FC2ブログ

記事一覧

獅子ヶ鼻公園 強行!

昼過ぎ遅くまで雨が降っていましたが、夕方から陽射しが差し込み始めました。
GENTAさんのブログで晴れそう!というのを見ていたので、予め、お昼寝して、夜に備えていたのですが・・・
んー・・・、せめてあと1時間早く晴れてくれていれば、と思いますが・・

朝からの雨で庭先もびしょびしょ。
ニワトリくらい
は・・と思ったものの、さすがにこの濡れっぷりではなー・・(´ε`;)ウーン…
やる気が出ない・・

望遠鏡は昨日のぼうらや観望会の為に、車に積みっぱなし。
出かけようと思えば、出かけられる体制ではあるが・・・

ぼうらやさんは、地面が草地になっている為、水はけが悪い為、除外。
と、なると、地面がアスファルトの獅子ヶ鼻公園となる。
・・実を言えば、獅子一択ではなく、おろくぼの駐車場もアスファルトであり、空はより暗い。よほどGENTAさんを誘って行こうか悩んだものの、本日仕事があることと、なにより、西から雨が上がってきた、ということは、おろくぼで晴れ間が出たのは日没頃ではないだろうか。
そうすると、路面が乾いている可能性は低い。獅子ヶ鼻も路面は濡れたままと思った方がいいだろうし・・・
あとは、日曜日の晩なので、おろくぼまでの道が混むことが容易に想像できる。
今週からは、お天気も悪そうで、9月の撮影としてはラストチャンスかもしれないが・・・大人しくおろくぼは諦め。獅子一択に。

天文ガイドのフォトコンテストへも応募してこなければ、と、夕方から、プリントを実施。起動したら、いきなりインク切れ。ガ━━(;゚Д゚)━━ン
うーん、相からわず、Pro9500はインクがなくなるのが早いッス。
前もって、Amazonから不足のインクを購入しておいて良かったよ・・
毎月恒例というのが如何なものかとは思うけれど、ホント、インクがなくなるの早いのヨ。。


が沈むのは23時半ころ。
夕暮れ時は、GPV予報の通り、まだまだ
が多い天気でしたから、さしあたり、夜半からの小宇宙に狙いを絞って機材を考えます。

望遠鏡は(当然?)オライオン30cm反射望遠鏡を使うとして、カメラは・・SXVR-H694は、組立がちょっと大変かな・・
そういえば、ST10XMEとパラコア2でのテスト撮影はやってなかったな・・ということで、カメラは、ST10XMEでキマリ!

カメラを積み込み、21時ジャスト!
獅子ヶ鼻公園に向けて出発です。
気温は18℃。だいぶ涼しくなってきたものです。
目覚まし時計と毛布も忘れずに、っと。
・・・双眼鏡は持って行こうかどうか悩んだものの、まあ、明日仕事なんだから、撮影開始したら、とっとと寝ようと、置いて行きました。

21時半前には獅子ヶ鼻公園に到着です。
水たまりはあるけれど、一部路面は乾いているという感じで、概ね予想通り。
一応、GENTAさんには獅子に来たとメールを打って、準備開始です。
H野LS15さんにもメールを打とうかどうか悩んだのですが、明日は仕事だしなあ・・。
月が沈むのは夜半前だし、ここは冷静に大人の対応でやめておきました。(・・・そもそも、平日に撮影に出る時点で大人の対応ぢゃない・・^^;)

ファインダーが昨日、片付け時に、ちょっくらぶつけてしまったので、ファインダー調整に若干、時間が取られましたが、その他は順調です。
月没が23時半だから、という気持ちの余裕もあるのも大きいですね。
光軸をレーザコリメータで合わせて、極軸をセット。

オライオン30cm 反射望遠鏡 EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mmにて

・・・普段なら、そろそろ、トラブルが起こってもおかしくないんですが。
おきませんね アレ~(*「´・・`)?

順調に撮影まできちゃいました。
22時半ころですから・・やっぱり概ね、セッティングに1時間強かかる感じですね。

セルフガイドキャリブレーションを行なって、撮影開始・・
と、いっても、まだ月がありますが・・・とりあえずRGBから撮影させるかなっと。
ところが!(やっぱり? ^^;)
パラコア2だと焦点距離が1.15倍になることもあって、下調べしてこなかったこともあり・・
が、ガイド星がいねえ・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ま、まあ、RGBは多少流れてもいいや、、ってんで、9秒露光でガイド開始。
・・・止まるわけないですよね。(´Д`)ハァ…
悩んだものの、そのまま続行。いざとなればビニングして使えば・・なんとか・・?

小1時間程、車の中で仮眠して、月も沈んだ頃、L画像を撮る為に撮影開始。
子午線またぐけれど、ギリギリなんとか撮影できそう・・・と、思ったのですが、3枚程撮らせてみて、あれ・・?ピント、甘い・・?低空のNGC253だからシーイングかなー?と思ったのですが、さすがに3枚同じ用に甘ければ、気が付きます。
仕方なく、βCetを入れて、チェック。Σ(・∀・|||)ゲッ!!
やっぱり、ズレてるジャン・・・orz
合わせ直して、子午線越えは覚悟の上で再び撮影開始です。
でも、やっぱり、パラコア2だとちょっとガイドが止まらないみたいでした・・。
かっぱえびせんだぁ・・・

なんて、あれこれ苦戦していたところに、1台の車が乱入。
一旦、入るのをためらって出ていったのですが、なぜか戻ってきた。
カップルで星を見に来たみたいです。
声をかけてきて頂いたのはいいのですが、『望遠鏡、みた~い!』と言われても、今日は眼視構成のリング類は持って来てないので、見せようにも、見せられません。
双眼鏡くらいはあれば良かったのですが・・・
いろいろとビミョーに上手くいってなかったこともあって、おまけにライトで邪魔されて、こちらも不機嫌。
ぶっきらぼうに、『見たいと言われても、ちょっと無理!』と答えて、追っ払っちゃいました。・・・まあ、仕方ないですが、もーちょっち、丁寧な対応しても良かったのに・・と反省 (´・ω・`)
やっぱり、双眼鏡くらいは持って来た方が良かったですねぇ・・

夜露は予想通り、ひどく、望遠鏡もびしょ濡れです。
NGC253を狙ったのは、望遠鏡を上に向けると、主鏡まで濡れちゃうから、あえて低め狙いな訳です。でも、低空もこの水蒸気だと写りが悪いので、選択としてはビミョー?

沈む夏の第三角  Canon EOS40D デジタル一眼レフカメラ EF-S 18-55mmにて 

空の方はまぁまぁ。
月が沈む前に、天の川が見えてきたので、透明度はいいかなー?と思ったのですが、さほどではなかったみたい。夜明け前のシーイングはよさそうでしたが・・DMK/DFK CCDビデオカメラも持って来たら良かったかしら・・って、いくらなんでも、機材換装まで行う気力はないなぁ・・

1時半前まで撮影させて次の天体に。
やはり南低め狙いでいかないと・・・うーん、NGC1300は比較的最近(・・と、いっても、3,4年前かな)に撮影しているし・・・そうだ、隣のNGC1232にしよう。
この天体、CV-04Lのファーストライトで撮ったんだよね。その後、1度は撮影しているハズですが、ST7Eの頃のハズで、もう10年程前だと思います。
さあ、撮影開始!と、思ったら、また乱入してきた車がありました。
なんだよ~ (゚Д゚)ゴルァ!!
と、思ったのですが、少し待っていたら、出ていってくれました。

ちょうど、PCのバッテリーも怪しくなってきたので、PCを一度、落として、別電源から再起動。ギリギリで間に合わなかったっぽい面もあるけれど、大事なく再起動できました。
PCはでこでこが必要なFMVノートではなく、12V直接入力できるSOTECマシンだったのですが、さすがにひと月も間が空いていると自然放電でバッテリーもヘタってしまってますね・・
まあ、そこは想定内だけど、タイミング良く換装できたのはラッキーでした。

さて、撮影の方は・・相変わらずかっぱえびせんですが、マイナー系銀河の撮影が出来れば、それでもいいか、、やはり、パラコア2は少し無理があるなぁ・・とはいえ、MPCCだとおにぎりだし・・
もっとも、MPCCは光軸さえきちんと取ればいいだけなのですが・・これがなかなか・・ですね。うーん前のアルミシール、剥がすんじゃなかったです。

さて、車の中で、細切れですが、仮眠をとって、夜明け前、4時40分に起きてきました。
透明度は、そこそこ良さそうと思ったのですが、まあまあ?シーイングはこの時期としては良さそうです・・やっぱり、DMK/DFKのCCDビデオカメラも持ってくれば良かったかなあ・・
せっかく、平日に、この悪コンディションの中でかけてきて、ぼうずはちと辛いデス・・
ま、まあ、処理はしてみますけど・・

それにしても、三脚も望遠鏡も、うっかり蓋を閉め忘れた工具箱の中まで夜露でびっしょりです。
フラットを撮影して、片付け。
やっぱり、STシリーズだと、シンプルなだけあって、撤収も断然早いです。
予定より早く、5時20分には、獅子ヶ鼻公園を後にしました。

撮影結果は、期待薄ですが、、、
問題点が明確になったことと、STシリーズの運用の楽さを改めて感じただけでもヨシとしましょう。
うーん、やっぱり平日遠征だとセッティング・撤収が楽なSTシリーズがいいなー。
でも、フィルタが入るとガイド星が見つからない苦労もしたことも忘れてはダメですが・・準備・撤収を考えてしまうと、STの方に魅力を感じてしまいます (^^ゞ

STTシリーズはガイドチップが内蔵ではないんですよね。
うーん、セルフガイドはSTシリーズの強みなのに・・
ただ、デジタル一眼レフカメラからステップアップされる方は、オートガイダーはまず持ってるから、セルフガイドチップのカメラは、コスト高なだけで、コンペチタに太刀打ちできないんでしょうね・・・

実際に使っていると、これほど便利なものはないのですが・・・オフアキで上手く構成を作ってしまえば、フィルターでガイド星に苦労しない分、オフアキの方が撮影時は便利ですし・・
実際、自分も、時間が取れる時なら、間違いなくSXVR-H694+OAG9の構成をチョイスするしなぁ・・
もう少し、あれこれ試してみます。

ほえ~、さすがに昼寝していたとはいえ、さすがに、ちょっと、今日はキツかったです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

一気に読みました。
またまた、受けてしまいました。笑い声聴こえなかったかな^^;
使ったこともないのにパラコア2とMPCCの違いが何となく頭に入ってきましたよ。
ファインダーは有った方がいいですよね。特に長焦点は。
ファインダーの調整から光軸のチェックをしても1時間チョイでセットするあたりは流石ですね。最近は夜露がきつい時もありますね。防寒具の帽子がよく濡れます。

No title

多分ししとは睨んでおりましたが、おろくぼまで検討されてたとは恐れ入谷の鬼子母神です。。

No title

無数の綺麗な星がいっぱい!
これでも満足出来ないんでしょうか。
私なら飛び上がって喜ぶ写真ですよ~♪

素敵です(*^。^*)

No title

昨夜は失礼しました。土曜夜の画像処理が思ったより時間が掛かり、昼間も寝れなかったので、メールをいただいた時間には布団の中でぐっすりでした。

獅子は日曜の夜でも、お客さんが来るようですね。やはり、ぼうら屋さんの駐車場を舗装して貰うしか無いですかねぇ~
STシリーズのセルフガイドは楽そうですね。私も何時かは使ってみたい機材です。
さて、私も次の新月期はFSQをオフアキ運用してみたいと思います。次に狙う対象を見付けたので、来月?の竜頭山リベンジ観望会が楽しみです。

No title

たか坊さん、こんにちは~
いやー、上手くいっているというときに限って、気がついてないだけで、ピンぼけだったり、ガイドが止まらなかったり、といろいろと細かなトラブルが・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ま、ガイドは想定してましたが、ピンぼけは想定外だったなぁ・・どこでずれたんだか・・(´Д`)ハァ…

ファインダーは手間取りましたが、光軸はオライオンですからね。綿密にやったところで意味ないので(どーせ向ける方向によってズレる)、レーザでざっくり。ほとんど数分くらいで終わります。
ASC-11と比べるとこの楽さがあって、なかなか出番がなくなっちゃうんですよね・・
MT160ではもう少し、厳密に調整しています。が、イプシロン200はボクの腕前だと合わせきれないでいます、、

No title

me_*0*55さん、こんにちは。
いやー、おろくぼに行こうかどうか、迷ったのですが、冒頭に書いた用にあと1時間早ければ、おくろぼだったかも・・?
獅子ヶ鼻はだいぶ明るくなってしまいましたね・・。

No title

小ちゃん、こんにちは~
いやー、どっちかというとスナップ写真の類ですから (^^ゞ
ただ、この種の撮影でも、風景をきちんと選べば、すごく綺麗な写真になります。
でも、さすがに近場だと苦しいなァ・・

No title

GENTAさん、こんにちは~
いやー、てっきり、どこかに撮影に行かれたのだとばかり思っていました (^^ゞ

獅子は、結構、車が来ました。学生さん(でしょう)のカップルの他に、もう一台入ってきたし、入ろうとして出ていった車も1,2台?
日曜日の夜中に、こんなに沢山車が来るとは・・って感じです。
寒くなれば、ほとんど人は来なくなるのですが・・・

セルフガイドは楽チンですよー。STX-11002あたり、如何? (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

UTOさん こんにちは。(^^)
同じ晩に出動されてたんですね。星空もまぁまぁであれば、翌日が仕事でも出向いた甲斐があったのではないでしょうか?^^ 同じ晩で同じような事というと「 ぼうえんきょー! みた~い!!」ってとこですw 富士宮口にも4~5人の若い子らがやってきて、夜中に奇声をあげるは 走り回るは・・ しまいにゃフラッシュばしばし光らせて、小一時間は私の隣りで遊んでました。 まぁ 公共の場だからいいんですけどね? (^ω^;)どの子もとっても勇ましかったので、ツルんでないで、まぁ 一人で一晩ここに居てみ?って助言してあげたくなりましたワヨ w 脱線コメすみません、作品 待ってますねっ ^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ