FC2ブログ

記事一覧

NewFD300mmF2.8L 望遠レンズ フランジ検討

さて、ようやく晴れ間が出てきました。
予報通り、夜は晴れそうカナ?  

さて、と、いうわけで、AM中に所有しているキャノンの望遠レンズ、NewFD300mmF2.8Lと冷却CCDカメラ、ST8300Mを接続するリング構成を検討していました。
昨年8月にもあーでもない、こーでもないといろいろとやっていたのですが、それ以来ですねー (; ̄ー ̄A アセアセ・

EOS40D用は割りとよい結果を出せるようになっていたので(その時のブログはこちら)、まずはそのリング構成と同じ長さになることを検討したいと思って、そこをノギスで測定するところから始めました。

EOS40D用のリング構成が
M58→M57[7407]
回転装置[7532]
M60→M57[7901]
M57→M42[7752]
薄型Tリング

ですが・・・あっれぇ~?今、過去記事見ると、ちこっっと構成違うみたいですね。
こちらの構成だとトータル的に、過去記事より1mmフランジが短くなっていると思われます。(゜.゜)
まあ、薄型に切削したリング使って2mmのスペーサ入れるよりは正論だと思いますケド・・。

さて、一応、このリング構成で根本からノギスで測定すると、薄型Tリングまで含めて34.4mmこれにEOSのフランジバック44mmを加えて、78.4mm。
さらに、ST8300Mのフランジバック17.5mmを引くことで60.9mm。(なんだかウォーズマン理論みたいだな・・ちょっと違うケド)

この長さに適合するリングを構築すれば、ST8300Mでも割りとよいんじゃないかなーってことで、約61mm目指してリングを組んでみました。

Canon New FD300mmF2.8L+ST8300M  PowerShotG9にて

いやー、コンデジのPowerShotoG9の置き換えで、デジタル一眼レフのオリンパス、E-620を買ったわけですが、
やっぱりこういう写真だと、コンパクトで手軽なコンパクトデジタルカメラも、結構いいですね。
なんだか、最近また使用頻度があがってるような・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
Power Shot G1X、いいなー・・・や、まあ、お値段的に買いませんケド・・・
PowerShot G9,マグネシウムボディで持った感触が良いのがこれがまた・・!
EOS 60Dをポチれない大きな理由の一つなですよねー・・

おっと、すみません、話が逸れてしまいました。
さて、最終的に組んだリング構成は
M58→M57[7407]
回転装置[7532]
M60→M57[7901]
M57→M42[7752]
AstroFilterBOX

でした。・・・なーんだ、あれこれやってみた挙句、考えてみたら、EOS40D用と変わらないジャン・・(爆)
これで約61mm・・・
ただ、EOSの場合と違うのはここにさらにLPS-P2フィルター(赤外カット変わりです)と、三色分解用フィルターの2枚が入ることで、実のところ、AstroのフィルタBOXの厚みが28mmですから、ST8300Mのフランジバック17.5mmを加えると、EOSのフランジバックよりも、さらに1.5mm長くなりますが・・・ちょうどフィルター2枚で0.6mmくらいリカバリーしてくれるので概ね問題なくなる・・?
あとは、まあ、実際に撮影してみてあまりに気に入らなければ、現地でもすぐに対処できるように、切削していただいて、薄型化を図った[7901改]も持って行こうと思います。
ホントはそれこそ自宅でテストしてから行くべきなのでしょうが・・・・ ┐('~`;)┌

F2.8を使うことで、いつもの2倍!(感度ね)
さらに、モノクロ冷却CCDカメラを使うことで、3倍!(感度+画素数・・?フォビオン計算)
そしてッ!モザイク合成を加えることで、5D2!お前を超える2400万パワーだッ!!
(急に、やりたくなりました 爆  無理あり杉 w)

やー・・でも、真面目にフォーサーズだと画角が厳しいッス・・・。
縦構図で4コマモザイクしないとダメ、、、ノ(-______-;)ウゥーム・・・. 時間的に無理じゃ?
まあ・・・NFD+ST8300Mは確立したいシステムなので、遊んでみま~す。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん こんにちは
晴れて来ましたね~
遠征前の機材準備はワクワクしますね。私もオフアキ仕様からサソリ仕様(QE-Reducer)に組み替え、カメラセンサーも掃除しました。
2式持ち出そうか迷ったのですが、お腹の具合が悪いのでやめました。
あとはカメラと望遠鏡を載せれば出掛けられます。これから一眠りして出発です。では、現地でお会いしましょう。

No title

GENTAさん、こんにちは~
ボクもこれから一寝入りして、と思っているところです。
機材積み込みはまた後で、ですが・・・(^^ゞ
センサーの掃除はしてないなぁ・・

晴れてきて夜が楽しみですね!M83のガイド星の位置も確認したし、、、ボクもこれから一寝入りです。

No title

夜の晴れを待ちながら、ごそごそしてるのって楽しいですよね~
いいなぁ~
いいなぁ~
NFD+冷却CCDの作例はあまり見たことがないので楽しみです。
やはり庵太レス狙いですか?
画角的にモザイクになりそうですね~

晴れるといいですね。

No title

UTOさん、こんちわです。
リング地獄にはまってますね。冷却CCD+カメラレンズの場合、どうしても
フランジ長が、決まっているので、なおの事ですね。
私は、冷却CCDにカメラレンズを付けるためにフランジ長が、合う専用のリングを
作ってもらいました。これならば、”リング地獄”に陥らずにすみます。
最近では、安く専用リングを作ってくれるところが、いくつもあるので
必要な光路長のリングを作られた方が、よいのではないでしょうかね。

No title

utoさん、こんにちは
Orcaさんも言われていますが専用リングが良いと思います。
私はFSQとFLIカメラもタカハシのリングを全部外して専用リング(結構長い)を作っています。
たわみの心配が減りますので。

No title

UTOさん ミリ単位でなにやら??

レンズおっきい~ですね♪
??レンズ??
望遠鏡に付けずにこのまま撮影なのでしょうか??
疑問だらけです(^-^)

今頃はテカテカの星空に逢えているかなぁ
こちらは雲があって・・火星だけ見えてます

No title

いや~参ったよ~残業になっちゃって先ほど帰ってきました
今夜は、火星狙いたかったけど・・・・
明日の夜も用事があるし中々思うようになりません。

今夜は、がんばってね。

No title

sloさん、おはようございます。
そうなんですよねー。
こういう時が一番楽しいかも!?

アンタレスは、フォーサーズで300mmだと4コマモザイクしてもちょっと苦しいんですよね。
でも、やるつもりだったんですが・・・(´Д`)ハァ…

No title

Orcaさん、こんにちは~。ほんと、リン狂いに悩まされています (^^ゞ
NFDだと規定のバックフォーカスよりも、若干短め・・つまり、ピントが∞より内側の位置で最も描写性能が良くなるので、必ずしもバックフォーカスを一致させれば良いわけではないところが悩ましいです。
NGCさんの計算結果を拝見して、まあ・・サンニッパの用途考えたら、当たり前だなーと思ったものです。
今回、ちと短めのようでしたので、やはり自宅でもう少し調整してみます。
ここだ!という位置がめっかったら、たしかに、特注リング作っちゃうのがよさそうですね。

No title

メーテルさん、こんにちは~
メーテルさんも特注リングでしたか!やっぱり、カジさんに頼んだのかしら・・?

それにしても、たかだかフォーサーズで悩まされまくっているので、こんなんじゃ、とてもフルサイズなんて無理ですね、、、ε=( ̄。 ̄;)フゥ
でも、バシっと決まると気持いいんだろうなぁ~あ。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
レンズ、おっきいですよ~
重さも2kgはあったかな?
はい、このレンズなら望遠鏡の変わりになりますので、これで撮ってみるつもり~

No title

ミューさん、こんにちは~
いや~参ったよ~吹雪になっちゃって先ほど帰ってきました。
今夜は、火星の敵狙いたかったけど・・・・
明日の夜も無理があるし中々思うようになりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ