FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園観測記 8/19

なんと、夏期休暇の最後の最後になって、晴れそうですよー
いや、まあ、晴れてくれるだけ嬉しいですが、予定になかった帰省をしたおかげで、ちょっとバタバタ忙しいです。
星ナビにも今月は送れなかったなァ・・まあ、ネタもないけどサ。
天文ガイドへはこないだの金星くらいは写真を投稿したいと思ってますが・・・間に合わないかも。
まあ、いろいろとやることはあるのですが、せっかく晴れてくれたのなら、撮影したい!

機材はほぼ昨日のままですが、カメラをSTからSXVに変更。
今日の目的はSXVR-H694の実戦撮像テスト。
もちろん、久々の晴れなので、作品化することも念頭にはおきたいのですが・・・まあ、そうは上手くはいかんだろうなーと思いながら、所要を済ませ、獅子ヶ鼻公園に到着したのは20時前後だったと思います。

獅子に来てみると、なんだかすっごい望遠鏡を持ち込んでいる人がいましたよ!

ヨヲイチさんの40cmドブソニアン オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45 F3.5開放

思わず、早速声をかけて見させていただきました。
ヨヲイチさんは、近くから来られたそうです。
さっそく、M13を見せていただきましたが、40cmドブソニアン+イーソスで眺めた球状星団は見飽きません。
M13も素晴らしい眺めでしたが、後から見たM22が特に美しかった。
球状星団は、眼視ではすごく立体的に感じます。特にM22は明るい星もあるので、M13よりも見応えがありました。
また機会がありましたら、ぜひ、ご一緒お願いします m(_ _)m



GENTAさんの撮影システム オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45 F3.5開放

GENTAさんもすでに、TV60isを組み立て、さらに星空診断用のデータを撮影されています。
赤道儀はGPDに、カメラはCooled60D冷却改造デジタルカメラ、ガイドは、LodeStarをペンシルボーグに付けて撮影していました。
ガイドエラーにいろいろと悩まされていたみたいです。

自分の方も準備を始めていきます。
まずは北極星を・・っと、ところが、北極星の辺り、つまり、北天低空だけが雲に覆われたりしてなかなか入れられません。
ちらり、チラリと、たまに雲間から姿を見せてくれているのですが・・・
こんな、チラリズム、ちっとも嬉しくなーい (´・ω・`)
ン・・これかな?と思って組立を進めたのですが、晴れ間が広がってきたこともあって、もう一度確認。
・・・
・・・なんか変だナ・・
っと、少し上下微動で降ってみると、より明るい星がッ!
あっ、こっちが北極星だ!
・・ってことは、昨日、天竜の森で北極星と思った星って勘違いじゃ・・ (∀ ̄;)
ま、まあ、撮れなかったから関係ないけどねっ (; ̄ー ̄川 
いやー・・・晴れてたら、ハマってたんだろうなあ・・・
(ちなみに、もし、天竜の森で晴れていたら、実わ、トラップはもう一つあったんだよね、、)

極軸も出して、光軸も合わせた。
ここからはカメラの組立。

STシリーズに比べると、やはり、どうしても煩雑になりますね。
冷却CCDカメラ、オフアキシス、フィルタホィール、ガイドカメラ・・・ケーブル類が多く、組立にも時間がかかります。
そして、あとはGPUSBにガイドケーブルを挿せば・・っと、ここで問題発生!Σ(゚д゚lll)ガーン
ああ゛ッ!ジェンダーチェンジャー忘れたッ!!
PyxisからST7用のガイドケーブルを接続するのに、オスーメス変換しなければいけませんが、そのコネクタは、今まで使っていたガイドカメラ、DSIProのケースに入れっぱなし!一応、GENTAさんに、持ってなーい?と聞いてみましたが、いやー・・・さすがのGENTAさんも持ってませんでした(当たり前)
時刻はまだ21時・・・取ってくるかあ・・
と、一時帰宅。まあ、片道20分程ですからね。
これがぼうら屋さんで一人だったら、多分、試合終了~ (^^ゞ

時刻は、21時9分でした。
自宅へは獅子ヶ鼻公園からは20分ほど。順調に戻って来ました。
ジェンダーチェンジャーをポッケに入れて、さあ、戻ろうか。
ン・・まてよ、一応、バックアップ対策しておこうかな・・
なにしろ久々の撮影だもんねえ。
うむ、バックアップは大事だ、バックアップは。・・・それがまともに動くならば・・
バックアップとして、STシリーズ一式と、あとはDSIProのケースそのものを持ってさあ、再出発!
少し、眠くなってきたな・・と思いながら、一路、獅子ヶ鼻公園へ。
22時前に予定通り、着きました。

さて、仕切り直し。
ノータッチで流れまくっていたので、バランスを見直し、ネジ類チェック。
赤道儀の固定ネジが結構緩んでいたので、締め直して、極軸も再チェック!
フィルタホィールがちょっと調子悪かったので、一度Disconnectして、配線周りを彩度見直して、もう一度、Connect・・・
あれー・・冷却温度、Disconnectしたら、OFFになってるジャン・・Σ(゚д゚lll)ガーン
もう一度、冷却し直し・・
あれー・・マキシってそーゆー仕様でしたっけ・・・ちょっと困るんですが・・・。
回避方法、少し調べたけれど、見つからず。CCDSoftなら、問題ないし、STシリーズでも、フツーDisconnectしても冷却温度は維持してくれる気がするから、、これはSXVRの仕様?えー・・。
ま、まあ、この辺りは後日調べるとして・・

LodeStarとEM-200での初組み合わせ。
果たして、上手く、ドライブしてくれるか・・っとキャリブレーション!
気温が高いからねえ・・ホットピクセルを誤認してしまう。
なかなか、キャリブレーションが思う様にいきません。
うーん、この辺り、いくらカメラの出来が良くても、SBIGの方が一日の長があるなあ・・。
ST-iもシャッター内蔵ですものね。チップは小さいし感度も低いのだけど、使い勝手という点では、どうもST-iの方が良さそう。
テキトウに降って、明るい星を捕まえたところで、やっと、キャリブレーション成功!
やれやれ・・・
とりあえず、EM-200+Pyxis+Lodestarの組み合わせは問題なし。

オライオン30cm反射望遠鏡 オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ Z.D14-45 F3.5開放

さて、天の川も見え、獅子ヶ鼻公園としては最高の空。
とはいっても、やはり磐田市に近すぎて、光害はかなりの厳しさです・・

話しを戻して・・
ところで、通常、赤緯値はMaxImDLでも手動で指定できたと思うのだけど、LodeStarでは、灰色グレーになっていて、指定できず・・・うーん、でも、これもまた保留。(←これは勘違いでした)

うーん、うーん、いかんですね。いきなり実戦に持ち出しても、いろいろと細かな(それでいて、結構、致命的な)問題が生じますね。

なんとか撮影開始しましたが、すっかりと疲れ果ててしまいました。

ヨヲイチさんに、まばたき星雲(若干、色を感じた)、青い雪たま星雲(獅子だと色はなんとなく分かるけれど、薄い・・やっぱり、空の良し悪しは重要ですね。でものの字構造が判って、さすが40cm!と感嘆!)、OⅢフィルターでの網状星雲を見せてもらって、満足。

ガイドは、上手くいったり、いかなかったり・・うーん、各部ネジは問題ないので、あとは、バランスかなぁ・・まあ、GENTAさんもおっしゃってましたが、ムリさせすぎているシステムなので、ある程度しかたないんですが・・・
ちょっと実用化には程遠い?

こーんな感じでガイドがちょっと流れてしまいます、、流れ方は一定じゃないんだよねえ・・
一応、ガイド露光時間が短い程、ガイドグラフが暴れていたので、シンチレーションの可能性も高いかな・・でも伸ばし過ぎてもやっぱり突発的に乱れたりしてうまくいかない・・
とりあえず、3~4秒露光が都合が良さそう。それであとは撮らせっぱなしにして、明日は仕事だし、と車の中で一寝入りしました。

12時半過ぎに起きてみると、ヨヲイチさんもGENTAさんも撤収準備されていました。
ボクはもう少し、頑張る・・というか、まだ眠いので、被写体変えて、もうひと寝入りしたかったのと、フラットが朝にならないと撮れないので、朝までいま~す、と見送り。

さて、B画像も撮り終わったし(ガイドエラーはあるが)、次の被写体へ・・
と思ったら、突然、PCがプツンとオチた。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
PCはデコデコ介して、19Vに昇圧していたのですが、あまりにも突然落ちて、でこでこが熱かったので、またデコデコが壊れたのか~(=`ω´=)凸と、一瞬思ったものの、昇圧しているのでバッテリーがヘタったのかしら、、と別のバッテリーに接続したところ、うんともすんとも言わず。

なんでや~と、見てみると、自作したケーブルの先端がポトリと落ちたじゃん Σ(゚д゚lll)ガーン
あらー、テンションかかりすぎて、ケーブルが断線したみたい・・
ぐ、、代替えケーブルなんて、、、ガサゴソ、ガサゴソ・・・・
・・・・無いよッ。ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

一瞬、泣きながら帰るか、と思ったのだけど、あまりにも良い空・・・
時刻は2時前。まだ、ワンチャンスあるッ!
バックアップ用(兼この文書の下書き用)に持って来たEeePCがあるッ!
さらに、一旦帰宅した時に、念のためと持って来たSTシリーズまであるッ!!(EeePCでSXVを動かすにはUSBポートが足りない)
こんな事もあろうかと思って、用意しておいたのだ!
いや、まあ、そんな事を考える事、自体、どうかとも思うが。

と、手間ですが、あまりにも澄んだ星空を目の前に、冷却CCDカメラを入れ替え!
STシリーズ、スイッチON!
さあ、撮影開始!!・・っと、思ったら、なんと、ビッシリと結露してるじゃないですかッ!!
えー、こないだ、乾燥させたばっかりなのにッ。なんで~
うーん、どうも、なんとなあく使ってみたSPRプラグが鬼門だったみたいです。
さすがに買ったのはもう随分と昔なので乾燥剤の役割を果たして無いのか、ちょっとプラグの締りが悪い気がしたので、それが問題なのか(後者っぽい・・でも、前者も疑い有り・・)
さ、さすがに、これはもう、万事休す・・・。
結局、泣きながら獅子ヶ鼻公園を後にしたのでした ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
あーあ、綺麗な星空だったのに、、ガッカリです、、
フラット撮影もできてないので、SXVR-H694で撮影したデータもおジャン。

課題はいろいろと浮かび上がってきたので、少しづつ対処法を考えて取り組んでいかないといけませんね、、、

うーん、実は、買い叩いたとはいえ、ST8XMEが鬼門でして。
前ユーザさんが、結露してしょうがない!とおっしゃっていたのですが、それもそのハズ、乾燥剤は、乾燥時の一時保留用のダミープラグだし、なんと、フロントのネジが2本も外したままになっているし、そりゃあ、結露するよなー・・
で、自分の過去のST7E等からパーツを使いまわしているのですが、結果的に、乾燥剤プラグ1本欠品、インチの皿ネジ2本も欠品なんですよね。で、今回、いろいろとあって、SPRプラグを使ってみたんですが・・・これが裏目に出ました。
自宅でテストしなかったのもまずかったんですけどね。

いろいろと反省しきり。
もちろん、最初っから上手くいかないと思ってはいましたが、それでも、ここまでダメダメだとは(´・ω・`) 思いもしませんでした・・・
あー、超疲れた、、、

ヨヲイチさんに見せて頂いた40cmドブソニアンで見た星雲・星団が大きな戦果でした。
イーソス、ニュートン反射でも周辺まで星が○なんですよね。コマコレ入れなくっても。凄い不思議なアイピース。別格ですね。アレは。
じっくりと星雲・星団を堪能できたのが救いでした。
あ~あ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ミュートンさん、こんにちは~
いやー、40cmで見させて頂いた星雲・星団は圧巻でしたよ!
球状星団も凄いけれど、OⅢでの網状星雲はスケッチしたくなるくらい良く見えました。もっと暗いところに持って来たら、相当見えるでしょうね。

獅子はホント使いやすいところがGoodですよね。ぼうら屋さんの方が山一つ挟む分、直で磐田市の光害が来ないので空はぼうら屋さんの方が良いのですが・・

No title

NGCさん、こんにちは~
傘がしっかりと効いてたので、各部動作の心配はしてなかったのですが、無事に動いてくれてほっとしたのも確かですね~
作品、いやー、今回ばっかりはぼうずでした。ぼうずだけは避けたいので、STを持っていったのに、まさか、そこで裏切られるとは・・orz
乾燥処理後のチェックが甘かったです。現在、再乾燥中・・手間でも、Oリングの緩みが無いか確認しなかったので、ひょっとしたら、また結露という結果になるかも・・ですが・・上手くいくことを期待しよう・・(´・ω・`)

40cm、すげーです!!

No title

jiikoさん、こんにちは~
いやー、ひさびさの晴天ということもあって、いつも以上のドタバタっぷりでした(笑)
うーん、もう少し、なんとかならんものかしら・・
今回ばかりは、撮影に関してはゲキチンでした、、

No title

me_*0*55さん、こんにちは~
ホント、こないだもポルシェで静岡からイプシロンもって乗り付けて来た方もいるみたいですし、有名になってきましたね!
でも、お空はイマイチですから・・・近場でもう少し良さそうなところって無いでしょうか?
移動時間、1時間弱程度の範囲内で探せば、いろいろとありそうな、無さそうな・・(´ε`;)ウーン…
北遠が曇りやすいだけに、そこそこの空でも、晴れてくれる近場の方が、冷却CCD使いとしては、ありがたいんですよね。

No title

T-Fixさん、こんにちは~
いやー、ほんと、自分でも、笑っちゃうくらいトラブル満載でした。
まあ、初期の目的である、SXVR-H694の実戦撮影テストは一応はできたのですが、せっかくなので写りも見たかったですねぇ・・
いや、ポテンシャルはマジで高いんですが、、、
せめてフラットが撮れていたら、撮影した螺旋星雲は多少のエラーがあっても仕上げてみたかったんですが・・・残念。

次こそは・・といきたいところですが、もう暫く試行錯誤は続きそう。
でも、今回の遠征で、やっぱりデコデコ使うとバッテリー持たないか、とか、自作ケーブルは予備も必須とか、いろいろと判ってきた問題はありますから、次回は今回よりはマシになるように頑張ります。
・・って晴れてくれるかなぁ・・

40cmドブソニアンは凄い!の一言ですね。

No title

小ちゃん、こんにちは~
結露は、一応、乾燥させたら、消える(ハズ)ですので、多分、大丈夫・・・って、ホントは確かにいろいろと確認すべきでしたが・・ま、まあ、なんとかなると思います (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

はなちゃん、こんにちは~
マニアックな記事ですみません m(_ _)m
でも、実際に、天体写真をやってる人からすると、結構、あるあるネタなんですよ。
・・ってここまで、一辺にトラブル人はそうはいないけどね ( ̄^ ̄)>エッヘン
・・っていばるトコじゃね~ orz

いやー、大変でも、成果があれば、頑張れるのですが、今回は、撮影に関しては成果無しなので、なおさら疲れました、、とほほ。

No title

ポルシェにイプシロンですか。。私なら、竜頭まで行っちゃうなぁ。
いゃ、ポルシェでは、不正路面やタイトコーナーは苦手でしたっけ。。
でも仰るように晴れ難いし、近くてお手軽な点では、貴重かもしれませんね。
そこそこ視界よくて遠くない観測地あったら、こっそり教えて下さ~い。(笑)

No title

すみません、質問です。
小型軽量ガイドカメラでLodestarとST-iを検討してますがどーなんでしょう?
CCD素子の性能ではLodestarみたいですがSBIGは使っているので敷居は低いです。
Lodestar使ってみてどうですか?

No title

ひろしさん、こんにちは。
ほんと、40cmで見る球状星団は圧巻でした!
アイピースも良いからというのもあるのでしょうが・・
地方のメリットで、ちょっと足を伸ばせば、天の川は見えるのはありがたいですね~。
20年前の陣馬山と同じくらいの印象です。

No title

エムティさん、こんにちは~
おっっと鋭い! (^^ゞ
今回、撮影はぼうずでした、、(ノω-。)
トラブルはあっても、回避策は用意するのですが、今回は、バックアップがダメでしたからね~ (´・ω・`)
でも、大口径で網状星雲など、いろいろな天体を見せて貰ったのが良かったです。

No title

しけるさん、こんにちは。
そうですねー、久々だし、焦る、焦る(笑)
トラブルはあっても、何か1枚撮れれば、救われるんですがね~
あーあ、です。

No title

ヨヲイチさん、こんにちは~
素晴らしい望遠鏡ですね!球状星団が迫力があって良かった。
もう少し順調にいっていたら、M17とかあれやこれやを見せて頂きたかったところでしたが・・残念!
また、ぜひ、お願いします。
ちょっと先のぼうら屋さんの方が少し空が良くなりますよ。ただ、若干、ゆるい坂になっているので設置は困難かも・・
獅子は、ミュートンさんも書かれている様に、なんだかんだ言って使いやすいんですよね。

No title

me_*0*55さん、こんにちは。
ボクは遭遇しなかったのですが、ミュートンさんとH野LSさんがお会いしたそうです。
あの時は晴れる場所がそこしかない!状態でしたからでしょうね。でも、獅子まで来るなんて凄い根性!
視界だけなら、ぼうら屋さんはいいですよー。ペンシル星雲とかω星団とか撮れちゃう!

No title

jiikoさん、こんにちは~
LodeStarは、MaxImDLで制御させた場合だと、STシリーズの感覚だとちょっとハマりますね。センサ感度は高いのですが、マキシの仕様なのかガイド星が認識し難い・・
ま、これはSTもそうなんでしょうが、SBIGはCCDSoftやCCDOPSも優秀ですから・・
ボクはCCDSoftを良く使ってますが、その感覚でLodeStarを動かすと失敗するなぁ・・って感じです。

ST-iはシャッタ内蔵だと思いましたが、念のため、確認してください。
センサ感度は低く、チップも小さいですが、これまでの慣れている機材の延長の方が負担は少ないですよ。
ただ、将来的に、もっと長焦点やってみよう、とか思った場合には、やっぱり、ガイドカメラの面積の差はかなり効いてくると思います。
1200mm程度までであれば、ST-iで十分だろうと思います(ST8XMEのガイドチップでの感覚では。但し、こちらのセンサの方が感度は良いのですが)

No title

ぼうら屋さん、視界良さげで、以前から興味あります。でも、兎に角寝っ転がらないと仕事にならないので、実際上都合悪いんですよね。雨上がりなど折角晴れても観測不能になっちゃいそうで、つい獅子ばかり。。
でも、一度どんな具合か見に行ってみたいものです。

No title

ポロリもありましたか……ご愁傷様です。

カバー掛かってるのでピンと来ませんでしたが、ヨヲイチさんのドブはもしやトリノですか。現物はさぞやでっかいんでしょうね。

うちでも、一度Disconnectするとクーラーのスイッチはオフですよ。設定温度自体は覚えてますけど。

Lodestarみたいなシャッターのないカメラは、ダーク撮るの面倒ですよね。露出かえるとまたやり直しだし。フルキャリブレーションの方法を覚えたら楽になるかなー?とか思わなくも。
そうそう、はっきり見えてるガイド星が認識しもらえなくて、もどかしい事がありますね。SNに対する要求が厳しいんでしょうか。

No title

me_*0*55さん、こんにちは。
本業もちょこっとばかり忙しかったので、なかなかRES付けられないまま、見落としかけてました m(_ _)m

ぼうら屋さん、視界良好、星空もなかなかで、沢山の流れ星をこの2日間でみましたよ。
確かに寝っ転がるのは大変ですが、H野LS15さんの様にサマーベッド持ち込めばいいかも?
あー、雨あがりは、ちょっとぼうらやさんはエンリョしたいですねぇ・・。

No title

あらあら、本業もお忙しかったですか。空も晴れ続きで嬉しい悲鳴でしたね。てっきりまた別口もお忙しいのかと・・・・・

何故か流星多かったですね。サマーベッドは私も一時期使っていたことあります。ただ何でも車載しておく人なので、場所食いすぎ。。それならと、じき機材や防寒具にとってかわられてしまい、今では実家の物置で眠ってます。。あれば便利なのですけれどね。

No title

かわうさん、こんにちは。
すみません、見落としかけてました m(_ _)m
ヨヲイチさんのはカサイのだったかなあ・・ちょっとまた今度聞いてみます。
CCDSoftだと設定でチェック外すとクーラー保持してくれるんですよ。
トラブった時に(フィルタホィールの電源コードが抜けて、もう一度、Connectし直したいとか)、案外、便利だったりするのですが・・

うーん、SBIGはMaxImDLでも保持してくれるんだけどなぁ・・
で、CCDSoft⇔MaxImDLのやりとりが楽なので重宝してました。

ガイド星も、マキシだと認識がシビアーっすよね。ほんと、もどかしい思いをすることが多いです・・・
使いこなしている方からすれば相当優秀なのでしょうが・・PHDが楽・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ