるからなぁ・・・一晩晴れて欲しかったな~。。。
 
さて、一風呂浴びて寝ます。
いただいたコメントへのRESはまた、のちほど・・ m(_)m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

やっぱり静岡は晴れ確立高い。こちらはチャージーさんと霧の中でした回復の気配もなく撤収して今、機材乾燥中です。アーア撮りたかったなー。
私のSE赤道儀の使用方法は、だいたい鏡筒を北極星方向に向けたpark位置からワンスターアライメントで目標星の近くへ導入後クランプを緩めて手動で中心に導入してアライメントを完了させます(ホームポジション位置の精度が無いので)。あとは自動導入で視野内に入ってきます。細かく修正したい時はPAE機能を使用します。

No title

こちらは夜半から霧が立ち込めてきましたが、2時過ぎくらいから、北から吹き降ろしてきた風のおかげで霧は去ってくれました (^^)v
なんとか数コマだけですが撮れてほっとしています。

SE赤道儀、まずはだいたい北極星に向けないといけませんよね。
その時の赤緯クランプの位置なんですが、向かって右側とか聞いた気もするんですが、あまり気にしなくてもいいのかな???
基礎が分かってないからか、なーんかイマイチうまくいかないんですよね。

No title

おー、撮れましたか、これはもう執念の一枚ですね!
しっかり尾が伸びている様は安心感がありますねー。
うーん、こちらもどうにか晴れてくれればなあ・・

No title

昨夜はうまく晴れているか気になって何回も衛星画像を眺めていました。
無事彗星だけでも撮影できておめでとうございます!
長く伸びた尾が健在でよかったです。画面からはみ出しているようですね!

No title

ふうまさん、こんにちは。
彗星は、その時限りですから、最後まで諦めたらダメと思って、可能性が少しでもあるなら、朝まで頑張ることが多いです。
http://oozoradigital.web.fc2.com/comet.htm
を見ると、雲間から撮影して良さなのだけコンポジットとか、もうダメだと思ったら晴れ間が来てとれたとか結構あります。
もっとも、朝まで頑張ったけど、ダメでしたッ(泣)というのはのっけてないので、実は、そーゆー事も割とあります・・ (^^;

No title

T-Fixさん、こんばんわ。
テイル、結構伸びてますよねー。
もう少し広角のレンズも持っていかないとダメみたい・・。
さすがにもうワンチャンスは無いかな?

No title

がんばった甲斐がありましたね。執念のようなものを感じます。で、見事なリザルトですね。輝星が滲んでいるのもライブ感があって良いです。

No title

昨夜のあの天気で、しっかりテールが撮影できるなんて凄いです。UTOさんのパワーが天候を変えてしまっているとしか思えないです。

No title

UTOさん、こんばんは。
僕も昨夜、平谷に遠征してきましたよ。
UTOさん同様、薄くもがあり、お店を広げてお客さんが来ませんでした。(ガッツかり~!
僕は早く帰還して仕事して、意識もうろうで疲れました。

この梅雨時期で撮影でき、しかも話題のマックノート追撃は流石ですね。
天気が良ければ撃沈出来たでしょうね!。

ところで、SE赤道儀は・・・・どこのメーカーですか?勉強不足ですみません。

No title

自分で撮影したときはテールの存在がよく分からなかったのですが、これを見ると画角からはみ出すほど伸びているのが分かります。
晴れ間を逃さず撮影されるのはさすがです。もうワンチャンスに期待したいですね。

No title

sora-canさん、こんばんわ。
星像滲み、案外いいですよねえ。
ちと真面目に処理してみまーす。

No title

Eagleさん、ありがとうございます。
薄明でそろそろ切り上げるか・・?という段階になってわずかな時間ですが、雲から抜けてくれました!!
もっとも、3分露光を繰り返しで撮像させていたので、完全に雲から抜けたコマはないんですが・・・。

No title

星天龍さんも頑張られてましたかー!
雲が取れずに残念でしたね。僕も、なんとか作品を・・と考えていたのですが、ガッカリでした・・。
仕事も想定外のが入って、結局残業だし・・orz

SE赤道儀は、KenkoのSkyExplorerです。EM-11天馬を一回り小さくした劣化コピー版という感じです。でも諭吉10人でお釣りが来たですよ。追尾精度は・・・ですが、オートガイドレスポンスはマイクロステッピングモータのおかげですこぶる良く、V社製では迷走するセルフガイドでも安定して動きます。
なんとか使いこなしたいところなんですが・・遠征用サブ機という位置づけでなかなか使用する機会が少ないこともあって、ちっとも使えてませ~ん(^^;
今年は頑張ってなんとか・・とは思います。たぶんつまらないところでひっかかっているので一度使い方がわかれば・・と思ってます。

No title

RUKUさんも撮影されていたのですね。デジカメだと露出60秒だとさすがに短いので、僕の方は1回あたり3分の露出をかけています。
テイルは案外淡いので、次のチャンスの時には仮に彗星核ガイドができなかったとしても、3分はかけた方がいいですよ。

No title

昨夜は早めに帰ってきて嫁さんの運転で出掛けようとしましたが、おぼろ月夜だったので結局止めました。
夕方の空は最高の夜を予感させたのですが、残念でしたね。
それでも全くの手ぶらではなくマックノートが撮れて良かったですね。

No title

まさに昨晩の状況を表してますね。いやはやお疲れ様です!!実はわたくしも大格闘してましたよ。「やはり夜は寝ないと、死んじゃいます」とか思ってやってました。しかしすごい観察力と集中力ですね。ここでマックノートの姿を見れたことにありがとうと、応援の意味を込めてポチです。

No title

GENTAさん、おはようございます。
そうですね、無理せずに正解だったと思います。
僕も彗星がいなければ、とっとと撤収していた天気でした、、

No title

Mikaさんもがんばってらしたんですね!
でも、ホント、ちゃんと寝ないときっつい~。
最近は翌日よりも、翌々日・・つまり、今日の方が身体がだるいんですよ、、
こういう晴れたら頑張るという姿勢はMikaさんから学んだような。
お互い、頑張りましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ