FC2ブログ

記事一覧

MaxImDLでダーク減算

MaxImDLでバイアス&ダーク減算を行うには以下の様にします。
僕もなかなか覚えられませんでした(笑)
が、AutoOptimize機能を教わって、実際、ダークを精度良く引かなければならない事態になった(ぶっちゃけ、SXV-H9ならダークは要らんのですよ、、、)ので、なんとか覚えました(^^)v
 

相変わらず、V4での説明ですが σ(^^;
まずは、Process-SetCalibrationを選択します。
そうすると以下の様な、ウィンドウが出ます。

簡単にいうと、画像の種類のグループ(BIAS,DARK,FLAT)の登録をして、そして、作ったグループに、実際に撮影しておいた、バイアスとかダークとかのファイルをそれぞれ登録していくって感じになります。
まずは、BIASを選択して、『Add-Groupe』を選択すると上の画像の様に、新しくBias1というグループが作成されます。

次に、Addを押して、実際に撮影したファイルを登録します。

ファイル選択画面が出ますから、Windowsの作法にしたがって、Shift+マウス左クリックで、複数のファイルを一括選択してください(BIASは多数枚撮るでしょ?)
これでBIASの登録はokです。
次にDarkですが、同様に、

Darkを選択してから、同じ様に『Add Groupe』でまずはグループ登録。
次に、『Add』ボタンでファイル選択と登録です。
ファイル登録後で結構ですが、Dark flame scalingはAuto-Optimizeに、CombineTypeは、通常はAverageでokですが、Eチップ等、宇宙線の影響が懸念されるカメラの場合は、Sigmaに選択してください。
ただし、シグマは3枚以上のファイルがなければ機能しないことをお忘れなく、、、

 これで登録完了です。
Flat画像も同様に登録することができます。
 
実際に補正処理を行うには、まず、MaxImDLに画像をロードして、
次にSetCalibrationで、使いたいグループにチェック入れます。
なお、チェックをいれなくても、マキシが勝手に、これが一番適合する!というモノを判断して使ってくれると思いました。(たしか・・)
まあ、勝手にやられても気持ちわるいので、ちゃんと自分で指定するんですけどね。特にKAF1600系は複数のカメラを持っていたから、特にそうしないと、本当にちゃんと適合しているのを使ってくれたかどうかわからないし、、

上の画像は、この画面の左下の『Auto-Generate』でマスターダークとして作成しているのでファイルは一つしか見えません。あれ、これってライブラリ化ですね(汗)

あとは、Calibrate Allを実行すれば、バイアス、ダーク、そして、登録していればフラットまで、すべて一括で処理してくれます。
便利ですよ。
 
ところで、ステ6でも近い機能はやはりありますね。

ダークライブラリの補間してダークフレームを生成がそれに当たりそうです。
しかし、これは単純に演算するだけで、おまけにバイアスは考慮してないのではないでしょうか?
工夫次第では、これでもいけます。
たとえば、バイアスフレームを予めダークフレームから減算して登録しておけば、補間してダークフレームを生成は、正常に機能することでしょう。
ステ6はファイルI/Oが気に入らない(ロードしたファイルは、ロードしたフォルダに保存してくれよォ~)ので、ほとんど使ってないのでこの機能には気づいてませんでした。(ステ5からあるとしたら、ダーク不要のSXVだったからなぁ・・・ってことで ^^;)

なお、例えば、KAF8300であれば、ダークノイズが2倍になる温度は5.8℃とkodakのデータシートを見れば書いてあります。こういうところもちゃんと調べてから使ってくださいね。
演算だけでなんとかしようとしている点では、MaxImDLのAutoScaleと同じですが、ステラでは冷たい方程式で冷却温度が違うダークをマッチングさせようとしているみたいですね。こういう意欲的なところは買いたいですが、
その割に、露光時間が違うダークをマッチングさせる機能が無いのが不思議です・・。
 

こちらは、DeepSkyStackerの設定画面。
Dark Optimization にチェックを入れれば、MaxImDLのAuto-Optimizeと同じ機能が働くと思われます。
まあ、試してないんですけど、ね、、(汗)
しかし、このソフトはすごいです。
例えば、ステライメージなんかは1点、あるいは2点指定でコンポジットするじゃないですか。
しかし、2点だと精度不足で、端の星が回転ズレで星像が崩れたりするわけです。
ところが、このDSSでは画面上の星、数十~数百の星を使ってマッチングとるし、上の画像で、Auto AdaptiveWeighteingAvarageってあるでしょ。これはダークで使うのはナンセンスと思いますが、ライトフレームだと、各画素の重み付けをとってから平均化してくれるんです。より高機能高品位なコンポジット合成ができます。
で、ダークだってちゃんと最適化できるでしょ、、
ステライメージのコンポジットやダークの機能って基本的にここ10年進化してないんじゃないかな・・。
DSSの豊富な高機能の数々をみていると、古臭いというか、時代遅れな印象を拭えません。
もっとも、このソフト、なーんか個人的にはうまく使えてません。
まあ、所詮僕のことです。どっか単純なところで設定ミスってるんでしょう。SE赤道儀もそうですけど、、
一旦わかっちゃえばあとはすんなりイケると思うんだけどな、、まあ、ぼちぼちと・・と思ってます。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、ご苦労様です。
私見てきた殆どのソフトウェアで、Dark[-Bias]の伸縮(最適化)処理は含まれてます。
むしろ機能を持たないのはStellaだけじゃないんでしょうか?
例えばIRISでは、2種あって、① 特定領域のノイズが最低になるようにDarkを伸縮する、② 画像全体でのエントロピーを下げるように伸縮させる、の様な感じです。
普通はMaxImやCCDStackがそうであるように、温度同じで露出差にだけ対応した
方法と、双方異なってもノイズ比較で伸縮を決める方法、の2種は持ってるようです。

No title

V5を使ってますが、我流で使ってきて方法がそんなに間違っていないというのが、今回の説明で確認できて、すごくほっとしてます。
実は、ダークやフラットが合わないと、使い方が間違っているのではないかと疑心暗鬼でした。
これでAuto-optimaize の使い方の練習が安心してできます。

No title

グレーテルさん、こんばんわ。
最適化機能を持ってないのステラだけなんですねー。
ケータイと同じでガラパゴス化している、というとおおげさですが(^^;
是非とも、次期VerではOptimize機能は搭載して欲しいですね。
CANPで要望してみましょう・・。

No title

Eagleさん、こんばんわ。
結局は我流になっちゃいますよね。僕もグレーテルさんに教わってなんとか使ってますが、MaxImDLというソフト、とっつきにくいですが、いろいろと機能が豊富で、覚えてくるととても便利で合理的だなぁと思います。
コンポジットも、AutoStarMatchingだと自動でなんにもしなくても位置合わせしてくれますもんね(これはDSSも同じ)
いちいち星を囲って位置指定して・・なんてことさせるのもステラだけかもしれないなぁ・・。

No title

登録方法がよく分かりました。ありがとうございます!
早速今夜にでも試したいと思います。
ステラでもあったんですねー。
そちらも試して比較してみます。こちらはVer.5しか持っていないのですが…。

No title

T-Fixさん、ぜひやってみてください。
ステラにはたぶん、Ver5にも乗ってる気がしますが、しかし、この機能だと自動で最適化までやってくれないので、ユーザサイドできちんと、ダークライブラリのバイアス減算しておく、CCDデータシートを読んで、ダークノイズが2倍になる温度を知っておく・・露光時間は同じダークが必要、となかなか難易度が高いです。
そのくせ、実画像との差異を見てくれてませんので、努力の割には報われない可能性もあります・・。

No title

これは本当に勉強になります。バイアスフレームを撮影しておく意味がようやく理解できました。DSSはヘルプが初心者向けじゃないのでほとんどデフォルトで使ってます(^^; DSSの「Dark-Optimization」はいままで、これ何に使うんだろうと???でした(^^;; UTOさんの解説でようやく納得できました(^-^) stackingもほぼaverageばかり使っているのですが、ほかのstacking法にもなにやら奥が深そうです(^^;

No title

ひろしさん、こんばんわ。
そうなんですよ、BIASはただ撮ればよいというわけではなくて、どういう風に使うのか、というのが大切なんです。
DSSは、ST8のダーク画像だと宇宙線を除去したいので、Median-KappaSigmaが良さそうですし、ライトフレームは枚数がすくなるなるRGB画像もおそらく3枚撮影してMedian-KappaSigmaが良いと思います。
枚数が多い、ライトフレームは、AutoAdaptiveWeightingAverageが良いでしょう・・が、試して得た結果ではなくて、頭ン中で考えてこれが良さそうというだけですので、実際にテストしてみてください。
DSSはほんと、すごい高機能ですね。ミスっていた部分もだんだん分かってきた・・・かなあ?自分の方も少し試してみます。

No title

Mikaさん、傑作ポチ&アドバイスありがとうございます。
シグマクリップとAutoOptimizeを使えば、ST10XMEの最初の段階での宇宙線ノイズは除去できますから、ぜひ使ってみてください。
それにしても、CANPは楽しかったですね。
また次回も行きましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ