FC2ブログ

記事一覧

第二次おろくぼ遠征 (´・ω・`)

さて、昨日は、おろくぼに行ってきました~!

14時頃にそろそろ一寝入りしてから・・・と思ったら、naokiさんが来てくれました。
金環日食のロケーション選びのために、福田港の当りまで出向いていたそうです。
ちょうどお天気もピーカンになってきていたところだったので、少し立ち話をした程度で、別れました。
また、こんど、ゆっくりと天文談義しましょう!

さて、一寝入りして、予定どおり16時起き。
目覚まし時計は万が一を考えて、16時半にセットしてましたが、鳴らせる必要、なかったね。
まずは機材を積み込まなくっちゃ・・と、機材を入れていきます。

2式積み込み  Canon PowerShot G9 コンパクトデジタルカメラにて。 プログラムオート

ε~( ̄、 ̄;)ゞフー 
なんとか、積み込み完了っ! 
と思ったのは予定の17時を15分程過ぎたところでしょうか。
と、いったところで、パチリと1枚写真撮って。2式でもなんとか収まるな~なんて思っていたら、
おっとォ!オライオン30cmの鏡筒バンドを入れ忘れていたのに気が付きました(ちなみにコレは入れなおした写真なのです・・・Kenko500mmF8ED望遠レンズの置き方が雑い辺りにその様子が伺えます・・?え、他のも雑過ぎ?! ; ̄ー ̄A アセアセ・)
この後で、防寒着を用意して、さあ!出発!!

ところが家を出て一つ目の信号で。
なんとなく、入れたものを頭ン中でチェックしてたんですよね。
Σ(・∀・|||)ゲッ!! そういえば、ST8XMEの電源を入れた覚えがないヨッ!? 
と、思い出して、Uターン。
ST8XMEの電源が入ったトランクは玄関に置いたままでした。ふぅ、アブナイ・アブナイ。あやうく、またブログネタを作成するところだったゼ・・
気を撮り直して再出発したのが17:34でした。気温は13℃と暖かです。
袋井バイパスが非常に混んでいましたが、まあ、急いても仕方ない・・

Mt.Fuji スマホ Galaxy Sのカメラにて 

遠くに富士山が見えている透明度も良さそうだ・・。
なーんてのんきに構えてました。
幸い、渋滞も掛川バイパスに乗る頃には解消!あとはスムースに行きます。
前回の様に、渋滞しているならば、金谷ICで降りて・・と思いましたが、大井川の手前まで、大変スムースでしたので、アップダウンが激しい金谷ルートよりも、島田ルートから攻めることにします。
まあ、やっぱり、大井川の橋の上ではちょっと渋滞気味だったんですけどね (´・ω・`)

ふと、なぜか、そういえば、SE赤道儀側のハンドルコントローラと電源を入れた覚えが無いのに気がついてしまいました!げっ、、、SE赤道儀、今年になって1回も使ってなかったのが災いして、全然気がついていなかった!!
Σ(゚д゚lll)ガーン
まさか、今から引き返すわけにもいきません・・・
せっかく、2台持って来たのに・・・(;´д`)トホホ…
うーん、これで、ST8XMEの電源を忘れたまま来てたら、ほんっとに虻蜂取らず、ナニしに来たんだヨ・・状態でしたね・・・_| ̄|○
気持的にかなり落ち込んできた・・・
幸い、空は透明度が良く、金星と木星が輝いています。
食料を買い込んで、一路、おろくぼへ・・

ところが!おろくぼへの山道を登って行っていたのですが、途中で、道が本当は左に折れなければいけなかったところを直進してしまいました。
急な坂道をあがっていったその先は、荒れた農道。
少し進んでいくとなんとか切り替えしできそう(でも、一歩間違ったら、崖から真っ逆さまだけどな)なところがありましたので、なんとか切り返し。
やれやれ・・ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 

山道って、いや~ね。
やれやれ、こうしてやっとこさ、おろくぼに到着したのは、19時半頃。2時間ほどかかってやっとこさ付きました。
GENTAさんの方は、すでに機材を組み上げて、Mikaさんと談笑しておりました。

さすがに疲れてしまって、乗り気がしなくなったので、まずは英気を養うべく、とりあえず食事。と、いっても、セブンイレブンの100円セールで買ってきたおにぎりですけどね~

さて、気分を取り直して、機材組立開始!
なにしろ、空は素晴らしい星空。来て大星界!!といった感じです。

やはり、SE赤道儀のコントローラ類一式は積んでおらず、と、なると持ってきた荷物の半分が使えない。
スペースの問題もあって、組立もなかなかスムースに進みませんが、なんとか組み上げて、撮影開始・・
M83がメインですから、余裕はありますしね~

オライオン30cm反射望遠鏡 EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mmF3.5開放 30秒@ISO1600

やれやれ、やっと安定して撮影に入ったですよ・・

沈むオリオン  EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mmF3.5開放 30秒@ISO1600

図らずもGENTAさんと同じ様な写真を撮ってました (^^ゞ
GENTAさんは夜明けのさそり狙いがメイン。さそりが顔出さないとやる気が出んな~とおっしゃってました。

MikaさんはNikon D3sで星空狙いでしたが、バッテリーがあがったり、インターバル撮影が出来なかったり?
いろいろと手こずっていたみたい・・?結局、撮れたのカナ・・? (・・?
ただ、ジモティ(死語)だけあって、天文台の職員さんたちともお知り合いの様子で、いろいろと歓談を楽しんでおられました。
GENTAさんやボクとも、話をしていて、最優秀ホルダーが3人も集まるなんて、凄いよネ。なんて話もしてました。

ニンジャ400  EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mmF3.5開放 30秒@ISO1600

静岡からここまで来られたそうです。お名前拝見し忘れましたが・・・
ニンジャ40cmを持って観望されている方もいました。少し見せていただきましたが、M51もM81もさすがに40cmともなると腕の様子がうっすらとですが、見える様になってきて、とても楽しめました。
口径40cmとイーソス17mmとイーソス8mmによる星空観望を楽しませて頂きました。
ニュートンとの組み合わせだったからか、以前、遠天のSさんに見せていただいたイーソス13mmとは少しまたニュアンスが違って、正直、見ただけでイーソスと気が付かなかった。
うーん、使用されている方も屈折の方が良い・・と仰ってましたが、イーソスの相性がもう一歩でしょうかねぇ?ニュートン式・・。
土星の模様も良く見えました。
ギャラッド彗星も拝見させていただいたし、M82は、さすがに40cmあると、ほんと、天体写真の様に見えますね。400mmの短焦点で撮影したイメージに近い・・。構造が良く判る・・・

あとは、久々に持ちだしてきた笠井のn-Bino10×60双眼鏡で、M42,M36,M37,M38,M35,M48,M44,M67,M81,M82とギャラッド彗星を見ました。
空が暗いから、M36,37,38の辺りは絶品ですね。微光星の数々が美しい。
あー・・ホントは撮るつもりだったのだけどなー・・ギャラッドさん・・・ (≧ヘ≦) ムゥ

さて、撮影はここまで順中だったのですが・・・
1時間も経たないうちに、ゴォ・・・ 風だッ!
オライオン30cm反射・・・に限らないですが、トップヘビーなボクの機材は、トコトン風に弱い!
ガイド星が跳ねる跳ねる。撮影した画像が、伸びる伸びる。
ダメだこりゃ~!
一応、M83に向けたものの、てんでダメ。もういいよッ。
と、ふて寝。
この段階で、Mikaさんは帰られました。いろいろとお話できてよかったです。また今度よろしくです。
ちなみに、気温はこの段階で0℃ほどで風が強い外は寒かったのですが、車内だと、案外、暖かく感じました。

小一時間程、して、1時頃だったかなぁ?GENTAさんが窓叩いて起こしてくれたのですが、一面の曇空。
北西の山にかかっていた雲がとうとう出てきたみたい・・
風の上に、雲まで・・ (´Д`)ハァ…

一応、GPV予報でも1時~2時頃は悪くなる予報でしたが・・・ここまで一面曇るとは・・
そうこうしているうちに、雪だっ
雲の向こうに星空はちらほらしているものの、雪が舞い込んできました。
風も相変わらず強いし、なんか、もーふんだり蹴ったり。

GENTAさんに撤収しますか?と聞いたところ、予報だとまた晴れてくるから、待機するとのこと。
さそり座の頭はたしかにもう昇ってきて見えています。雪と雲の向こうに、ですが。
2時10分頃には晴れて欲しいなぁ・・とGENTAさん。
せっかく、サンニッパもってきたんだから、そっちを使ってみたら?と言われて、なるほど、たしかに、オライオン側は最初の30分程度しかまともな画像がありませんし、この風だと天候が回復しても成果は望めません。
確かに・・と思って、オライオン30cmを下ろして、サンニッパに換装。

Canon NewFD300mmF2.8L & Kenko 500mmF8 ED 望遠レンズセット 
EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55mmF3.5開放 30秒@ISO1600

実は、これを組んだ直後、雪が激しくなり、吹雪だッ!!?
とゆー、状態に、仕方ないのでビニール袋を被せて、車内に退避していたのですが、強風でビニール袋は吹っ飛んでいっているわ、三角板の上に乗せていた、キャップ類も飛ばされていくわ、で、もう散々・・・

さすがに車の中に入っても眠いけれど、いろいろと気になって寝られず・・。
それでも、少しウトウトして、ふと気がついた3時半頃。外に出てみると、素晴らしい星空が!

天の川  オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45mm F3.5開放 露出60秒@ISO800

これまでの天気が天気でしたから、濃い天の川の部分、一瞬、ちぎれ雲?と思ってしまったくらいです。


おろくぼに降り注ぐ星々   オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45mm F3.5開放 露出60秒@ISO800

ウッドハウスおろくぼと天の川を捉えてみました。
星座は右上にあるのがはくちょう座。七夕で有名な織姫星とひこ星の橋渡しをしてくれるかささぎです。
七夕なんてまだまだ先ですが、夜空にはもう夏の星座が顔を出しています。

さて、折角のせかえた、サンニッパ+ST8300Mの星像は・・・・
ダメじゃ~ん (≧◇≦;)

と、ゆーことで、やっぱり自宅でちゃんと追試しないとダメみたいです・・_| ̄|○


薄明中の北斗七星  オリンパスE-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45mm F3.5開放 露出60秒@ISO800

この様な感じで、北西から雲が流れてきては・・・という天気でした。
風は西風が強かったなぁ・・
あそこも吹きさらしなので、ちょっとボクの撮影システムでは厳しいです・・。
次に行く時は、季節柄、オライオンはハブにして少し考えますかね・・。

片付け終わって、5時40分。おろくぼを後にしました。
GENTAさんの後を追いかけていきましたが、山を下っている最中はなんとか捕捉できていたのですが、あっという間に見えなくなりました!早ッ!
そ、そかー、こちらは法定速度ギリギリですが、さすがに法定速度限界で走るGENTAさんには追いつけないのは道理ですよね!
帰りも、道が良く走りやすい、島田ルートで帰宅しました。
島田ルートだと、ゆっくり走っている車もいれば、後ろから、100km以上の速度で(ぐ、こちらも8・・じゃない法定速度限界くらいは出しているのに余裕で抜かれました)すっ飛ばしていく車もいましたが・・。
やっぱり、金谷ルートよりも道自体は走りやすくて良いかな。
さすがに朝早いと大井川の橋も混んでないし。
帰りは1時間15分ほど、7時前には帰宅できました。

ニンジャ40cmでの観望ができたこと、素晴らしい天の川が見られたので、来た価値はありましたが・・
撮影の方は、ぼうずでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様です。次回は是非行きたいものです。獅子に行きましたが、雨だったので退却しました。

No title

あ、このトランクに私と同じものが乗ってます!
自分の機材かと思いました。
100禁?のプラケース笑)

やはりこの時期は晴れるといっても、2時位から曇るのはどこも同じパターンですね。
さらに標高があれば別でしょうが、雪との戦いになりますからね~
しかし、綺麗な天の川っすね。
もう空は夏だなぁ
白鳥座なんかも上がって着てますし…

サンニッパ&st8300コンビはどうでしたか?

No title

スッゴーイ!波乱万丈。ブログネタ大製造でしたね。その中でも素晴らしい天の川に会えたのですからいいですよ。サンニッパはなにが有ったのですか?。毎回撮影風景や雰囲気を撮影できる余裕には驚きます。私ならこんな状況ではトラブルで頭が一杯でそこまで余裕がもてないでしょう。

No title

UTOさん 遠征お疲れさまです(^-^)

富士山が思っていたより大きく見えるみたいで、いいですね♪

夏の天の川・・とっても綺麗ですね☆☆
はくちょう座も凄く大きいような。。
地上は吹雪、宇宙は夏なのですね。

ウッドハウスおろくぼに宿泊希望です(^-^)☆

No title

UTOさん お疲れさまでした。
いや~ ほんと風と雪と雲には参りましたね。

それでも天の川が見れたのは良かったです。

No title

お疲れ様でした。
積み込みできなかった物もあったようですが、それ以上に天候の急変が痛かったですね。
こちらも、先ほどオリオンと月、木星、金星が素晴らしくきれいに輝いていたので、カメラだけでも持ち出して出掛けようと思っていましたが、夕飯を食べ終わったら全面の雲でした。

それにしても、車に積み込んだ30cm反射望遠鏡は、とてつもなく大きいものなのですね。赤道儀に載せている写真でも大きいと感じますが、改めてその巨大さに驚きました。私だったら、こんなに大きくて重いものを積んだ時には、その達成感で1つや2つの忘れ物では済まないでしょう(笑)。

No title

UTOさん

またぽちして行くのを忘れてました☆
あらら。。ワタシもわすれんぼ・・ですわ(*^_^*)

車の左に乗っている宇宙にも行けそうな
トランク・・ゴツイですね(^-^)
何が入っているのでしょうか??

No title

むむむむー、そちらでまで雪が降るとは……
GENTAさんの記事で、身内のご不幸とか事故とか鏡筒の損傷とか重大事件があったのかと思いましたが、忘れ物でしたか。しかし片方だけでも運用できたのならぎりぎりセーフって感じでしたね。

って、なんで運転中の写真があるんですか!?(笑)

No title

法定速度ギリギリと法定速度限界にどれだけ違いがあるのか良く分かりませんが(笑)、UTOさんの遠征記は臨場感たっぷりでいつも楽しませて頂いてます(*^^)v
風や吹雪で大変でしたでしょうが、ブログネタとしてはこういう写真は最高ですね。
次回はスッキリ晴れると良いですね~。

No title

H野LS15さん、こんにちは~
やっぱり、獅子ヶ鼻に比べると星空が段違いですよ。
天の川が美しいこと、美しいこと。
双眼鏡で見る散開星団も見え方が段違いですしね、、
眼視の方がむしろ、こういう暗い空が重要かもしれません。

獅子は雨でしたかー。お互い残念でしたね、、(´・ω・`)

No title

sloさん、こんにちは~百均のプラケース、良く使ってます~
便利ですよねー。
それにしても、お天気には参りました・・・
風と雪の前に撃沈です。
NFD328+ST8300Mは調整があともう一歩ですね。2~3mm伸ばすと良くなりそうなので、またどこかでテストしてみます。ホントはこういうのは一気にやって詰めないといけないのですが・・・(^^ゞ

No title

エムティさん、こんにちは~
いやー、もう、ほんと、波乱万丈でした。これで何か一つでも納得できるものが撮れたなら、良かった良かった、ですが、でも、たしかにこれだけ綺麗な天の川を見たのも久しぶりでしたから、ヨシとしましょう。40cmでのM81M82もすごかったし。

サンニッパは、調整不足でした。あと2,3mm伸ばせば、というところで、そういえばリングも持って行っていたのですが、時間的にも再調整しようという気力が湧きませんでした・・・。

撮影中って手持ち無沙汰になりますから・・双眼鏡とカメラと三脚は必須?!

No title

ろざりおさん、こんにちは。
富士山、でも、近くの山に隠されるくらいですからね。場所を選ばないと見えないです。
トランクの中身は赤道儀です。
さすがに、20年経つのでかなりボロボロにはなってきていますが・・・

おろくぼは泊まりもいいですよ~。お食事も美味しいですし。

No title

GENTAさん、お疲れ様でした~
まさかあの最後の状況だけで作品仕上げてしまうとは・・・! (@_@)
脱帽です!
透明度に恵まれて素晴らしいアンタレス付近に仕上がりましたね。
やはりこういう時はデジカメが強い!と改めて感じました。
うーん、ボクも改造デジカメ考えようかしら・・

No title

たか坊さん、こんにちは。
そうですねぇ~2式出せたとしても、残念×2になっていた可能性はありますが、、、
でも、EOS40DとNFD328でギャラッド彗星は撮れたと思うとやっぱり残念かなー・・

30cmオライオンはでっかいでしょー。でも、凄く軽いので、持つのはそう大変ではない・・・の、ですが、さすがに昨晩、片付ける時はシンドかった・・(気持ち的に)

No title

かわうさん、こんにちは~
はい、忘れ物でした~ (; ̄ー ̄A アセアセ・
でも、気がついた時に、結構、凹みました。
だって一応チェックしてるんですが、さすがに2式だと、チェックした時に、EM-200のコントローラヨシ!という感じで、抜けてしまったんですよねぇ・・
せめて、プレ準備で玄関に一式まとめてから搬入した方がミスが少ないかもです。

えっと渋滞して停車していたので、じゃ、カメラでパチリ・・と、いう頃には前の車が動き出していて車間が空いちゃってるの図です。

No title

シュミットさん、こんにちは~
いやー、とりあえずGENTAさんちょっぱやかったです(笑)
帰り際に、先行っていいよ~と言ってくれたんですが、激しくエンリョ(笑)
正解でした (^^ゞ

そうなんですよね、せめてもの美しい星空が見えて風景をカメラに収められただけでも良かったです。
普段の写真よりも、星空の美しかったことがお判りいただけるかなーって思います。
が、それだけに悔しいな~ ( ̄ω ̄;)

No title

撮影は残念でしたね・・・
でも、天の川の写真は立派だと思います。。。
北斗も逆に少し雲がかかってるのが個人的に
好きですwww
あくまで僕のセンスですがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

No title

PSN AKB48さん、こんにちは~
張り切っていただけに、さすがに落ち込んでます・・ (/_;)
天の川は凄く良く見えました。わずか1分露出でこんなに写ってしまいますからね~!

北斗七星、いい雰囲気でしょ?
星景写真だと、雲もワンポイントになっていいですよね~
バッテリーの関係もあってやりませんでしたが、微速度撮影していたら、相当面白かったんじゃないかなーと思ったりしますが、でも、なんか思い出して悔しくなりそうでもありますね (^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ