FC2ブログ

記事一覧

昨晩の顛末とハーゲンローザ彗星

ちょっとばたばたしてますが、相変わらず撮影もやってます (^^ゞ
おかげで、ブログへのコメント・訪問が遅れてしまい、どうもすみません m(_ _)m

さて、昨晩は、知人たちと食事後(とんかつが美味しかった!)、帰宅してみると、雲はややあるものの晴れてきそう。
でも、透明度はイマイチ・・・ (´・ω・`)
GENTAさんはテスト撮影とブログに書かれていたのを見て、ようやく重たい腰をあげて準備開始・・・
時刻は23時前だったかな・・・

まずは東の空たかくなりつつある木星をDMK/DFK CCDビデオカメラで撮像!

木星 オライオン30cm反射望遠鏡 パワーメイト×5 DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラ 30 FPSにて撮像

うーん・・・シーイングが悪くなってきたというのもありますが、やっぱりミュートン師匠には敵わないなー・・・

それからは、カメラをSXVR-H694に切り替えました。
でも、撮りたい天体がなかなか思いつかず・・・
この時期は遠征すれば、エリダヌス座の系外銀河を始め、広角系ならば、メジャーな天体ならば、すばる、オリオン座大星雲、馬頭星雲・・
マイナーどころなら、NGC1333付近、魔女の横顔・・・
しかし、いずれにしても、南に低く、自宅からは撮影不可能であったり、淡い天体なので、自宅撮影では厳しい天体だったり、と、なかなかニワトリ用の天体って少ないです。
とりあえず、適当でいいや・・・
というわけで、先日、中途半端に終わったフレイム星雲を撮影しました。

朝から用事もあるので、そのまま放置プレーで撮影させていたので、果たして、撮れているかどうか・・?
う、うーん、ちょっと作品にはならないかも・・・・
ま、まあ、処理はしてみるつもりですので、お楽しみに・・? (´・ω・`)

目覚まし時計を朝5時20分にセットしていましたので、そのとおりに起きてきて、フラットも撮影させました。
Astrodonのフィルターは、同厚ということで有名ですが、、、ノ(-______-;)ウゥーム・・・. 
どうも、Clearと、RGBはほぼ同じなんですが、IR Cut・・・つまり、Lフィルターですね。こちらが極若干、ピント位置が変わります。
さすがに、SXVR-H694の高精細画素とF4の光学系だとバレちゃう・・・。( ̄ヘ ̄;)ウーン
ま、、、ニワトリですから、授業料と思えば安いものだと思うことにしましょう。
張り切って遠征して撮影してたら、凹んだかも・・・。ちょっと要注意ですね・・・


ハーゲンローザ彗星 オライオン30cmF4 反射望遠鏡 MPCC使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

こちらはハーゲンローザ彗星のRGB画像です。
・・・下手にLRGB合成するよりも、この種の暗めの彗星には良いかも・・・
彗星自体はご覧の様に、尾っぽが伸びていて彗星らしい姿をしているのですが、イオンテイルが無いこともあって、ちょっと色彩に乏しいですね・・・・( ̄~ ̄;) ウーン
ま、一応、コメットファイル狙いで、今月応募してみようかしら。。。。
モノクロ冷却CCDカメラでは、R,G,Bと3枚のフィルターを通さないとカラー画像に出来ない為、天空を移動している彗星を基準に合成すると、背景の星がだいぶ移動して、原色の色がついてしまいます。
これを回避するには、カラーカメラを使うしかありませんね。
昨今の高感度適正が向上したデジタル一眼レフカメラや、ミラーレス一眼の方が、このクラスの彗星には向いているのかもしれません。
これより暗ければ、冷却CCDが有利かなって思うんですけどね。
デジカメも使い方次第という気がします。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

シーイングはともかくこんなに早い時間に木星が撮影できて羨ましいです。
我が家ではUTOさんがフラットを撮っている頃ようやく約撮影出来ました。
さっそくハーゲンローザ彗星水星GETですね。流石です!
まだ撮影された方も少ないでしょうし、これは貴重な記録ですね~。

No title

ニワトリはどうしても射界が制限されるので、美味しいものがあまり撮れませんよね。うちは今の位置ではほぼ真上限定です。季節によって置き場所をずらし、目標にあわせたシフトをとらないといけなさそうです。

ピント位置、Lもちょっと違うんですかー。明るくて高精細、油断なりません。

No title

UTOさん おはようございます(◡‿◡✿)

ハーゲンローザ彗星
とっても綺麗に写ってますね(✪‿✪)

先日天文台でハーゲンローザ彗星を見たのですが・・
初めて望遠鏡で尾っぽまで見えました
かなり感動しました٩(๑'ᴗ'๑)۶
目で見えるような彗星が来たら
倒れるほど感動しそうです(。◕‿◕。)

No title

あ、忘れ物・・彗星にniceです

No title

星との相対位置から見ると早いスピードで空を駆け抜けているんですね。たしかにモノカメラで撮るなら短時間で済むRGB合成ですね。そして高感度でノイズが少ないカメラが合っていると思います。彗星用にデジタル一眼を新調してしまいました。なんとか明るく長い尾を期待しています。

No title

木星の画像、大好きです。
いつも凄いと思う。
でも今日は彗星にナイスポチ (^_-)-☆
この撮影、素晴らしいです♪

No title

ハーゲンローザ彗星、イイですね。私も撮影してみたいです。Lだけピント位置が違うということはフィルターの厚みがLだけ違うということでしょうか?同焦点をうたっているフィルターでしたら高価なフィルターですので、Astrodonにクレームすれば何とかしてくれないでしょうかね(^^;;

No title

例の飛行機屋です。
おろくぼデビューいたしました。
今年の七夕に「天の川を見に行こう」と思い立って以来、
ようやくそれらしき写真を撮るところまで来ました。
まだネット上で見かける天の川写真とは程遠いもので、
まだまだ先は長いと言うか、奥が深いと感じました。
機材の差ではなく、技の差だと思いますので、これからじっくり技を磨いていきたいと思います。

ちなみに、天気の良い日曜日には富士川でこんな事をしています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~fujikawa/

これからもよろしくお願いいたします。

No title

光って波長によって光路長が違うんですよね。ガラスが同じ厚みってことは、波長によって
ピント位置がズレるのは当然。本来なら波長によって厚みを変えなければならない。

ところで168Pハーゲンローザ彗星と、260Pマクノート彗星は先週に撮っちゃった
んだよね。カブるから投稿先を談合しようかw
ちなみに15cm/F4の屈折(キヤノン)とEOS5D改で撮りました。将来的には彗星動画に
仕上げたいな、という野望ががが。

No title

シュミットさん、こんにちは~
今シーズンの木星はだいぶ北に上がって来ましたから、庭先でもう夜半前から撮影できちゃいます。

ハーゲンローザ彗星、幅広いダストの尾が魅力的な彗星ですよ。
でも、ちょっとちっさい。

No title

かわうさん、こんにちは。
ニワトリだとどうしても被写体が制限されてしまいますね。
ウチはまだ恵まれた方かしら・・
でも、そのうち、今の場所は撤収せねばならなくなるので、御庭番の居場所が無くなりそう・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
そうはいっても、御庭番はあるとないとでは撮影効率が大幅に違うので、北極星が見えなくなっても、家からの灯りに邪魔されても、視界が悪くても、やっぱりどこかに設置しようと思っています。

No title

ろざりおさん、こんにちは。
おー、ハーゲンローザ彗星、眼視で見ましたか!
来春に来るパンスターズ彗星は、順調にいけばもっと美しい姿を見せてくれますよ。
夕焼け空に染まる彗星が見られる数少ないチャンスだと思います(逆に言えば、条件は悪いわけですが・・)
眼視でも、双眼鏡でも、固定撮影でもすごく綺麗に撮れると思いますので、楽しみですね!

No title

エムティさん、こんにちは。
1200mmを使っていることもありますが、やはり彗星の移動は無視できませんね、、
400mmクラスなら無視できそうですが・・・
デジタル一眼レフ新調ですか!どこのを買われたのかなぁ・・
自分の方も新調したいところですが、無理だろうなぁ・・・orz

No title

小ちゃん、こんにちは。
彗星も綺麗でしょ~
夜空にはいろんな天体でいっぱいです。

No title

ひろしさん、こんにちは。
同焦点といっても、フィルタの厚みの公差がありますから、高精細画素カメラで明るいF値の場合では、焦点深度内に収まらないんじゃないかなー・・・
下でKobeさんがかかれているように、光の波長によっても変わってきそうです。
完全にピンぼけではないのですが、しかし、許容範囲ではないというレベルです。
6.8μ台のカメラなら問題にならなさそう。

No title

tam*_3*77さん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
おおっ、おろくぼ行かれたのですね!
ぼうらやさんよりも空も暗くて星空も綺麗でしょう!

いよいよ撮影ですか!
天体写真も、ちょっと奥が深いですが、昨今のデジタルカメラは優秀ですので、少しやれば、綺麗な写真が撮れる様になりますよ。
あとは、ネットで見る天の川とは程遠い・・ですが、濃い天の川は銀河系中心方向、つまり夏の星座の方向ですので、秋の天の川についてはちょっと見劣りする面はありそうです。
濃い天の川が撮れる様になるのは、来年の3月の夜明け頃からかな、、、
いて座やさそり座の天の川はすごく綺麗ですよ。

それまでにも、流星群や、パンスターズ彗星などもありますのでぜひいろいろと楽しんでください。

No title

Kobe1995さん、こんにちは。
ガラス厚の公差かなぁ・・とも思ったのですが、確かに波長ごとにかもしれません。
一応、ClearかLか、両方使いたい場合にはバランスとったところで合わせてますが・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

おっと、カブっちゃいそうですね。
一応、ボクのは先日天文ガイドに投函しちゃいました。
168Pは、この写真だとイマイチ君なので、期待薄ですが、260Pはまずまず・・
それにしても、15cmF4の屈折+フルサイズ。ウラヤマシス・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ